« 新嘗祭(にいなめさい) | トップページ | 自然の落とし物 »

2009年12月14日 (月)

速報!ふたご座流星群

happy01 昨日の夜ふたご座流星群を見ようとしましたがあいにく雲がかかっていたため、今日の早朝にチャレンジしました。午前3時頃に床から起き、星空を眺めると薄い雲がかかっていましたがやがて雲はなくなり、時々サァーと流れる流れ星にあわててカメラを持ち出しセットしました。自分の感覚では1分間に1個ほどの流れ星が見ることができました。ただ、セットしたレンズが35㎜ほどと画角がせまかったため、天頂のふたご座を中心として空全体に現れる流星を写真に撮るのは難しく、流星が入ったのは10枚ほど撮った中の一枚だけでした。 なを、天文誌には今日の夜半前頃までは流星が多く見られるとありましたので、まだチャレンジできるようです。ふたご座はまだ東の空ですので、東の空を中心に見られるようです。

Dscf2042

南西の地平線近くに現れたふたご座流星群の流星。部屋を暗くし画像をクリックして大きく見てください。↑

Dscf2042_3

こちらは上の写真をモノクロ化しコントラストを上げて加工処理した写真です。右上は飛行機の奇跡で、左下がふたご座流星群。明るい白い点はノイズではなくほとんどが星です。天空の星の多さにあらためて驚かされますね。↑

« 新嘗祭(にいなめさい) | トップページ | 自然の落とし物 »

地学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新嘗祭(にいなめさい) | トップページ | 自然の落とし物 »