« ヒノキの実 | トップページ | ピラカンサの実 »

2009年11月15日 (日)

小春日和の風景

happy01 晩秋から初冬にかけて(11月頃)の暖かい日を小春日和というそうですが、そんな小春日和の今日、田んぼに出かける間に見かけた風景を3っほど紹介します。

Dscn0240

田んぼの畦に咲いていたスミレ(ノジスミレでしょうか)。小春日和というよりももう春のようです。↑

Dscn0229

こちらは道路脇の雑木に巣をはっていたジョロウグモ。気味が悪いほど大きくなっていました。↑

Dscn0241

こちらは晩秋らしく少しわびしい風景。採り残された大豆が転作田に残っていました。↑

« ヒノキの実 | トップページ | ピラカンサの実 »

自然」カテゴリの記事

コメント

気温が高いせいか我が家の庭にもまだ夏の花が咲いています。ホントはパンジーなどに植え替えたいのですが 日々草 メランポジウム等がいまだにしっかり咲いているとなんとなく抜いてしまうのがもったいないようで そのままにしています。
自治会の花壇などにもインパチェンスなどがしっかり咲いています。
花に関しても 季節が分からなくなりそうです。

これも温暖化のせいでしょうか。
花期の長い花などは今も元気に花を咲かせていますね。
近くの広場の花壇もマリーゴールドが黄色い花を元気に咲かせています。でも、何となく晩秋の風景になじんでいないような雰囲気もします。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヒノキの実 | トップページ | ピラカンサの実 »