« バナナの花など | トップページ | 宮崎県庁舎など »

2009年10月25日 (日)

鬼の洗濯板

happy01 日南海岸といえば、鬼の洗濯板ともいわれる波状岩(1500万年~3000万年前に砂や、泥の堆積により海中にできた水成岩が隆起し、その後に波により浸食されたもの)織りなす独特の風景ですね。見慣れた人には新鮮みがないかもしれませんが、代表する風景を紹介します。

Dsc_20551 

堀切峠からみた鬼の洗濯板が織りなす海岸風景。干潮時に眺めるのがお勧めですね。

Dsc_1927

青島付近の波状岩。硬い部分が残りて独特の形をしていました。

Dsc_1924

同じく青島付近の波状岩。柔らかい部分と硬い部分が波に洗われ、ブロックを敷き詰めたような形をしているところもありました。

Dsc_2037_2

こちらはご存じの鵜戸神社前の風景。真ん中のしめ縄の中にあるくぼみに、素焼きの小さな玉を投げ込み運を占うことができます。ちなみに玉は5個100円で、5個のうち1個でも入ればその年は良いことがあるようです。男性は左手で投げなければならず、けっこう難しく私は一つも入れることが出来ませんでした。

« バナナの花など | トップページ | 宮崎県庁舎など »

地学」カテゴリの記事

コメント

宮崎の風景ありがとうございます。
同じ頃 私 新潟県を旅行していました。 佐渡と新潟市をレンタカーでノンビリ動いていました。
新潟は快晴でしたが 宮崎はもしかしたらお天気、曇りでしたか?新潟から帰る日(23日)新潟空港で
沖縄からの到着便が台風の影響で大幅に遅れて混乱していました。
宮崎県はフェニックスハネムーンなんて歌ありましたっけ?かって新婚旅行のメッカでしたね。。
私はまだ行ったことありません。今回も佐渡にしようか
南九州にしようか迷って結局佐渡にしました。
今度旅行のチャンスがあれば宮崎・・にします。
バナナやあの岩の風景見てみたいです。

コメントありがとうこざいます。宮崎は3日目の午後から曇りでしたが、波は台風の影響で少し荒れていました。
宮崎は東国原知事が観光に力を入れて見えて、訪れるなら知事が在任中に訪れた方が良いとガイドさんが話して見えました。
佐渡は3年ほど前にフェリーで渡り行きましたが、往きは台風通過後ということで、この時も海がまだ荒れていて、船酔いに悩まされながら海を渡るのに1時間も余分にかかりホテルに着く頃は真っ暗でした。翌日以降は晴れましたがこの時期の旅は台風の影響で大変な目にあうこともありますね。
旅の楽しさは天候しだいとうこともあるようで、お互い晴れて良かったですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バナナの花など | トップページ | 宮崎県庁舎など »