« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

フジバカマによく似たサワヒヨドリ

 近くのゴルフ場脇の湿地に咲いていたサワヒヨドリの花。フジバカマによく似ていました。

Dsc_1544

ヒヨドリの鳴く頃、湿地に咲くためサワヒヨドリと名前が付けられました。↑

Dsc_1535

こちらは近くに咲いていたミソハギ。お盆の送り火や供物に、この花の束で水をつけふりかける風習から禊萩と名前が付けられようです。↑

Dsc_1546

同じく近くに咲いていた、おなじみのヘクソカズラ。別名ヤイトバナとも言われます。↑

2009年8月30日 (日)

ミズヒキとキンミズヒキ

 山すそに咲いていたミズヒキと(左)、我が家の庭にいつの間にか咲き出したキンミズヒキ(右)。

Kin2_3

どちらも花穂が水引に似ていることから付けられた名前ですが、ミズヒキはタデ科、キンミズヒキはバラ科の植物です。他にギンミズヒキという名の植物もあるようです。

2009年8月29日 (土)

珍獣?

 珍獣とは少し大げさですが、今日、網戸にとまっていた昆虫、よくわからないので珍獣としましたが精悍な体つきをしていました。

Dsc_1491

ハチ・ハエ・アブ・ガ・・いずれの仲間か、それぞれ図鑑で調べましたが名前が解りません。名前がわかるまで珍獣としておきますね。

追記 ネットであちこち調べたらコウヤツリアブのようです。インターネットて便利ですね。

2009年8月28日 (金)

花には寄らないヒメジャノメ

 田んぼでみかけたヒメジャノメ。成虫は樹液や腐った果実などを好み、花の蜜は吸わないため花に近づかないチョウ。

Dscf1220_2

幼虫の食草がイネ科の植物ですので田んぼでもよく見かけますね

 

2009年8月27日 (木)

イワギボウシ

 庭の石垣の間におそばせに花を咲かせたギボウシ。ギボウシより小柄なイワギボウシのようです。

Dsc_14961

オウバキボウシは7月に紹介していますが、イワギボウシは花茎20㎝ほどで花の色も濃いようです。 キボウシは図鑑によってギボシと紹介されていることもあります。

2009年8月26日 (水)

カラフル折り紙

 参加している手づくり講座で創作折り紙を作りました。

Dscf0664_2

男の参加は2人だけ。少し恥ずかしい気持ちで参加していますが、ほとんど経験のない作業で楽しんでいます。今回もカラフルな作品ができました。

2009年8月25日 (火)

夜の訪問者

 昨日の夜に部屋の入ってきた2人訪問者、秋の訪れを告げてくれました。

Dsc_0676

一人はヤブキリで、ずいぶん怖い顔をしていました。主にヤブに住んでいることからヤブキリといい、鳴き声はジリリリリリと続けて鳴きます。部屋の中で鳴かれるとうるさくて寝られませんが、昨夜は静かでした。

Dsc_0689

もう一人はナマズのような顔をしたクサキリ。名前の由来は草の上に住むキリギリスで、鳴き声は ジーンジーンと鳴くそうです。寝苦しかった夏の夜が、知らぬ間に涼しい秋の夜に変わってしまいましたね。

2009年8月24日 (月)

ヤブラン

 夏の初め頃から花をつけ始めていた裏庭のヤブランの花。果穂を大きくのばし盛期をむかえていました。

Dscf1257

山すそのあぜ道に咲いていた名前のわからないピンクの花。

Dsc_1434

どなたか名前の解る方はコメントをお待ちしています。

追記・花の名前がわかりました。フジカンゾウといわれるヌスビトハギの仲間のようです。

2009年8月23日 (日)

ヘビの嫌いの人はパスしてください。

 今日は刈り取り準備のため、田んぼの排水路を掃除。突然現れたのはシマヘビでした。

Dscf12441

あまりヘビは好きではありませんが、里山にいれば怖がってばかりもいられませんね

2009年8月22日 (土)

オモダカの白い花

 少しずつ黄色く色づきはじめた水田の脇にオモダカが白い花を付けていました。

Dsc_1482

葉を人の顔に見立てて、面高(おもだか)と名前が付けられた水田の雑草。少しボケていますが逆Y字型の葉(右側)と、上の奥に球状果実も見えます。

2009年8月21日 (金)

ツクツクボウシ

 今の時期、セミの中でも夜中近くまで元気に鳴いているのはツクツクボウシですね。

Dscf1221

鳴き声はご存じ「ツクツクボーシ、ツクツクボーシ、ツクツクシーヨー」となきますが、高い梢で鳴くことが多く、なかなか写真に撮るのは難しいセミです。

2009年8月20日 (木)

パイナップルリリーという花

  昨日の続きですが、五箇山菅沼合掌集落に咲いていたパイナップルリリーという花。初めて見ました。

Dsc_1455_2

花の形がパイナップに似ていることからパイナップルリリーとよばれ、南アフリカ原産の植物ですが耐寒耐暑性に優れ、冬の厳しい五箇山でも花を咲かせていました。

2009年8月19日 (水)

世界遺産の合掌集落

 今日はウオーキングで初秋の五箇山合掌造り集落を訪ねました。

Dsc_1427

展望コースから見た相倉合掌造り集落。↑

Dsc_1460

初秋の香り漂う菅沼合掌造り集落

2009年8月18日 (火)

クサギの白い花

 今、山にはクサギが芳香のある綺麗な白い花を付けています。

Dsc_1421

葉や枝に傷を付けると独特の悪臭を放ち、クサギといわれます。子供の頃は、いたずらに わざと棒で葉をたたいて悪臭を発散せていましたね。

2009年8月17日 (月)

ゴールを目指すも後ろ向き

 今日も川辺の漕艇場では高校生が練習に励んでいました。一見涼しげに見えましたが漕いでいる人は汗だくのようですね。

Dscf1164_2

シングルスカル(左)とダブルスカル(右上)↑

Dscf1080

クォドルプル(舵手付き4人スカル)で舵手は前を見ていますが、あの位置で見る光景はどんなん光景でしょうか。 ↑ 

2009年8月16日 (日)

ミミカキグサの群落

 次月峠の湿地にミミカキグサの群落を見つけました。

Dscf1045

黄色い小さな花をたくさんつけていました。ピントが甘かったようですね。↑

Dscf1043

少しアップで紹介します。↑

Dscf1040

近くに咲いていたホザキノミミカキグサ。いずれもタヌキモの仲間で食虫植物です。↑

2009年8月15日 (土)

ウニorマリモ?

 町道脇の栗林にたくさん落ちていたイガグリを孫が拾ってきました。コップに入れたらウニにもマリモにも見えました。

Dsc_14161

イガはまだ柔らかく手に持っても痛くありません。大きな風のためや虫食いでもなく、なぜな落ちるのかわかりません。自ら摘果しているようにも思えます。

2009年8月14日 (金)

秋の香いろいろ

日中は猛暑ながら湿度は60%で、連日のムシムシ感から解放され、そこかしこに秋を感じました。

Dsc_1375

早朝は爽やかでアサガオの花も涼しげに咲いていました。↑

Dsc_1378

プランター育ちのブドウの実も赤く熟して食べ頃をむかえました。↑

Dsc_1381

夕方には流し台の上にウマオイをみつけました。↑

この地方では鳴き声そのままに、スィーチョンとも言います。

2009年8月12日 (水)

ノリウツギの白い花

 山すその林の中にアジサイそっくりな花を付けていたのはノリウツギの花。

Dsc_1349

アジサイに比べ両性花、装飾花とも白く円錐形に花がつく。名前の由来は昔、和紙をすくための糊をこの木の皮からとったことによるそうです。

2009年8月11日 (火)

猛暑日の出来事

 台風9号の列島横断は避けられたもの、いきなり朝から地震のパンチ。大きな揺れにベッドの上で金縛り状態になるほどでしたが、ニュースの情報では大きな被害もなかったようでまずは一安心。

Dsc_1369

今日はイノシシの被害に遭わず僅かに残った作物のネギの植え替え。午後は27度を超える猛暑でしたが、湿度もわりと低く風もあり、予定の作業を終えることが出来ました。 それしても今のところ、イノシシはネギ、ニンニク、ニガウリなど、においの強いものや苦いものまで手をださないようですが、そのうち食べるようになるのでしょうか。

2009年8月10日 (月)

アルコール0.00%

 長つゆの後にすぐに台風が接近し、毎日災害のニュースが絶えない日本。昔から怖いものに「地震、雷り、火事、親父 」とされていますが、何故か大雨や台風が入ってませんね。雨や風は時には必要な自然現象だったというとでしょうか。ということは親父は怖いだけで昔から必要なかった存在か? などと考えながら飲んだビールはノンアルコール。う~ん、やっぱり酔えませんね。

Dsc_1363

味、喉ごしはビールそっくり。宴会で酒は飲めないが雰囲気だけは味わいたい方におすすめ

2009年8月 9日 (日)

青空が似合う赤い花

 今の時期、サルスベリの赤い花が目立ちます。

Dsc_1344

それでもやはり、今日のような曇り空よりも青い夏空があうようです。ということで写真は晴れた昨日のワンショット。暑くても青空がいいですね。

2009年8月 8日 (土)

夏の風物詩-花火大会

 木曽川沿いの町、川辺町の花火大会は天候にも恵まれ、立錐の余地もないほど人で賑わっていました。今年は立ち入り禁止区域がさらに増えその影響もあったようです。

Dsc_0620_2

この地域ではめずらしい船から投げ込まれる水中花火が特色。

2009年8月 7日 (金)

不安な一 日

 今日も天候が安定せず時々にわか雨の一日で、畑に行った帰り道には雨に遭いびしょ濡れになってしまいました。

Dsc_1337_2

畑から見た黒雲はこの後すぐに雷を伴った強い雨を降らせました。

2009年8月 6日 (木)

ヤマユリ

 隣の庭に咲いたヤマユリ。大きく成長し、たくさんの花を付けて耐えきれなくなり、我が家の生け垣に寄りかかって咲いていました。Dsc_1331

この地域ではあまり見かけませんが、日本のユリとして本州中部以北の山地に自生するユリで、ササユリに比べ大型のユリです。

2009年8月 5日 (水)

もうすぐ秋

 長雨のため伸び放題にっていた畑の草取りいったら、土手のコスモスがちらほらと咲きかけていました。

Dsc_1327

暦を見たら明後日の7日はもう立秋でした。梅雨明けがおくれ夏がウロウロしている間に秋に入ってしまうようです。

2009年8月 4日 (火)

ハチス

ハスは果実が蜂の巣に似ていることから、昔はハチスといっていたものが、いつの間にかスがぬけてハスといわれるようになったようです。

Dsc_0514

写真はオオガハスのハスの実。花托といわれるものの中に果実が入っています。

Dsc_0502_2 

ハスの花も最盛期をすぎ、池の水面には花びらがあちこちに落ちていました。(薬王寺の蓮池にて)

2009年8月 2日 (日)

田んぼでかくれんぼ

 雨のやみ間に田んぼに行きました 。外からはあまり見えませんが、田んぼの中に入ると、稲の布団にはぐくまれ昆虫達が成長しているのが見られました。

Dsc_1315

まず顔を出したのはカマキリ。「こんにちは」とあいさつをしてくれているようでした。

Dsc_1308

ショウリョウバッタも体は大きくなっていましたが、まだ羽が伸びきっていません。

Dsc_1316

梅雨が長びき米のできが心配されますが、ホンネンタワラバチの小さなマユもありました。このほかカメムシやイナゴの幼虫なども見られました。

2009年8月 1日 (土)

ずぶ濡れの夏まつり

 今日は町の夏まつり、「よってりゃあみたけ-夢いろ街道宿場祭り」が開催され、時おり激しく雨が降る中でしたが大勢の人で賑わっていました。

Dscf0995

写真は盆踊り会場の一コマ。雨で逃げているように見えますが踊りのしぐさで、ずぶ濡れになりながらも楽しく踊って見えました。やはり夏ですね。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »