« しずくは超広角レンズ | トップページ | なまこ壁とひやさい »

2009年7月12日 (日)

大原美術館モネのスイレン

2日間ほど岡山県倉敷方面に行ったためブロクをお休みしましたが、今日から3日間ほどその報告をします。倉敷といえば美観地区ですが中でも有名な大原美術館で来年は創立80周年を迎えるそうです。数十年前に行った時はなかったモネのスイレンの池。

Dsc_1107

モネが描いたフランス・ジブェルニーの池から届いたスイレンだそうです。後のなまこ壁が水面に映り倉敷らしいスイレンの池となっていました。美観地区の文化施設の中で一番入場料が高いようですが、世界的な名画が数多く見られて、本館、分館、工芸館、東洋館共通で一日何度でも入ることもでき、入場料大人1000円は値うちだと思いました。

Dsc_1217

館内の展示品は撮影禁止ですのでパンフレットで名画の一部を紹介します右側のエル.グレコ「受胎告知」はこの美術館が所蔵する数多くの名画の中でも一番貴重な作品といわれます。

Dsc_1116

美術館の丸窓も印象的で、遠くの景色は名画を見すぎ疲れた目を癒してくれます。

« しずくは超広角レンズ | トップページ | なまこ壁とひやさい »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« しずくは超広角レンズ | トップページ | なまこ壁とひやさい »