« ヒガンバナ | トップページ | イチモンジに似たメスグロヒョウモンチョウ »

2009年9月22日 (火)

水中と地上100メートルの眺め

happy01 今日は連休も終わりに近づき、孫を連れて岐阜県世界淡水魚園水族館と国営木曽三川公園138タワーパークに。

Dscf1414

淡水魚専門の水族館ながら巨大なアマゾンのピラルクーから、滋賀県と岐阜県の一部のみに生息する絶滅危惧種の小さな魚、ハリヨまでも見ることができる見ごたえのある水族館です。写真は熱帯のカラフルな淡水魚をフラッシュ撮影禁止のためわざとスローシャッターで撮ったものです。↑

Dscf1372

観覧車から撮った水族館の全容 。↑

Dscf1465

水族館を見学の後は木曽川をへだてて、すぐ隣の木曽山川公園の138ツィンアーチに登り地上100メートルからの眺めを満喫。近くに大きな建物がないため360度視界がとてもよいですね。

Dscf1474   ツインアーチの最上部は地上138メートルで、真ん中の展望タワーは展望室を地上で造り、下部を継ぎ足して上にあげたリフトアップ工法とよばれる珍しい工法でつくられたもの。↑

« ヒガンバナ | トップページ | イチモンジに似たメスグロヒョウモンチョウ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

展望台からの眺めはすばらしいですネ 私はチューリップの咲く頃に行ってきましたが 展望台へはのぼっていません 今度は是非展望からの眺めを・・と思います。
水族館の色とりどりの魚も幻想的です。

コメントありがとう゛ざいます。
孫とのおつきあいで出かけたついでに何か写真になるものを思いましたが、ついでではいい写真は撮れませんね。
でも、清流に生きる水族館の魚たちを見て、何時までもこの清らかな流れは守っていかなければと、あらためて思い勉強になりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヒガンバナ | トップページ | イチモンジに似たメスグロヒョウモンチョウ »