« 紅いツグミ | トップページ | ホシハジロとホオジロ »

2009年11月18日 (水)

ヘビノボラスも紅葉

happy01 土岐市の県立少年自然の家の近くにあるため池の周辺には、絶滅危惧種にもなっている植物が分布していますが、ヘビノボラスなどは真っ赤に紅葉していました。

Dsc_2340

幹に鋭いトゲがありヘビが昇ることができないため、ヘビノボラズといわれ滅危惧種(県Ⅱ種)となっています。葉は真っ赤に色づき赤い実も付けていました。↑

Dsc_2342

ご存じモウセンゴケ(トウカイモウセンゴケ・県絶滅危惧種Ⅱ種)ですがこちらも真っ赤で、まるでヒトデかイソギンチャクのようでした。↑

Dsc_2344

ヒツジグサ(希少植物)でしょうかこちらも赤く色づいていました。↑

« 紅いツグミ | トップページ | ホシハジロとホオジロ »

自然」カテゴリの記事

コメント

紅葉の代名詞とされる「モミジ」の美しさに全然負けない 美しい紅葉ですネ 
私は今日も御嵩の野山を散策し雑木林の秋を満喫してきました。  大変地味で風もないのに 枯れ葉がパラパラと舞落ちる様はもの寂しささえ感じます。

賑やかだった秋の雑木林も、木々が葉を落とし寒々と感じるようになりましたね。
あと10日もすれば師走に入り、歳を経るごとに1年の早さを実感しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 紅いツグミ | トップページ | ホシハジロとホオジロ »