« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

白い大晦日

 いよいよ今年も終わりですが、夕方より降りだした雪はまたたく間にまわりの景色を銀世界に変え、ホワイトクリスマスならぬ白い大晦日となりましたね。

Dsc_27221 

夜の雪原を歩くとサクッサクッと雪の感触が気持ちいい。でも外気の冷たさにカメラを持つ素手はしびれるほど。↑

Dsc_2706

白菜畑も白い雪に覆われ、まるで白いタコの集団みたい。

Dsc_2713

赤いナンテンは白一色の雪景色の中で目立ちます。ではよい元旦をお迎え下さい。↑

2009年12月30日 (水)

プラタナスの実

 近くの広場の大きなプラタナスには別名「すずかけの木」といわれように、葉を落とした木には丸い小さな実がぶらさがり、なるほど鈴がぶら下がっているようです。

Dscf2107

空をバックに撮ったため真っ黒になっていますが、多くの実は二っずづ連なってぶら下がっています。↑

Dscf2102

地面に落ちていたプラタナスの実。二つ並んでトゲのついた鉄アレイみたいでした。↑

Dsc_2593

こちらも木にぶら下がっていて、プラタナスの実に似ていますがアメリカフウの実。↑

2009年12月29日 (火)

フウセンガズラの実

 夏の庭の暑さ対策として植えていたフウセンカズラ(風船葛)の実が地面に落ちて、今朝の霜に覆われていました。

Dscf2115

ムクロジ科のツル性の植物で夏は白い小さな花をつけ紙風船のような実を付けます。

Dscf2124

中には霜にびっしり覆われ、まるでイガグリかウニのような姿をしているものもありました。風船の中には黒い小さな種が入っていて鈴のようにも見えます。

2009年12月28日 (月)

初詣受け入れ準備完了

 新年から神社の祭元で、心配していた雨も上がり今日は初詣の準備をしました。神社の旗を立たり、篝火の準備や大掃除など色々ありましたがほぼ午前中で完了し、我が家より一足早く新年を迎える準備ができました。

Dscn0422

大きな丸太を集め元旦の篝火準備。

Dscn0424

門松、しめ縄などの飾り物を設置。

Dscn0419

最後に神社ののぼり旗を立てて準備をおわりました。今はだれ一人いない神社ですが、元旦の朝は町内の人たちの初詣があり賑やかになりそうです。 

2009年12月27日 (日)

こびとさんたち

 今日は穏やかな好天で、昨日は多忙でできなかった裏庭の果樹の木の剪定と掃除をしました。そんな裏庭の木のなかには毎年紹介していますが、冬芽をつけてアップで見ると人の顔にも似て思わず感心します。

Dscf2100

庭のアジサイの冬芽。さしずめ王冠をかぶったこびとの国の王様といったところでしょうか。

Dscf2099

こちらはイチジクの冬芽。王様を守る騎士といったところですね。

2009年12月25日 (金)

師走の空

 今日は久しぶりに穏やかな青空が広がり、上空は師走の空らしくにぎやかでした。

Dscf2088_2   

薄明の午前6時4分頃には、野口さんがミールから乗り移った国際宇宙ステーションが上空を北西から北東へと通過しました。

Dscn0367

飛行機も多く飛んでいましたが、低気圧の接近のためか飛行機雲が何本も残っていました。

2009年12月23日 (水)

年賀状

 早めに買っておいたのに、やっぱりせっぱ詰まらないと書けないのが年賀状で、今日ようやく手をつけることができました。

Image01_2

毎年デザインを何にしようかと悩みますが、今回もやっぱり自筆のイラストで、来年の干支の寅を書きました。家族曰く我が家の犬にそっくりだとか。実物を見ないで書くのでやもうえないと弁解しました。↑

2009年12月22日 (火)

冬至の日

 今日は冬至で昼間が一番短い日ですが、日没は12月上旬より遅くなっていて、その分朝の日の出が遅くなっているということのようです。そんな丘の畑のからみた夕陽は雲を赤く染めにそまり冬至の日らしい日没でしたね。↓

Dsc_2588

今日の夕食には「すくなカボチャ」といわれるガボチャと大豊作だった白菜のナベをいただきました。↓

Dsc_2591

2009年12月21日 (月)

月と木星が接近

 我が家の庭の片隅にはまだ雪が残り今日も凍てつくような寒さでしたが、夕刻には木星と月が近に見え、今日のワンショットに取り上げました。

Dsc_25581

撮影pm6:50頃ですが一番近づくのは夜の12時頃とのこと。月は地球照で影の部分もよく見えます。↑

Dsc_2580

木星のみを拡大すると木星の衛星も見ることができました。↑ 

2009年12月19日 (土)

伝統文化を学ぶ会

 今日は本格的な雪の日で、早朝は我が家の庭でも7㎝程の積雪がありました。それでも午後からは雪もやみ、文化協会主催で民謡、茶華道、大正琴など協会のメンバーと生徒たちとの交流を兼ねて指導する中学校の伝統文化を学ぶ会を開催し参加しました。

Dsc_2531

三味線の講座では「さくら」と「荒城の月」を一時間半で弾くことができるようになりました。このまま引き続いて練習を重ね一生の芸として頑張ればプロにもなれそうな思いがしました。↑

Dsc_2515

こちらは「南京玉すだれ」の講座。初めて触れる玉すだれでしたが、ほとんど形を作ることができるようになり明日からでも舞台に立てるほど。↑

Dsc_2527

生け花ではクリスマス用のお花を生けることができました。この催しは地元のケーブルテレビ可児で22日(火)午後7時30分より放映されます。↑

2009年12月18日 (金)

たまにはモノクロ

 最近はデジタルカメラになり、カラーとモノクロと使い分けたり、カラー写真をモノクロ写真に変換が簡単にできるようになりましたね。ボツにしたカラー写真でも再度モノクロすると、けっこう良い写真になることがあります。

Dsc_0088

カラーでは赤い蛇の目傘を持った舞妓さんは明るく華やかな感じ。↑

Dsc_00881_2

モノクロに変換すると、しっとりと落ち着いた京の舞妓さんというイメージに変わります。どちらが良いかは好みによりますが、気に入った色(カラーの)がでないときなど思い切ってモノクロにしてしまうのも一つの手ですね。↑

2009年12月17日 (木)

初 雪

 天気予報どおりここ数日だんだん寒くなり、今朝は一時雪も舞い、うっすらと雪化粧するほどになりました。この地域では初雪のようで、いよいよ冬の到来を実感しました。

Dscf2068

降り始めは大きなボタン雪でした。↑

Dscf2071

地上に落ちたボタン雪をアップで見ると、今にも融けてなくなりそうな雪の結晶を見ることができました。↑

Dscf2084

屋根の上はうっすらと雪化粧。↑

2009年12月16日 (水)

写真展開催

今日から地元の写真サークルの写真展を開催、公民館のホールを華やかにしています。

Dscn0378

開催場所は御嵩町中公民館で、ここのホールには机や椅子もあってゆったりと鑑賞できるのが特徴です。↑

Dscn0377

12月25日まで展示していますので近くの方で興味のある方はおいで下さい。↑

さて、昨日のブログの写真の解答ですが、①毛のような物に覆われたものはムクゲの種で、庭に何本も植わっていて気にもとめなかったのですが、こんな種だったんですね。②はヒマラヤスギの球果の種鱗のようです。

2009年12月15日 (火)

自然の落とし物

 木々もすっかり葉を落とし、山は寒々とした風景に変わりましたが、地上には枯れ葉やドングリなどの実がいっぱい落ちていて、何の葉か何の実かなどと調べるのも楽しいですね。次の二つの写真は何でしょうか。答えは明日のブログで。

Dscn0370

モヒカン刈りのように実の回りにぐるりと毛がついていました。↑

Dscn0372

薄っぺらくひもののスルメの頭のような形をしていました。以前のブログ「田んぼと生きもたちの四季」でも紹介しましたものです。↑

2009年12月14日 (月)

速報!ふたご座流星群

 昨日の夜ふたご座流星群を見ようとしましたがあいにく雲がかかっていたため、今日の早朝にチャレンジしました。午前3時頃に床から起き、星空を眺めると薄い雲がかかっていましたがやがて雲はなくなり、時々サァーと流れる流れ星にあわててカメラを持ち出しセットしました。自分の感覚では1分間に1個ほどの流れ星が見ることができました。ただ、セットしたレンズが35㎜ほどと画角がせまかったため、天頂のふたご座を中心として空全体に現れる流星を写真に撮るのは難しく、流星が入ったのは10枚ほど撮った中の一枚だけでした。 なを、天文誌には今日の夜半前頃までは流星が多く見られるとありましたので、まだチャレンジできるようです。ふたご座はまだ東の空ですので、東の空を中心に見られるようです。

Dscf2042

南西の地平線近くに現れたふたご座流星群の流星。部屋を暗くし画像をクリックして大きく見てください。↑

Dscf2042_3

こちらは上の写真をモノクロ化しコントラストを上げて加工処理した写真です。右上は飛行機の奇跡で、左下がふたご座流星群。明るい白い点はノイズではなくほとんどが星です。天空の星の多さにあらためて驚かされますね。↑

2009年12月13日 (日)

新嘗祭(にいなめさい)

 今日は地区の神社の新嘗祭(にいなめさい)。神職のお話では今年の五穀豊穣を祝い、神に感謝をする祭りで、「勤労感謝の日」はその名残でもあるとか。

Dscn03511

今年に採れた米や野菜、果物、魚などを神前に捧げ、今年の豊作と無事を報告します。つまり神様にお願い事をするばかりでなく、お礼も忘れないでしましょうということですね。↑

2009年12月11日 (金)

ヒャクリョウ(カラタチバナ)

 先日、ジュウリョウ(十両)ともいうヤブコウジを紹介しましたが、隣の家の庭にはカラタチバナともいわれるヒャクリョウが植えられていたので紹介します。Dsc_25061

マンリョウやヤブコウジ(ジュウリョウ)と同じヤブコウジ科の仲間ですが葉が長いのが特徴のようです。↑

Dsc_25081

こちらは珍しい白い実のヒャクリョウで、最近隣に植えられたものだそうです。↑

2009年12月10日 (木)

カワウの帰宅

 雨が今にも降りそうな夕方の空を、この地域ではほとんど見ることのないカワウが帰宅についたのでしょうか、たった一羽で飛んでいきました。

Dsc_24621

どこか近くのため池にでも来ていたのでしょうか、くちばつけねの部分の黄色がめだちました。↑

2009年12月 9日 (水)

ヤブコウジ

 マンリョウ、センリョウ、カラタチバナ(百両)と並んで、十両ともよばれるヤブコウジが林の中で赤いみをつけていました。

Dscn0329

落語の「寿限無(じげむ)」の名前にもなっている・・やぶらこうじぶらこうじ・・・は本種をのことで、このヤブコウジもめでたい植物として正月のは寄せ植えなどに利用されるようです。

2009年12月 8日 (火)

初めて聞いた講談

 きょうの生涯学習成人講座の閉講式に後に行われた女性講談師「神田昌味」さんの講演で、講談の説明と「正直俥夫」という講談が行われました。生まれて初めて生の講談を聞くことができました。なお、写真はモノクロにて掲載しています。

Dscn0346

講談師の前のテーブルは「釈台」といわれるもの。右手に「張扇(はりせん)」を持ち語りのクライマックスなどでポンポンと釈台をたたき調子をとって聴衆を話に集中させる。左手の扇子は落語と同じように情景を表す小道具となるようです。↑

Dscn03501

神田さんは宇都宮市出身ですが、現在は岐阜県山岡町に住んでみえ、テレビ、ラジオでも活躍されいるようです。↑

2009年12月 7日 (月)

冬野菜の収穫

 今日は 畑の大根や白菜が大きくなり収穫をしました。

Dscn0337

大根は上へ上へと伸びて全長70㎝ほどになっていました。↑

Dscn0341

こちらは白菜。無農薬のため虫に食べられましたが、それでも大きなものは5キロもありました。

Dscn0336_3

陽が沈む頃、最後の収穫物を一輪車に載せ帰宅しました。明日からはまた食卓はふろふき大根と白菜の浅漬けばかりになりそうです。

2009年12月 6日 (日)

みたけの森の冬桜

 毎年この時期に咲く、みたけの森のサクラ。最盛期は過ぎていましたが今日も咲いていました。

Dsc_2243

四季ザクラと思いましたが、11月から12月頃咲くサクラをネットで調べましたら10種類以上あり、さらにわからなくなってしまいました。とりあえず冬桜と呼んでおきます。

Dsc_2236

花をアップで撮ると花びら八重でした。淡いピンクが素敵です。

Dsc_22421

上の写真と同じ種類のものかわかりませんが、こちらの花はしっかりと開き梅の花のようにも見えました。

2009年12月 5日 (土)

師走の夕陽

 昼頃からしょぼしょぼ降り出した雨は夕方まで続きましたが、陽が沈む頃になり突然に太陽が顔を出して空を赤く染めはじめました。久しぶりに見る赤い夕焼けに魅せられてカメラのシャッター切りました。

Dsc_2452

カメラのレンズを僅かに動かすだけで露出が大きく変わる風景ですが、モニターで確認できるデジタルカメラはとても便利ですね。↑

Dsc_2454_2

太陽が山に沈んだすぐ後には驚くほどの真っ赤になりました。 真ん中に見えるのは送電線の鉄塔です。↑

2009年12月 3日 (木)

国民一号受信機

 今日は地区の陶磁器類収集日で、いらない陶磁器類を整理するため久しぶりに土蔵の中にはいりました。土蔵の棚をあらためてみると段ボール箱があり、開けてみると中から出てきたのはキャビネットのない真空管ラジオ。電気を入れて試聴しようと考えましたが火を噴きそうで止めました。

Dscn0321

国民一号、フタバ受信機とラベルが貼られた段ボール。大阪 双葉電気株式会社の製作したラジオのようです。ラジオと書かないところが時代を象徴しています。↑

Dscn0320

中から出てきたキャビネット(箱)のない真空管ラジオ。真空管が5っあるので5球スーパーといわれるラジオのようです。たぶんこのラジオで子供の頃「笛吹童子」などを聞いていたのですね。ただ箱に記載してある「国民一号」といわれるラジオは3球式のトランスレスラジオだったようで、途中で買い換えられたようです。↑

Dscn0326

こちらは隣の棚にあった盃の一つ。星のマークに旭日旗や凱旋記念と書かれていて戦時中の盃のようです。↑

2009年12月 2日 (水)

イイギリとウメモドキの赤い実

 林道の脇に赤い実をいっぱいつけていたイイギリの木がありました。

Dscn0281_2

写真はイイギリの赤い実で、樹高あり真下から撮っているためブドウの実のように見えませんが、ほとんどの小枝にブドウのように一房ずつ垂れ下がっていました。↑

Dsc_2359

こちらは近くに実を付けていたウメモドキ。葉が梅の葉に似ていることからウメモドキと名前が付けられたそうです。 ↑

2009年12月 1日 (火)

山が燃える時期

 この時期、遅くまで青い葉をつけていたミズナラやクヌギなども紅葉し、夕暮れ時には山が燃えるように赤く染まった風景を見ることがありますね。Dscn0268

丸山ダム近くのメタセコイアの林は赤く染まり、まるで炎のようにも見えました。↑

Dscn0278

メタセコイアの林の中に入って上を眺めると、まるで火のついたタイマツが立ち並ぶようでした。↑

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »