« 芭蕉の旅姿に見えますか--俳聖殿 | トップページ | モンシロチョウの乱舞 »

2009年6月18日 (木)

伊賀のかたやき

昨日の続きですが、伊賀上野でおみやげに買った堅焼きせんべい、忍者の保存食が発端と言われていますが半端な堅さではありません。happy02

Dsc_0959

歯で噛みくだくことができないため木槌が一緒に入っていて、これで細かくして食べます。くれぐれもいきなりせんべいに噛みつくことのないように。歯の弱い人、入れ歯の人は特に注意が必要です。お湯にしばらく浸け、柔らかくなってから食べても美味しいようです。

« 芭蕉の旅姿に見えますか--俳聖殿 | トップページ | モンシロチョウの乱舞 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

時々伊賀のかた焼きせんべいとは聞くのですが
そんなに硬いのですね。。
もし伊賀に行く機会があれば一度買ってみることにします。
お土産は地域性があって面白いですね。
そこでしか食べられないもの・・買えない物・・
それが旅行の面白いところです。


実際に歯を折られた人もいるようです。袋には注意書き(裏に書いてあったかもしれませんが字が小さく読めませんでした)もなく、お店の人も何も言ってくれません。なぜ木槌が入っているのか、買ってからウォーキングの人に聞いて解った状態でした。
昔からあるおみやげで、知らない者が非常識ということのようです。
草加せんべいが柔らかく思えました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 芭蕉の旅姿に見えますか--俳聖殿 | トップページ | モンシロチョウの乱舞 »