ケリの幼鳥

ケリの幼鳥が、田植えの終わった田んぼを元気に歩いていた。親鳥は少し離れた畦で警戒を怠らない。

Dsc_4283002

 Dsc_4286

 

2019年5月15日 (水)

ササゴイ

地元の川 可児川は色々な野鳥がいて面白い。今日はササゴイに挑戦。
  Dsc_4359

Dsc_4362001

夏鳥で魚を捕らえ、丸呑みにする姿がよく見られるそうだが、今回は撮ることができなかった。代わりになかなかユニークな飛翔姿を撮ることができた。

2019年5月12日 (日)

ユリの木、ハンカチの木、ナンジャモンジャの木

花フェスタ記念公園の珍しい木「ユリの木」「ハンカチの木」「ナンジャモンジャの木」がそれぞれ花を咲かせていました。

Dsc_1343

北米原産のユリの木。チューリップやユリのような花を付けることからユリの木又は、チューリップツリーとよばれます。

Dsc_1283001

ハンカチの木。中国の雲南、貴州地方の標高の高いところに自生する木で、白いハンカチをぶら下げたように見えることからハンカチの木と呼ばれる。

Dsc_1338

ナンジャモンジャの木。ヒトツバタゴと呼ばれる木で、 最近は園芸種として見られるようになりましたが、長野県の一部と岐阜県、愛知県、長崎県対馬の一部にしか自生していない。自生地は国の天然記念物に指定されている。

2019年5月 9日 (木)

コゲラとカワセミの採餌

今日は隣広場の桜の木でコゲラが虫を、また、近くの可児川ではカワセミが、大きな魚をくわえている姿を写真にとることができた。

Dsc_4202

Dsc_4262

繁殖の時期を迎えた今、動物たちは採餌に忙しい。

2019年5月 3日 (金)

ニホンカモシカ

この地域では時々見られるニホンカモシカ。今日は隣家の畑近くに現れた。早速望遠レンズを持ち出し車庫の壁に隠れながら撮影した。

Dsc_4140

Dsc_4144

いたのはオスの親子のようで、さかんにイタドリの葉などを食べていました。冬毛から夏毛に変わろうとしているようです。

«小さな花