« 紅葉と越前海岸夕景の旅 | トップページ | アメリカフウ »

2009年11月11日 (水)

本当の濡れ落ち葉

happy01 晩秋には珍しい大雨の降った一日。神社や公園では紅葉真っ盛りのイチョウやモミジの葉が、強い雨に打たれて散っていました。

Dsc_2249_2

神社のイチョウが葉を落とし、ちょっと大げさですがまるで黄金を敷きつめたようでした。↑

Dsc_2258

歩道に落ちた落ち葉の一部はガードパイプに張り付いて、これぞ本物の「濡れ落ち葉」状態となっていました。↑

Dsc_2261

こちらは歩道に落ちたモミジ(イロハモミジでしょうか)の葉っぱ。↑

ちなみに「濡れ落ち葉」とは、主に定年後にすることが無く、常に妻にべったりとくっついて行動する男性のことで、夫婦仲は離れず、くっつかずがベストだそうです。

« 紅葉と越前海岸夕景の旅 | トップページ | アメリカフウ »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 紅葉と越前海岸夕景の旅 | トップページ | アメリカフウ »