« 4年に1度 | トップページ | 山が燃える時期 »

2009年11月30日 (月)

明日から全日本写真連盟岐阜支部展

happy01 このところ風邪気味でブログの書き込みもままならぬ状況でしたが、今日は体調も回復したため、明日から岐阜県美術館で開催される全日本写真連岐阜支部展の展示のお手伝いに行ってきました。

Dscn0264

250点程の写真展示作業は半日ほどの作業となりました。↑

Dscn0262

今年の最優秀作品「春の雪」は、高山市内で雪の中、人力車を引っぱる車夫の姿を撮影した情感あふれる作品。↑

Dsc_1703

こちらは落選した私の作品「白い樹林」東山魁夷風をねらいましたが今ひとつ力強さに欠けていたようです。↑

« 4年に1度 | トップページ | 山が燃える時期 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

 風邪でブログもお休みだったンですね。回復されてよかったです。写真の白い樹林はどこの風景で何の木でしょう?とても斬新で、幻想的な世界ですね。

ありがとうございます。新型インフルエンザかと思いましたら普通の風邪でした。良かったような悪かったような(これからも新型におびえなければなりませんので)。
写真の木は乗鞍山麓のタテカンバの樹林を撮ったものですが、赤いナナカマドなどの紅葉した木が所々に入っていると良かったかも知れませんね。
全日写連のコンテストでは風景はあまり取り上げていただけないのも事実です。

良い写真でしたのに残念でした。
250点とはスケールが大きい支部展ですネ 先日可児市の文化創造センターで開催された可児市美術展に行ってきました。 安藤会長の教育長賞「夕焼けの中の橋」も素晴らしい作品でした。

油野さんコメントありがとうございます。
安藤さんのミヤンマー撮影旅行の写真はあちらこちの作品展で入選されて見えるようです。
今年の2月に私もいっょにミヤンマーに行く予定でしたが体調を崩し行けませんでした。
何よりも健康で行動的でないと良い写真も撮れませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 4年に1度 | トップページ | 山が燃える時期 »