« 大原美術館モネのスイレン | トップページ | ちくわ笛コンサート »

2009年7月13日 (月)

なまこ壁とひやさい

happy01 倉敷美観地区といえば町並み散策ですが、風情があるのは路地裏ですね。

Dsc_1119

漆喰がナマコのように盛り上がっていることから「なまこ壁」と言いますが、なまこ壁に囲まれたせまい路地は日当たりが少なく、ひんやりすることから「ひやさい」ともよばれるそうです。

こちらは訪れた人だれもが最初に見るビューポイント倉敷川。

Dsc_1113

今橋から中橋を眺めた光景。、小雨模様でいちだんと風情がありました。手前の船でくらしき川船流しをたのしむこともできます。

もう一つ、今の時期なんといっても緑がきれいなのはアイビースクエアー。

Dsc_1123

クラボウ跡を改修しホテルやレストランなどになっていますが、レンガ作りの壁全面がアイビーと言われるツタに覆われています。写真は北側入り口。

« 大原美術館モネのスイレン | トップページ | ちくわ笛コンサート »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

倉敷は何年か前お友達と行ってきました。
新幹線で行きました。
クラボウのツタの絡まるアイビースクエアー。。。
私達ここに泊まりました。。
工場の中の寮がそのまま宿泊施設になってます。
真ん中にビァガーデンがあって(夏に行きました)・・・大原美術館も観て。。。。いいところですね。

私は近くの温泉地に泊まったため、あまりゆっくりできず少し心残りでしたが、蚊取線子さんのようにこの町に泊まり、昼だけでなく夜も含め、じっくり散策したい町で、いろいろ発見できそうです。
外国の観光客も多く来て見え、毎年増えているそうです。
何度でも行きたい町でしたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大原美術館モネのスイレン | トップページ | ちくわ笛コンサート »