« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

雨の日もクリスタル

 家の軒と電線の間に張られたクモの巣が、雨の雫に覆われてクリスタルな輝きを放っていました。

Dscf0587

まるでシルクで作られたハンモックみたいですね。

2009年6月29日 (月)

ハギの花ではなかったコマツナギ

 道ばたにハギの葉によく似たコマツナギがいっぱい花をつけていました。

Dscf0574

花の色もハギの花に似ていて、遠くから見るとハギと間違えそうです。

2009年6月28日 (日)

どちらが♂か♀でしょうか

 今日もベニシジミのカップルがラブラブ中でしたが、さて、どちらが雄でしょうか。

Dscf05301

模様の鮮やかさから右が雄のようですが、春型秋型がありますし、個体差もありますのでで確信はもてません。 

2009年6月27日 (土)

ヒメツバメアオシャク

 林の中で、青緑色で羽の縁飾りがとても綺麗なガをみつけました。ヒメツバメアオシャクというガのようです。

Dscf0548

日本で確認されているガは4800種にも及び、今でも毎年30種ほどのガが追加されているそうです。ということはあまり深く立ち入っると迷宮に入る可能性もあるようです。

2009年6月26日 (金)

涼しそうなユウスゲの花

 裏庭のユウスゲが夕方になると花を開き、日中の暑さを忘れさせる清楚な姿を見せています。

Dsc_0971

夕方咲いて昼前にはしぼむ一日花です。

ニッコウキスゲ 今は花が終わっていますが、近所の家に咲いていたニッコウキスゲの花を合わせて紹介します。こちらは昼間に花を咲かせていました。

Dscf0527

ニッコウキスゲはゼンティカとも言われますが、オレンジ色が加わりユウスゲよりも濃い花の色ですね。

2009年6月25日 (木)

アゲハチョウの幼虫パート2

 先日取り上げたアゲハチョウの幼虫が大きくなってきました。1センチほどになったようです。

Dsc_1006_2

縞模様やトゲも目だっようになりました。鳥の糞に擬態しているそうですが、 近くのサクラのこずえには雀がたくさん来ていました。そのうちスズメに見つかり食べられはしないかと心配しています。

2009年6月24日 (水)

トウモロコシ無惨

久しぶりの晴天で、3日ほど行っていなかった畑に行ったら、収穫を目前にしたトウモロコシをイノシシさんに全部食べられてしまっていました。

Dsc_1004

ネットを張って侵入を防いでいましたが、ネットをくぐって入ったようです。それにしても20本ほどのトウモロコシを全部食べてしまうとは。孫のため2、3本は残しておいてほしかったのに~。

2009年6月23日 (火)

ウシガエル参上

 ここ数日の激しい雨で道路に出てきたのでしょうかウシガエル。車に足でも轢かれたのか近づいても動きませんでした。

Dscf0562

他のカエルやドジョウなどの淡水魚はもちろん、ヘビや時には水鳥のヒナまで食べるどん欲なカエルで、特定外来生物として移動や飼育が禁じられています。

2009年6月22日 (月)

日食めがね

 一ヶ月後の7月22日(水)に皆既日食が日本で見られるということで、本屋さんではガイドブックや日食めがね等が売られていいました。昔、よく利用した下敷きやススガラスでの観察は目を傷めるため、専用の日食めがねで見るようにと書かれてあったため、早々と買ってしまいました。ちなみに日食地図がついて500円。

Dscf0658_2

ただ皆既日食が見られるのは奄美大島の一部とトカラ列島などで、この地域では80%ほど欠けた部分日食のようです。いずれにしても当日は晴れるといいですね。

2009年6月21日 (日)

ザクロの花

 知り合いの家のザクロが花をつけていました。

Dsc_9448

ザクロをもらって食べたことはありますが花を見るの始めてでした。

2009年6月20日 (土)

アゲハチョウの若齢幼虫

 先に紹介しましたアゲハチョウの卵から幼虫が孵っていました。

Dsc_0968

大きさ3ミリ弱で、マクロレンズでもこれが精一杯の大きさ。肉眼ではサンショウの葉についたゴミにしか見えませんでした。これからも生長する姿を時々取り上げていきます。

2009年6月19日 (金)

モンシロチョウの乱舞

 いつもキャベツ畑に飛来しているモンシロチョウ。今日は集団となり上になったり下になったり乱舞していました。

Dscf0407

雌の奪い合いなのかよくわかりませんが、中には地上に落っこちたモンシロチョウいましたが、近づくとヒラヒラと再び舞い上がり飛び去っていきました。

2009年6月18日 (木)

伊賀のかたやき

昨日の続きですが、伊賀上野でおみやげに買った堅焼きせんべい、忍者の保存食が発端と言われていますが半端な堅さではありません。

Dsc_0959

歯で噛みくだくことができないため木槌が一緒に入っていて、これで細かくして食べます。くれぐれもいきなりせんべいに噛みつくことのないように。歯の弱い人、入れ歯の人は特に注意が必要です。お湯にしばらく浸け、柔らかくなってから食べても美味しいようです。

2009年6月17日 (水)

芭蕉の旅姿に見えますか--俳聖殿

今日はウオーキングで今は伊賀市となっている伊賀上野へ。伊賀上野といえば伊賀忍者発祥の地と松尾芭蕉誕生地で有名ですね。

Dsc_0939

写真は昭和18年に松尾芭蕉生誕300年を記念して建てられた俳聖殿で、建物全体で芭蕉の旅姿を表現しているそうです。近くは伊賀上野城や伊賀流忍者博物館などもあります。

2009年6月16日 (火)

クワの実

山の畑の桑の実を小籠につんだはまぼろしか~

Dscf0540

クワの実が熟して黒くなってきました。

唱歌「赤とんぼ」に出てきますが、クワの実がみのるのは秋ではなく初夏ですね。

2009年6月15日 (月)

クリの花

 栗畑を通ると真っ白な栗の花が満開で、強い香りを放ち息が詰まるほどでした。

Dscf0549

白い花穂は細かい雄しべに覆われて長いタワシのようです。

2009年6月14日 (日)

フラダンス

今日は全日写連の撮影会が昭和村で開催され行ってきました。フラダンスショーも行われていて真夏並みの暑さも加わり熱帯の島に来た雰囲気でした。

Dsc_9041

写真はかわいい子供のフラダンサー

2009年6月13日 (土)

クジャクサボテンの花

今日は朝に近所の方から、シャコバサボテンの花が咲いているから撮りに来ないかといわれ撮ってきました。追記 実際はシャコバサボテンではなくクジャクサボテン(紫紅花クジャクサボテン)の花でした。

Dsc_09131

目も覚めるような鮮やかな色と階調はデジタルカメラ泣かせです。

2009年6月12日 (金)

モミジイチゴ

農道脇の山すそに赤い実をつけていたモミジイチゴ。つまんで食べたら甘酸っぱくとてもおいしかった。

Dsc_0892

春に白い花を咲かせ、葉がモミジの形に似ていることからモミジイチゴといわれますが、茎にトゲがあるので採取時には注意が必要。写真の実は熟しすぎて下部の果肉が一部落ちてしまっている状態。

2009年6月11日 (木)

オオムラサキツユクサ

 隣の畑の白いオオムラサキツユクサがいっぱい花をつけていました。

Dsc_0856

以前紹介したムラサキツユクサ同様の園芸種ですが近年野生化しているようです。

2009年6月10日 (水)

イワツツジ

 昨日のワンショットですが、木曽川沿いの飛水峡に咲くイワツツジ、花の最盛期はすぎていましたが褶曲したチャート層とのコントラストがきれいでした。

Dsc_8811_2

岩に咲いているツツジということでイワツツジといっていますが、本当はサツキツツジですね。モチツツジといわれる山野に咲くツツジの一種を別名イワツヅジというそうです。

2009年6月 9日 (火)

アゲハチョウの産卵

 裏庭のサンショウの木にアゲハチョウが訪れ、若葉に懸命に産卵していました。

90803

翡翠玉のような小さな卵が産み付けられいました。(写真左下)

2009年6月 8日 (月)

みたけの森のササユリ

天候もよく時間もできたため、みたけの森のササユリ見学にいきました。今日も大勢の人で賑わっていましたが、日曜日の昨日は6千人ほどの人出で、遊歩道はアリの行列ほどだったそうです。

Dsc_8732_2

遊歩道以外は立ち入り厳禁ですが、途中には「 撮影OK!入り口」 という看板が立っていて、撮影用の場所が確保されたところもありました写真はその場所で撮ったものです。

テイカカズラの花

Dsc_8672

ついでに紹介するのは、ササユリの群生地の大木にまとわりついて白い花を咲かせていたテイカカズラ。こちらもめだちました。

2009年6月 7日 (日)

ブドウの花

 我が家のプランター育ちのブドウ。3年ほど前から実をつけていますが、花を初めて見ました。

Dsc_8628

まったく目立たない花ですので気がつかなくて当然といえます。受粉は雄しべが生長するとき花びらを下から押し上げますが、そのとき雌しべに花粉を落とすそうです。茶色い(基についているときは緑色) 色をしたのが花びらです。

2009年6月 6日 (土)

遣唐使最後の寄港地

遣唐使船の日本最後の寄泊地、魚津ヶ崎。Dsc_0815

奈良時代に遣唐使が派遣され、遣唐使船が日本最後の寄泊地として利用されました。ここで最後の水や食料を積み込み、天候の見極めて唐へと向かいました。しかし旅は過酷を極め、約18回の遣唐使船(1回につき4隻の編隊)で、無事に往復できたのはたった1隻だともいわれます。近くには遣唐使ふるさと館という道の駅がありました。

鬼岳から望む五島市街(旧福江市)

Dsc_0740

鬼岳は標高317メートルですが、芝生でおおわれた臼状の火山で頂上からの眺めは最高でした。左後方に飛行場があります。まだまだ紹介したい五島ですが、今回はとりあえずここで終わることにします。最後にもう一度、高浜ビーチの展望台からの写真を掲載します。

Dsc_0812

2009年6月 5日 (金)

福江島武家屋敷道り

海や教会巡りをしながら日本ではないような錯覚に陥りそうになった時、武家屋敷道りを案内されて、本土の為政者は海を隔てたこの島も、見過ごすことなく管理下に治めていたことを改めて感じました。

Dsc_0775

石垣塀は溶岩塊で積み上げられ、さらにその上にはこの地域方独特の「こぼれ石」といわれる小石が積み上げられていて、手をかけて容易に外敵が侵入しない工夫がなされていました。

バラモン凧

Dsc_0817

「バラモン凧」は五島に古くから伝わる大凧で、鬼に立ち向かう兜姿の武士が描かれて(どう見ても鬼が兜に噛みついている様子にしか見えませんが)、大空に舞うとブーンといううなり声を上げて飛ぶそうです。「バラモン」とは五島で元気のいいことを意味し(バラモン教とは関係無いようです)、男の子の初節句に祖父より贈られる風習がありました。今では民芸品として大小様々なバラモン凧が作られています。

2009年6月 4日 (木)

福江島一押しスポット

今日は五島福江島の一押しスポットのご紹介。まずは日本一美しい砂浜といわれる高浜ビーチ。

Dsc_0808_2 

訪れたときは引き潮時で、砂浜と海のグラデーションがとてもきれいでした。

つぎは東シナ海に突出した断崖絶壁にある大瀬崎(おおせざき)灯台。

Dsc_0799

200万カンデラという日本一の明るさで海を照らす灯台。おいら岬の灯台守は~

2009年6月 3日 (水)

祈りの島

五島には50もの教会があり、全島8万人の15%ほどの人がカトリック信者といわれ、ミサの祈り声が潮騒の合間に聞こえ、祈りの島ともいわれます。

Dsc_0774

キリシタン弾圧は五島においても例外でなく、激しい迫害の嵐により多くの信者が殉教した悲しい歴史あります。写真は禁教令解除後の明治12年、五島で最初に建てられた福江島の堂崎教会。内部は資料館としても併用されています。

Dsc_0796

フランスのルルドの洞窟を模して各教会にルルドが設けられています。写真は日本最初にルルドが造られた井持浦のルルドで、本場ルルドの奇跡の泉から取り寄せられた霊水が注ぎ込まれたといわれ、井戸から湧き出る泉水は今も参詣者に恵みを与えているといわれます。

2009年6月 2日 (火)

マリーンブルーの海

2日ほどかけ五島列島の福江島を旅しましたので、少しの間紹介していきます。まずは鬼岳の溶岩が流れて作り出された鐙瀬(あぶんぜ)溶岩海岸。子供達が魚釣りをしていました。

Dsc_0761

五島で最も暖かい地で南国的な植物が繁茂し、まるで南太平洋の島にでも来たような錯覚をおぼえました。

Dsc_07521

こんなディゴの花も咲いていました。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »