« 小春日和の風景 | トップページ | 紅いツグミ »

2009年11月16日 (月)

ピラカンサの実

happy01 道路わきの生け垣のピラカンサが今年も「みごと」というほどにたくさんの実をつけていました。

Dsc_2323_2

トキワサンザシともいわれるピラカンサ。毎年たくさんの実をつけますが、実には毒があって小鳥たちは少しづつ食べるため、冬まで実が残ることもあるそうです。↑

« 小春日和の風景 | トップページ | 紅いツグミ »

自然」カテゴリの記事

コメント

ピラカンサに毒があると言うことを初めてしりました。
昨年まで我が家にも 毎年たくさん実をつけるピラカンサがありましたが 畑に開墾してしまいました。少し寂しい気もしますが たしかに実がなくなるのは ウメモドキ,南天の実がなくなっていつも最後まで実をつけていました。 真赤な実は特にこの時期は綺麗ですネ

今日は朝から冷たい雨ですが、ヒョドリたちは裏の柿の木に来てピーピーと鳴いていました。寒くないのでしょうか。
小鳥たちは残り柿などの美味しいものから食べて行くようですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小春日和の風景 | トップページ | 紅いツグミ »