« 明日から全日本写真連盟岐阜支部展 | トップページ | イイギリとウメモドキの赤い実 »

2009年12月 1日 (火)

山が燃える時期

happy01 この時期、遅くまで青い葉をつけていたミズナラやクヌギなども紅葉し、夕暮れ時には山が燃えるように赤く染まった風景を見ることがありますね。Dscn0268

丸山ダム近くのメタセコイアの林は赤く染まり、まるで炎のようにも見えました。↑

Dscn0278

メタセコイアの林の中に入って上を眺めると、まるで火のついたタイマツが立ち並ぶようでした。↑

« 明日から全日本写真連盟岐阜支部展 | トップページ | イイギリとウメモドキの赤い実 »

自然」カテゴリの記事

コメント

メタセコイアの紅葉もモミジに負けない美しい紅葉です。 二枚目の作品のアングルはメタセコイアのどっしりとした 感じがつたわってきます。大変好きな一枚です。

 何か迫りくるような迫力を感じ、抽象絵画のようにとても印象に残る作品です。燃えているように映るアングルもまた素晴らしいですね。

油野さん、takeチャンさんコメントありがとうございます。
いよいよ師走に入りましたね。写真のできは今一ですが、まだまだ小春日和の日があり、そんな日は山野を散策し新しい風景を発見するのも楽しいですね。
木々が葉を落とし、遠くの山々や野鳥たちの姿も観察しやすくなるのもこの時期からのようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 明日から全日本写真連盟岐阜支部展 | トップページ | イイギリとウメモドキの赤い実 »