« トマト泥棒 | トップページ | オウバギボウシの白い花 »

2009年7月22日 (水)

日食撮影断念

happy01 今日は病院の予約日。診察が9時だったので、晴れてくれば終わってから家に帰り日食を撮影しようと思っていましたが、色々な検査にまわされ解放されたのが12時をすぎてしまい撮影は断念。しかし、バックの中に日食グラス忍ばせていたので、待ち合わせの合間に外に出ると雲の合間から時々顔をだし、少しだけ欠けた太陽を見ることができました。

20090722185007a9c_2

掲載した写真はそんなイメージ写真でが、3年後の金環食はこの地方でも見ることが出来るそうでその時はぜひ晴れてほしいですね。

« トマト泥棒 | トップページ | オウバギボウシの白い花 »

地学」カテゴリの記事

コメント

日食・・私は雲の切れ目に出た太陽が水溜りに映っているのを観ていました。日食めがねは持っていませんので 仕事の途中 水溜りを見つけては見ていました。
あたりが曇りの天気ながらだんだん夕方の雰囲気になってきました。

曇り空で日食を直接見ることも出来たようですが、明るさが変化するため危険といわれていました。安全な見方は色々あるようで、蚊取線子さんの見られた方法も良いアイデアだったと思います。
皆既日食は太陽、月、地球の距離が絶妙なバランスの上にな成り立って起きるそうですが、あらためて自然の不思議さを実感しましたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トマト泥棒 | トップページ | オウバギボウシの白い花 »