« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

雨の柿の木坂

 秋雨前線により今日は一日雨でしたが、ときどき通る道路脇の柿の木のある風景。自分勝手に柿の木坂の風景と名付けていますが、しっとりと雨に濡れて、一雨ごとの秋の訪れを感じました。

Photo

お気に入りの風景ですので、これからも定点撮影し時々取り上げていきます。

2009年9月29日 (火)

お気に入りのコスモス

 コスモス畑のコスモスも最盛期をむかえ色々な色の花を咲かせていますが、お気に入りのコスモスはこのツートンカラーのコスモス。

Dsc_18401

種を蒔いた記憶もないので、ピコティの変種か自然交配して咲いたのでしょうか。

2009年9月28日 (月)

ギンミズヒキ

 このブログで前に(8月30日)にミズヒキ・キンミズヒキを紹介しましたが、ギンミズヒキがなかなか見つからず取り上げることができませんでした。しかし、今日おじゃました農家の庭にはたくさん咲いていて、農家の方に「ギンミズヒキを写真に撮らせて」と話したら、「あげるからもっていきなさい」といわれ、近くにあったスコップでザックリ掘り起こして渡してくれました。さっそく家に持ち帰り裏庭に植えてみました。

Dsc_1823

ミズヒキと同じタデ科で同質、同型ですが、花の色が白一色です。ミズヒキと異なり分布が限られているようです

Dsc_1826

花は2㎜ほどの小さな花で、マクロレンズでアップして撮った一枚です。↑

2009年9月27日 (日)

紅白曼珠沙華

 この周辺では珍しい白い花のヒガンバナが、赤い花より少しおくれて町道脇に咲いていました。先に咲いていた赤い花を後ろに入れて写真にとりました。

Dsc_17793

2009年9月26日 (土)

コスモス畑でラブラブ中

ここ2.3日の日中の暑さは真夏に戻ったようでしたね。しかし、今を盛りと咲いているコスモス畑には今日も多くの昆虫が来て秋を満喫していましが、カマキリの夫婦はなどは、来年に向けて子孫を残すべく営みをしていました。

Dsc_1781

ラブラブ中でしたが失礼して写真に撮らせて頂きました。どちらがオスかメスかはもうもうおわかりですね。

2009年9月25日 (金)

5時から昆虫

 陽が沈むと裏庭のコスモスに忙しく吸密に来ていたホシホウジャク。5時から男ならぬ5時から昆虫ともいえそうです。

Dsc_1737

スズメガの仲間で、羽を激しく震わせてホバリングしながら吸密するためハチドリと間違われますが、ハチドリは日本には分布しません。近づくとブーンと音がするのがわかります。↑

Uyk1

よく似たガにオオスカシバがいますが、こちらは羽が透明です。(旧ブログ「田んぼと生き物たちの四季」より)↑

2009年9月24日 (木)

イチモンジに似たメスグロヒョウモンチョウ

裏庭の柿の木にとまっていたのはイチモンジチョウによく似たメスグロヒョウモンの雌。

Dscf1358

雄はヒョウモンチョウ風のヒョウ柄ですが、雌はヒョウモンチョウとは思えぬ黒地に白柄のイチモンジ風で、雌雄が同じ種とは思えないほど。↑

Dscf1346

これはヒョウモンチョウですが、メスグロヒョウモンの雄もこんな感じです。↑

Dscf1359

メスグロヒョウモンの雌が羽を閉じた状態。少しヒョウモン柄になっていました。↑

2009年9月22日 (火)

水中と地上100メートルの眺め

 今日は連休も終わりに近づき、孫を連れて岐阜県世界淡水魚園水族館と国営木曽三川公園138タワーパークに。

Dscf1414

淡水魚専門の水族館ながら巨大なアマゾンのピラルクーから、滋賀県と岐阜県の一部のみに生息する絶滅危惧種の小さな魚、ハリヨまでも見ることができる見ごたえのある水族館です。写真は熱帯のカラフルな淡水魚をフラッシュ撮影禁止のためわざとスローシャッターで撮ったものです。↑

Dscf1372

観覧車から撮った水族館の全容 。↑

Dscf1465

水族館を見学の後は木曽川をへだてて、すぐ隣の木曽山川公園の138ツィンアーチに登り地上100メートルからの眺めを満喫。近くに大きな建物がないため360度視界がとてもよいですね。

Dscf1474   ツインアーチの最上部は地上138メートルで、真ん中の展望タワーは展望室を地上で造り、下部を継ぎ足して上にあげたリフトアップ工法とよばれる珍しい工法でつくられたもの。↑

2009年9月21日 (月)

ヒガンバナ

 秋の彼岸の頃には何故か突如として花を咲かせるヒガンバナ。根に有毒なアルカロイドを含むこともあり、綺麗な花のわりには不吉な花とされているようですね。

Dsc_0762

2009年9月20日 (日)

飛騨国府金蔵獅子

 今日は飛騨国府の金蔵獅子の撮影会に行ってきました。飛騨国府の秋祭りにおいて、諏訪神社、加茂神社に奉納される獅子舞ですが、男神の金蔵と女神のお多福が力を合わせて獅子を退治する様子を、コミカルなタッチで舞うみごたえのある獅子舞でした。

Dsc_1201_3

岐阜県重要無形文化財に指定され毎年春と秋に行われているようです。

2009年9月19日 (土)

小学校の運動会

 今日はわが町の小学校3校の運動会で、その中でも全校児童数が100人を切る小規模校の運動会にいってきました。児童数が少ないため午前中は学校の運動会、午後からはPTA主催の親子競技大会となるユニークな運動会でした。

Dsc_1714

少ない児童のため出場回数も多く、さらに高学年の児童は色々な係も兼務し大変だったようですね。

2009年9月18日 (金)

ルツボじゃなかったの

 きょう畑で撮った花、ルツボという花だと思って図鑑を調べても名前が出てきません。ネットで調べたら、私と同じようにツルボをルツボと間違えていたとのブログを出会い真相が解明されました。ネットって便利ですね。

Dsc_1706

ツルボをルツボと間違えていたツルボの花↑

ついでに近くに咲いていたマルバルコウソウの小さな花。伸びた雑草の中にあってもよく目立ました。

Dscf0686

観賞用に入ってきた南アメリカ原産の植物ですが、野生化しどこでも見られるようになりました

2009年9月17日 (木)

木の実

 昨日のウォーキングで目にした木の実を紹介します。

Dsc_1645

ヤマボウシの実 初夏に白い花を咲かせていましたが今は赤い実を付けていました。食べられるそうです。

Dsc_16661

ムラサキシキブの実 ラピスラズリのような青紫がとても上品です。葉が落ちて実 だけになると生け花などに使われるようです。

Dsc_1672

ガマズミの実 こちらも食べられる実だそうで、野鳥たちの冬の食べ物になるようです。

2009年9月16日 (水)

初秋の中山道ウォーキング

爽やかな秋晴れの中、今日は中山道をウオーキング。途中で撮ったショツトを紹介します。

Dsc_1642

出発地は宿場の雰囲気を色濃く残す大湫宿↑

Dsc_1665

中山道にはこうした石畳の道も多く見られます。↑

Dsc_1657

優しいまなざしの石仏。途中にはこうした旅人の安全を見守る石仏など史跡がたくさんあります。↑

Dsc_1669

山すそを歩く仲間。

Dsc_1668

途中イノシシによって耕されたようになっていた水田。電気柵より中には入っていかないことがよくかります。↑

Dsc_1683

途中をバスでパスし馬篭宿へ。今日も馬篭宿は多くの人で賑わっていました。↑

Dsc_1691

しだれるミヤギノバギなど、ハギの花があちらこちらに咲いていて秋を訪れをつげていました。

2009年9月15日 (火)

雨のしずく

 秋雨前線の影響か今日は時々雨模様の肌寒い天気で、裏庭の花たちもしっとりと雨に打たれていました。

Dscf1308

コスモスの花に付いた水滴が隣りの花を写しだし、まるで 水中花のよう。↑

Dscf1307_2

まだ咲いていた朝顔の花も雨のしずくに覆われていました。↑

2009年9月14日 (月)

イモムシ(芋虫)

 畑を耕していたらどこからか出てきたイモムシはセスジスズメとよばれる蛾の幼虫。水玉模様がとても綺麗でお尻に角もありました。

Dscf0688

イモムシの名の由来は、このセスジスズメの幼虫のように、サトイモやサツマイモにいる幼虫というところから付けられそうです。 

2009年9月13日 (日)

クルマバナなど

 今日は秋の彼岸も近づきお墓掃除。といっても山の墓地では草刈りが主な作業ですが、そそんな墓地に雑草と一緒に生えていた植物を3っほど紹介します。

Dsc_1632

クルマバナ 花が落ちていましたが、逆光で綺麗でしたので取り上げました。名前の由来は花が対に輪状となってつくことから。↑

Dsc_1636

ワレモコウ 秋の七草とともにだれもが知っている花。吾木香、吾亦紅などと書き名前の由来はいろいろあるようです。↑

Dsc_1628

オミナエシ 秋の七草の一つで、小さな花を散房状につけますが花はつぼみばかりのようでした。  

2009年9月12日 (土)

雨の日のパターン

 今日はこの地方では何日ぶりかの雨でしたね。一日中所用があってブログに掲載する写真を先ほどあわてて撮った一枚は裏庭の苔の上のぬれ落ち葉。パソコンで少し加工してのせてみました。

Dsc_1624

Dsc_16241

加工前の写真 ↑

虫などによって痛みつけられた病葉が一足早く庭を埋め尽くし始めました。

2009年9月11日 (金)

セグロアシナガバチ

スダレと窓枠の間に知らぬ間に巣を作っていたセグロアシナカバチ。今日の朝の冷え込みにカメラを向けてもほとんど動かず、陽があたり暖かくなるのを待っているようでした。

Dsc_1618 

一般的にアシナガバチとよばれる市街地でも普通に見られるハチですが、ほぼ半分ほどが成虫化していようでした。

2009年9月10日 (木)

いよいよ収穫の秋ですね

ここ数日秋らしくなり、田んぼのイネも黄金色に染ってあちこちで収穫をむかえていますね。

Conv00021

最近はコンバインによる刈り取りでいっきに収穫が終わりますが、となり町の山の田んぼではバインダーとよばれる刈取り機による刈取りが行われ、稲がハザに掛けられていました。

2009年9月 9日 (水)

天にそびえるウドの花

 今日は時々雲が広がるものの秋風が爽やかでしたね。となりの畑のウドが花をつけ、秋の青空にとどくほど大きく伸びていました。

Dsc_16091_3

山菜として珍重されるヤマウドも同一種でウコギ科の多年草ですが、ハナウドやシシウドはセリ科の植物で花は傘型の花序となります。

2009年9月 8日 (火)

サンゴのようなクサコアカソの花

 道ばたに赤い小さな花をつけた花穂を伸ばしていたのはクサコアカソという植物。近づいてみるとまるでサンゴのようでした。

Dsc_1537

写真とは関係ありませんが、今日は台風12号の影響か強い日差しながら風があって、まるで夏と秋が同居しているようでしたね。

2009年9月 7日 (月)

イノシシ対策強化

 畑のイノシシ対策としてネットを2重にして張りめぐらしていましたが、ついにネット噛み切ってを畑に入るようになったため、今日は一日がかりで金網を設置し補強しました。イノシシも知恵をつけてきて、いい加減な対策では役に立たなくなりました。

Dsc_16071_2

どこの畑もイノシシ対策の囲いがしてあり、里山の風情が無くなってしまいましたね。↑

Dsc_1605

金網柵に最初に訪れたのはイノシシではなく、大きなカマキリ。お腹が大きく、子供を宿した雌のカマキリのようで、カメラをむけたら不思議そうな顔してこちらを見ました。↑ 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

2009年9月 6日 (日)

タマアジサイ

 アジサイの中でも一番花期が遅いタマアジサイが林道脇の日陰に咲いていました。

Dsc_1576

このアジサイは梅雨時には咲かず7月~9月にかけて咲きます。↑

Dsc_1568

つぼみが玉のようで玉紫陽花とよばれるそうです。少し露出オーバーですが丸いつぼみが印象的でしたので掲載しました。↑

2009年9月 5日 (土)

キイロスズメバチ退治

 夜に時々部屋の中にキイロスズメバチが入ってくるのが気になり、もしやと思い天井裏を確認したら巣があり、今日は夕方に親バチたちが全員帰宅するのを待ってハチ退治。燻煙殺虫剤などを駆使して悪戦苦闘の末、30㎝ほどの巣を撤去することができました。

Dsc_1594

スズメバチの中でも民家の軒や屋根裏、崖など、どこにでも巣を作るキイロスズメバチ。ハチの中でも刺症事例の一番多いハチで、直径60㎝から80㎝ほどの大型の巣をつくります

2009年9月 4日 (金)

アカバナ

 放置された山中の湿潤な田んぼにアカバナの花がさいていました。

Dscf1279_2

アカバナとは花が赤いということからではなく、秋になると全体が赤紫色に染まることからアカバナと付けられました。

前のブログでも紹介しましたが、最近は機械化により沼田といわれる湿潤な水田がみられなくなりそうした環境に生育する植物や水棲昆虫なども見られなくなりましたね。

2009年9月 3日 (木)

ヌスビトハギの赤い実

 林道沿いにヌスビトハギが赤い実を付けていました。

Dsc_15801

果実が盗人の足跡の形に似ていることからヌスビトハギといわれます。果実は普通来緑色ですが写真の若い実だったのか唇のように真っ赤でした。

最近、日当たりの良い道路の法面などに花をつけ増えつづけているのはアレチヌスビトハギで、北米原産の帰化植物。果実の形が異なります。

2009年9月 2日 (水)

ヤブミョウガ

 林道脇の林内にヤブミョウガの白い花が咲いていました。暗い林内に咲いていたためワンショット納めきれず3枚で紹介します。

Dsc_1556

葉がミョウガに似て、ヤブなどに生えることからヤブミョウガとよばれますが、科が違うため花はまったく異なります。↑

Dsc_1559

ミヨウガの花は地下茎につきますがこちらは茎先につきます。↑

Dsc_1555

青い果実を付けたものも同時に見ることができました。↑

2009年9月 1日 (火)

涼をよぶカワトンボ

 月が変わっても厳しい暑さ。空が澄み紫外線が一段と強そうでしたね。そんななか田んぼの近くの小川には、カワトンボの仲間のハグロトンボが涼しげにスイスイと川面を飛んでいました。

Dscf12951

オスとメスでしょうか、それともオスの縄張り争いでしょうか、盛んにおっかけっこをしていました

Dscf12811

和名のハグロトンボは羽が黒いことやお歯黒に似ていることからだそうですが、体がメタリック調の金緑色でとても綺麗です。

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »