« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

清楚なスズランの花

今日で4月も終わり裏庭では初夏の花、スズランが咲き始めました。

Dsc_0299

清楚な雰囲を出すためモノクロームで掲載しました。在来種のスズランは栽培が難しく、園芸店などで売られているもののほとんどがドイツスズランといわれるスズランだそうです。我が家のスズランも年々増えているところみるとドイツスズランのようです。

2009年4月29日 (水)

元気な鯉のぼり

まもなく端午の節句ということで飛騨川沿いでは元気な鯉のぼりが空を泳いでいました。ヽ(´▽`)/

Dsc_7921

かっては集落の三戸に一戸ぼと割合で鯉のぼりが立てられいましたが、今は探さなければみつからないほどになりましたね

2009年4月28日 (火)

カントウマムシグサ

今年もマムシグサが道ばたにたくさん咲いていました。Dsc_0294_2

マムシグサは雌雄異株で、仏炎苞に包まれた花序を見ると棒状の附属体の下にしべがつきます。写真は小さな雄しべをつけたマムシグサで、雄花のため独特の赤い実は付きません。マムシグサのうち紫色の花をつけたものをムラサキマムシグサ。写真のように緑色の花をつけたものをカントウマムシクサといわれるそうです。

2009年4月26日 (日)

ザイフリボク

 山すそに咲いていた初めて見る白い花、名前がわからず図鑑で調べると別名シデザクラともいわれるザイフリボク(采振木)という樹木の花のようでした。

Dscf0179_2

ほかに山野ではウツギやアオダモ、ガマズミなどの白い花も咲き始めていました。

2009年4月25日 (土)

雨にも似合うヤマブキの花

 雨の山野で今目立つのがヤマブキの花ですね。

Dsc_7948

「七重八重花は咲けども山吹の実の一つだになきぞ悲しき」 と詠われた八重のヤマブキではありませんが実をつける一重のヤマブキ。

2009年4月24日 (金)

牡丹も見ごろになってきました。

 こちらも昨日のワンショツトですがミズバショウの帰りによった郡上市美並の桂昌寺(牡丹寺で有名です)の牡丹も見ごろをむかえていました。

Dsc_7975

「牡丹花は咲き定まりて静かなり」と俳句にもあるように、昨日の強い風にも揺れることなくどっしりと大きな花を咲かせていました。

2009年4月23日 (木)

美女高原のミズバショウ

 新聞で高山市近郊の美女高原のミズバショウが見頃という情報を得て撮影にいってきました。

Dsc_7872

見頃は少しすぎていましたが、今日は久しぶりの寒さで水面は薄氷が張っていました。新しく木道が整備され見やすくなっていましたよ。

2009年4月22日 (水)

キケンマン

 ムラサキケンマンより少し遅れて咲いていたキケンマンが群生していました。

Dsc_0279

ケシ科でプロトピンを含み誤食すると呼吸麻痺、心臓麻痺などを起こすそうです。でも独特の臭気があり注意すれば区別できます。

2009年4月21日 (火)

アオキの雌花

 前にアオキの雄花を紹介しましたが雌花は見ることができず紹介できませんでした。ここにきてようやく見つけましたので掲載します。

Aoki1

雌花は雌しべだけの単純な花ですので、右下の雄花に比べずいぶんあっさりしていますね

2009年4月20日 (月)

ハルリンドウ

 山の田んぼのあぜ道にハルリンドウが咲いていました。

Dscf0170

写真は2日前のハルリンドウですが朝顔のように早朝や夕方は花を巻いて閉じています。秋のリンドウとはことなり地面を這うように花を咲かせています。

2009年4月19日 (日)

杵振り(きねふり)踊り

 好天に恵まれ、今日もあちらこちらで春祭りが行われましたね。今日のワンショツトは岐阜県中津川市蛭川で行われた「ひるかわ杵振り祭り」の杵振踊りの一場面です。

Dsc_7637

杵振り踊りは南北朝時代から受け継がれた踊りで、岐阜県の重要無形文化財に指定されています。

2009年4月18日 (土)

アケビの花

 山裾の土手にミツバアケビが小さな花をつけていました。

Dscf0161

葉が3っ対につくことからミツバアケビといわれます。花は雌雄別で上が雌花、下の小さな丸い花が雄花だそうです。

2009年4月17日 (金)

雨後の竹の子

Dsc_0248_2 

  昨夜の雨のせいでしょうか、畑への道端にタケノコがニョッキリと顔を出していました。近くに真竹の林がありました。

2009年4月16日 (木)

ミツバツツジ

 いま、ヤマザクラと共に山野を彩っているのはミツバツツジですね。

Dscf0133

関東から近畿に自生し、葉を3枚輪生させることからミツバツツジといわれますが、よく数えると中には4枚ほどついていたのもありました。

2009年4月15日 (水)

ヤマザクラが満開

 ソメイヨシノの花が終わり、山ではヤマザクラが満開でした。

Dsc_02411

ヤマザクラも少しずつ個性があるようですね。若葉と同時に花をつけるもの。薄いピンクの花をつけたもの。写真のヤマザクラは梅の花のような真っ白な花をつけていました。

2009年4月14日 (火)

クサノオウの花

道ばたにクサノオウが黄色い花をつけていました。Dscf0134

名前は皮膚病などの薬効があることから「瘡(くさ)の王」とか、黄色い花から「草の黄」とかよばれるようになったそうです。

2009年4月13日 (月)

今日の善光寺

友人からお誘いを受け、7年に一度のご開帳の善光寺にいってきました。

Dsc_0235

大勢の参拝者でおおにぎわいでした。特に、前立本尊阿弥陀如来と結ばれた回向柱に触れることではかりしれない功徳を得るといういわれがあり回向柱の前は長蛇の列でした。

2009年4月12日 (日)

サクラ散る

昨日、今日と暑さのせいでしょうかサクラの花が一度に散りはじめ、桜吹雪で部屋の中まで花びらが入ってくるほどでした。

Dscf01461

近くの道路脇の水路にはサクラの花びらとコブシの花びらが浮き、花の終わりを告げてなにか少し寂しくなりましたね。

2009年4月11日 (土)

タネツケバナ

いよいよ農作業が忙しくなりはじめましたね。田んぼの畦ではタネツケバナが白い花をたくさんつけていました。

Dsc_0200

今は苗代を見ることはほとんどありませんが、苗代に蒔く種籾を水に漬ける頃に咲く花よりタネツケバナとよばれるようになったそうです。山菜としても利用されるようです。

2009年4月10日 (金)

ねぼけ眼のニホンアカガエル

田んぼのほとりの水路でニホンアカガエルを見つけました。Dsc_0194

目を覚ましたばかりでしょうか、手でつついてたらやっと動きだしました。日本だけに住むカエルで、真冬の12月~1月頃に産卵し再び冬眠に入るそうで、2度目の目覚めということでしょうか 。

2009年4月 9日 (木)

満月と夜桜

今日も初夏のような気温で、夕方には大きな満月も東の空に顔を出し、夜桜見物に最適な夜になりました。

Dsc_7385_2

目の錯覚といわれますが、地平の山から出た月はやはり大きくみえますね

2009年4月 8日 (水)

スモモの花

今日は初夏のような陽気で裏庭のスモモ、モモの花も満開になり、近くのサクラの花も賑わいに加わり百花繚乱の様相。

Dsc_0152_3

「李下に冠を正さず」の李はスモモのことですが、花のうちなら近づいても許していただけるでしょうか

2009年4月 7日 (火)

水戸野(みどの)のしだれ桜

今日も桜のワンショツトですが、今夕に訪れた岐阜県白川町にある水戸野のしだれ桜が地元の人たちによりライトアップされとても幻想的でした。Dsc_7353

田んぼは代かきがなされ水面に桜の姿を映していました。少しずつ花びらが散っていましたがここ数日間はまだ見頃のようです。

2009年4月 6日 (月)

犬山祭(4月5日のワンショツト)

昨日、五条川の花見のあとに寄った犬山祭。ここでも桜は満開をむかえ大勢の人たちで賑わっていました。

Dsc_7223

13輌もの車山が繰り出す様子は圧巻ですね。ただ人の波で、まるで満員電車の中みたいでした。

2009年4月 5日 (日)

五条川のさくら

  絶好のお花見日和に誘われて五条川の桜見物いきました。

Dsc_6938_2

桜の名所である愛知県岩倉市の五条川では桜も満開。今日も大勢の花見客でにぎわっいて、花より団子で堤防では多くの人たちがおいしいそうな弁当をひろげてみえました。

2009年4月 4日 (土)

雨の夜桜

満開の桜がしっとりと雨に濡れていました。2011

 明日は晴れて花見日和になりそうですね。

2009年4月 3日 (金)

飛騨に春をつげる生きびな祭り

第58回飛騨一之宮の飛騨生きびな祭 り開催

Dsc_6543_2

今年は好天に恵まれ生き雛行列も行われ、沿道は華やかな時代絵巻につつまれました。

2009年4月 2日 (木)

コモリグモ

お尻に卵(子供)を抱えたコモリグモ 。

Dsc_0131

写真はハラクロコモリグモようで、すぐにも子供たちが袋を破って出てきそうです。袋から出るとしばらくは親の背中に乗って生活するようです。

2009年4月 1日 (水)

速報 ! 若田浩一さんの乗っている宇宙ステーション

今夕に若田浩一さんの乗っている宇宙ステーションが上空を飛んでいきました。Dscf0015

午後7時28分頃ほぼ真上の空を国際宇宙ステーションが北北東から東南東に向けて飛んでいきました(先端が少し曲がっているのは手ぶれによるもの)。右下方は飛行機。

今年初めてのテングチョウ

不安定な天気ながらも今日から4月。 春本番をむかえ近くの空き地にテングチョウが飛来していました。

Dscf0012_2

越冬していた蝶のようですが、長い鼻(下唇のヒゲ)が天狗のようでテングチョウとよばれます。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »