« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

このごろ元気なやつ

まったく梅雨があけず明日から8月ですね。このごろ元気なのは畑の雑草と池のカエル。

Raw00437

このウシガエル、雨の毎日を我が世とばかりニンマリと笑っているようにもみえました。

2009年7月30日 (木)

世界一のゴキブリ

 今日は全日写連の撮影会があり、犬山のモンキーパークで飼育員さんの案内によるサルたちの撮影に挑みました。最後に紹介していただいたのは、マダガスカルのカメやトカゲ、カメレオンなどで、一番ビックリしたのは世界一大きいゴキブリ。名前はもちろんマダガスカルゴキブリ。

Dsc_0413

オスで体長5㎝以上ありました。こんなゴキブリが台所をウロウロしていたら恐怖ですね。

2009年7月29日 (水)

チョウも避難

 今日も時々強い雨。やみ間を見つけて田んぼに行く途中に見つけたのは、羽もボロボロのウラギンシジミ。

Dsc_1318

連日の強い雨や風によって羽を傷めたのでしょうか、小さな虫たちにとっても過酷な天候のようです。

2009年7月28日 (火)

ミヤマクワガタ

 連日の強い雨に山から避難してきたのでしょうか、裏の網戸にミヤマクワガタがくっいていました。

Dsc_1298

家の中に入れ、キュウリやスイカを与えたら、一心不乱にたべていました。カブトムシやクワガタは昔はそれほど珍しくもなく、裸電球に寄ってくるのをただ呆然と蚊帳の中から見ていました。

それにしても毎日降る雨、もううんざりですね。

2009年7月27日 (月)

ワンちゃんもカヌーに挑戦

 昨日のつづきですが、カヌーに乗せられたワンちゃんがいました。

Dsc_9882_2

 カヌーてなかなかいいもんだなー。 ↑

Dsc_9889

 流れが速いからしっかり漕でくれよなー。 ↑

Dsc_9890_3

 ほらほら、よそ見をするなと言ったのに、おこっちたじないか!。 ↑

Dsc_9895_2  

 あ~あ、ライフジャケットを着ていたのでよかったものの、死ぬかと思ったワン..。↑

2009年7月26日 (日)

ラフテングとユリ園

今日はフォトサークルの長良川ラフテングとダイナランドゆり園の撮影会。時々強い雨の降る日でしたが雨のやみ間をねらって作品づくりを行いました。

Dsc_97201

長良川は連日の雨でかなり水量が増していましたが、多くの若者達が激流にチャレンジしていました。

Dsc_0038

冬はスキー場となるユリ園ですが、時々雨の中にもかかわらず多くの人で賑わっていました。360万本が植えられているそうです。

2009年7月25日 (土)

アゲハチョウの幼虫パート3

 サンショウの木にこのごろ見失っていましたアゲハチョウの幼虫を発見しました。

Dscf0743

鳥のふんに似た幼虫から、立派なミドリのイモムシ型に成長していました。もうすぐサナギになるのでしょうか。

近くに枯れ葉そっくりな姿をしたイラガの成虫がとまっていました。

Dsc_1299

イラガの幼虫は強烈な刺毛をもち、刺されると飛び上がるほど痛いことで有名ですね。

2009年7月24日 (金)

シャボン玉

 今日は孫とシャボン玉遊びの合間に、虹色に輝き飛ぶシャボン玉を写真に撮ろうとチャレンジしました。風もありフワフワ飛んでいくシャボン玉を撮すのはけっこう難しい作業でした。

Dscf0710

上は暗いバックを選び、シャボン玉が周囲の風景を写して虹色に輝くチャンスをねらったワンショット。

Dscf0688

2009年7月23日 (木)

オウバギボウシの白い花

 山すそにオウバギホウシの白い花が咲いていました。

Dsc_12732_2

紫色の花を咲かせるコバギボウシもありますが、最近は園芸種と交雑し野生化しているものもあるようです

2009年7月22日 (水)

日食撮影断念

 今日は病院の予約日。診察が9時だったので、晴れてくれば終わってから家に帰り日食を撮影しようと思っていましたが、色々な検査にまわされ解放されたのが12時をすぎてしまい撮影は断念。しかし、バックの中に日食グラス忍ばせていたので、待ち合わせの合間に外に出ると雲の合間から時々顔をだし、少しだけ欠けた太陽を見ることができました。

20090722185007a9c_2

掲載した写真はそんなイメージ写真でが、3年後の金環食はこの地方でも見ることが出来るそうでその時はぜひ晴れてほしいですね。

2009年7月21日 (火)

トマト泥棒

 昨日の午後、郡上市を訪れたとき、農家の庭先の畑に5匹ほどのサル一団を発見、あわてて車を止めてカメラで撮ろうとしたら一斉に裏山に逃げていきました。一匹のサル(写真右のサル)はトマトをかかえていましたしたので畑のトマトを失敬していったようです。

Dsc_9661

写真はとっさに撮った一枚ですが、 一団は子供を背負ったサルもいましたので家族のようでしたね。

2009年7月20日 (月)

人面グモ

 雨をよけて軒下に巣をかけているチュウガタコガネグモ。背中の模様がマスクをしたプロレスラーにも見えました。

Dsc_1061_2

コガネクモの仲間にはチュウガタのほかオオガタ、コガタとつくコガネグモもあるようです。

2009年7月19日 (日)

ムクゲとラミーカミキリ

  午後から雷も伴う強い雨と風で、花を咲かせているムクゲも左右に大きく揺れていました。

Dscf0640_2

シャツターを遅くして撮ったらまるでゴッホの絵のようになりました。

ついでにムクゲの木によく見かけるようになったラミーカミキリを紹介します。

Dscf0598

外来種で1㎝前後の小さなカミキリムシ。

2009年7月18日 (土)

梅雨の地衣類

 このところの雨で古木につく地衣類が少しずつテリトリーを広げています。

Dsc_1266

ウメノキゴケの間に新たな地衣類が生長していました。

種類はわかりませんが、鮮やかな紅色の子器が印象的でした。

2009年7月17日 (金)

五月雨(さみだれ)や集めてはやしダムの水

  隣町に行く途中で寄ったダム(丸山ダム)の水はここ数日の雨で濁流となっていて、橋の上から見ると引き込まれそうな恐怖を感じました。

Dsc_1248

芭蕉の句の五月雨とは旧暦の5月頃で、梅雨の時期に降る雨のこと。昔も梅雨末期は相当雨が降っていたと推測されますね。ちなみに今日は旧暦の5月25日。

2009年7月16日 (木)

田んぼとノカンゾウ

 毎年紹介しているノカンゾウの花。今年も花を咲かせて水田の緑に栄えていました。

Dsc_1231

畦草刈りの時期に咲き何時も刈り取ってしまいますが、今年は2ヵ所ほど残しておきました。

2009年7月15日 (水)

セミのおでまし

 昨日、今日と猛暑となりましたね。本格的な夏が来たとばかりに夕方にはヒグラシも鳴きはじめていました。

Dsc_12261

ヒグラシが鳴いていた桜の木の下を見るとセミの抜け殻がありました。

2009年7月14日 (火)

ちくわ笛コンサート

 倉敷には小さな博物館みたいなものや、趣向を凝らしたお店などもたくさんあって、これらを見て回るのも面白いようです。

Dsc_1136

岡山と言えば桃太郎で、町中に桃太郎からくり博物館というものがあって、展示物は子供向けですが、ここの館長さんがちくわやレンコンなどを笛にして演奏されるのが面白い。そういえば吉備団子もおみやげとしてあちこちで売っていましたね。

Dsc_1141

星野仙一記念館もありました。星野さん今ごろどうされているんですかね。

Dsc_1146

犬猫屋敷。犬猫のおもちゃ屋さんで、ペットブームでもマンション住まいなどで生きた犬やねこを飼えない人に人気があるようです。ほかにもたくさん面白い店もありました。

2009年7月13日 (月)

なまこ壁とひやさい

 倉敷美観地区といえば町並み散策ですが、風情があるのは路地裏ですね。

Dsc_1119

漆喰がナマコのように盛り上がっていることから「なまこ壁」と言いますが、なまこ壁に囲まれたせまい路地は日当たりが少なく、ひんやりすることから「ひやさい」ともよばれるそうです。

こちらは訪れた人だれもが最初に見るビューポイント倉敷川。

Dsc_1113

今橋から中橋を眺めた光景。、小雨模様でいちだんと風情がありました。手前の船でくらしき川船流しをたのしむこともできます。

もう一つ、今の時期なんといっても緑がきれいなのはアイビースクエアー。

Dsc_1123

クラボウ跡を改修しホテルやレストランなどになっていますが、レンガ作りの壁全面がアイビーと言われるツタに覆われています。写真は北側入り口。

2009年7月12日 (日)

大原美術館モネのスイレン

2日間ほど岡山県倉敷方面に行ったためブロクをお休みしましたが、今日から3日間ほどその報告をします。倉敷といえば美観地区ですが中でも有名な大原美術館で来年は創立80周年を迎えるそうです。数十年前に行った時はなかったモネのスイレンの池。

Dsc_1107

モネが描いたフランス・ジブェルニーの池から届いたスイレンだそうです。後のなまこ壁が水面に映り倉敷らしいスイレンの池となっていました。美観地区の文化施設の中で一番入場料が高いようですが、世界的な名画が数多く見られて、本館、分館、工芸館、東洋館共通で一日何度でも入ることもでき、入場料大人1000円は値うちだと思いました。

Dsc_1217

館内の展示品は撮影禁止ですのでパンフレットで名画の一部を紹介します右側のエル.グレコ「受胎告知」はこの美術館が所蔵する数多くの名画の中でも一番貴重な作品といわれます。

Dsc_1116

美術館の丸窓も印象的で、遠くの景色は名画を見すぎ疲れた目を癒してくれます。

2009年7月 9日 (木)

しずくは超広角レンズ

 アジサイの葉についた雨しづく。近づいてみると向こう側の景色を映していました。

Dsc_1090

近くのアジサイの花だけでなく裏の土蔵までもが写っていました。まるで超広角レンズですね。

2009年7月 8日 (水)

シロオビトリノフンダマシ

 雨の中、アジサイの葉の裏に潜んでいたシロオビトリノフンダマシ。あまりよい名前を付けてもらえなかったクモですが、先に紹介したアゲハチョウの幼虫と同じように鳥の糞に似ていることからのようです。

Dsc_1086

大きさは雌で7㎜前後、雄にいたっては1.5㎜ほどで、肉眼で見ると葉についたダニにしか見えない小さなクモです。

2009年7月 7日 (火)

天の川とはくちょう座

今年の七夕の夜空も曇り空で残念ですね。掲載したのは数年前に撮ったはくちょう座付近の天の川の写真ですが、天の川の星の多さにあらためて驚かされます。数の多いことを星の数ほどといわれますが、なるほどとうなずけますね。

Image0_2

天の川には多くの星雲も見ることができますが、中央左側のゾウが鼻を動かしているように見えるのは北アメリカ星雲で、手前の黒い暗黒星雲により北アメリカのような形に見えるそうです。中央下の明るい星がはくちょう座のデネブ。

2009年7月 6日 (月)

これもやっぱり梅雨の花 ?

 近くの農家の庭に咲いていたスイレンの花。鮮やかな花ですが梅雨の時期によく合う花ですね。

Dsc_0947

最近は水瓶や水盤などに植えられているのをよく見かけます。

2009年7月 5日 (日)

イトトンボ

 田植えから一月半ほどたち、田んぼではイトトンボの姿を多く見られるようになりました。

Dsc_1046

写真は水色に黒いすじがめだつセスジイトトンボ。

2009年7月 4日 (土)

梅雨が似合う動物、アマガエル

 梅雨の時期の動物といえばアマガエルですが、裏庭で見つけたのはニホンアマガエルで目がとてもきれいでした。クワッ、クワッ、クワッと大きな声でなきます。

Dsc_0999

ニホンアマガエルは名前から日本固有の種と思われがちですが朝鮮半島、知勇黒糖部にも生息。外来種と間違われるシュレーゲルアオガエルが日本だけに住む種とのこと。

2009年7月 3日 (金)

巻き方色々 ネジバナ

 田んぼの畦のネジバナが今を盛りと咲いていました。

Dsc_1050

よく見ると右巻きばかりではなく左巻きもありますね。

双子のネジバナかな? 少しアップで紹介。

Dsc_1049

2009年7月 2日 (木)

チョコケーキみたい

 前線が南下して梅雨の中休みで元気を取り戻したヒマワリの花。管状花がチョコレートシホンケーキかコヒーババロアみたいに見えるのは食事前のせいでしょうか。

Dsc_1042

「いや、ベイクドチーズケーキに見える」と言われそうでもありますね。ヒマワリも昨日紹介したアジサイ同様に小さな花の集まりで、一つ一つは管状花とよばれます。

2009年7月 1日 (水)

雨のが似合う花

 今日から7月ですが、我が家ではようやくアジサイがみごろをむかえました。まだ明けぬ梅雨にしっとりと濡れて咲いていました。

Dsc_1029

ガクアジサイの一種ですが、左右に花のように見えるのは装飾花で、本当の花である 中心の丸いつぼみが開いて雄しべ雌しべが現れます。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »