« 伝統文化を学ぶ会 | トップページ | 冬至の日 »

2009年12月21日 (月)

月と木星が接近

happy01 我が家の庭の片隅にはまだ雪が残り今日も凍てつくような寒さでしたが、夕刻には木星と月が近に見え、今日のワンショットに取り上げました。

Dsc_25581

撮影pm6:50頃ですが一番近づくのは夜の12時頃とのこと。月は地球照で影の部分もよく見えます。↑

Dsc_2580

木星のみを拡大すると木星の衛星も見ることができました。↑ 

« 伝統文化を学ぶ会 | トップページ | 冬至の日 »

地学」カテゴリの記事

コメント

 寒波が去っても体が凍る程寒いですね。でも山を歩いているとしだいに暖かくなり、寒さも忘れます。空も澄み、天体観測には持って来いですね。月の影や木星の衛星もはっきり見えて、素晴らしい天体ショーをありがとうございました。

冬の夜空は空気が澄んでいて私達の地域では星がとてもよく見えますが、ここ数日の寒さでは外に出てゆっくり観望とはいきませんね。寒さがゆるんだら星雲などにもチャレンジしてみたいと思っています。

おはようございます。
天体に予備知識のない私ですが 夜空にも季節の移り 時の流れを感じます。
肌を刺す寒さの中 大変な労作ですネ

星空をながめ、壮大な宇宙のドラマを見るとき、人間社会の雑多な問題は取るに足らないものだと実感しますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 伝統文化を学ぶ会 | トップページ | 冬至の日 »