« 世界遺産の合掌集落 | トップページ | ツクツクボウシ »

2009年8月20日 (木)

パイナップルリリーという花

happy01  昨日の続きですが、五箇山菅沼合掌集落に咲いていたパイナップルリリーという花。初めて見ました。

Dsc_1455_2

花の形がパイナップに似ていることからパイナップルリリーとよばれ、南アフリカ原産の植物ですが耐寒耐暑性に優れ、冬の厳しい五箇山でも花を咲かせていました。

« 世界遺産の合掌集落 | トップページ | ツクツクボウシ »

自然」カテゴリの記事

コメント

パイナップルリリーは名前だけは知ってましたが
こんな花だったんですね。
私はランの一種で 寒いのは全く駄目だと思っていました。五箇山でも大丈夫なくらい耐寒性があるのですね・・・。
それにしても五箇山の写真 映画のワンシーンを見ているようで素敵です。
以前一度行きましたがもう一度行きたいと思いました。

訪れたときは、ヒマワリとコスモスとパイナップルリリーが一度に咲いていて、夏と秋が混在していました。
私も富山方面の観光旅行で、五箇山に2回ほど立ち寄ったことがありますが、車窓からのながめとおみやげ物屋に寄った記憶しかありません。
時間をかけてじっくり散策したい所ところですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界遺産の合掌集落 | トップページ | ツクツクボウシ »