« 2009年7月5日 - 2009年7月11日 | トップページ | 2009年7月19日 - 2009年7月25日 »

2009年7月12日 - 2009年7月18日

2009年7月18日 (土)

梅雨の地衣類

happy01 このところの雨で古木につく地衣類が少しずつテリトリーを広げています。

Dsc_1266

ウメノキゴケの間に新たな地衣類が生長していました。

種類はわかりませんが、鮮やかな紅色の子器が印象的でした。

2009年7月17日 (金)

五月雨(さみだれ)や集めてはやしダムの水

happy01  隣町に行く途中で寄ったダム(丸山ダム)の水はここ数日の雨で濁流となっていて、橋の上から見ると引き込まれそうな恐怖を感じました。

Dsc_1248

芭蕉の句の五月雨とは旧暦の5月頃で、梅雨の時期に降る雨のこと。昔も梅雨末期は相当雨が降っていたと推測されますね。ちなみに今日は旧暦の5月25日。

2009年7月16日 (木)

田んぼとノカンゾウ

happy01 毎年紹介しているノカンゾウの花。今年も花を咲かせて水田の緑に栄えていました。

Dsc_1231

畦草刈りの時期に咲き何時も刈り取ってしまいますが、今年は2ヵ所ほど残しておきました。

2009年7月15日 (水)

セミのおでまし

happy01 昨日、今日と猛暑となりましたね。本格的な夏が来たとばかりに夕方にはヒグラシも鳴きはじめていました。

Dsc_12261

ヒグラシが鳴いていた桜の木の下を見るとセミの抜け殻がありました。

2009年7月14日 (火)

ちくわ笛コンサート

happy01 倉敷には小さな博物館みたいなものや、趣向を凝らしたお店などもたくさんあって、これらを見て回るのも面白いようです。

Dsc_1136

岡山と言えば桃太郎で、町中に桃太郎からくり博物館というものがあって、展示物は子供向けですが、ここの館長さんがちくわやレンコンなどを笛にして演奏されるのが面白い。そういえば吉備団子もおみやげとしてあちこちで売っていましたね。

Dsc_1141

星野仙一記念館もありました。星野さん今ごろどうされているんですかね。

Dsc_1146

犬猫屋敷。犬猫のおもちゃ屋さんで、ペットブームでもマンション住まいなどで生きた犬やねこを飼えない人に人気があるようです。ほかにもたくさん面白い店もありました。

2009年7月13日 (月)

なまこ壁とひやさい

happy01 倉敷美観地区といえば町並み散策ですが、風情があるのは路地裏ですね。

Dsc_1119

漆喰がナマコのように盛り上がっていることから「なまこ壁」と言いますが、なまこ壁に囲まれたせまい路地は日当たりが少なく、ひんやりすることから「ひやさい」ともよばれるそうです。

こちらは訪れた人だれもが最初に見るビューポイント倉敷川。

Dsc_1113

今橋から中橋を眺めた光景。、小雨模様でいちだんと風情がありました。手前の船でくらしき川船流しをたのしむこともできます。

もう一つ、今の時期なんといっても緑がきれいなのはアイビースクエアー。

Dsc_1123

クラボウ跡を改修しホテルやレストランなどになっていますが、レンガ作りの壁全面がアイビーと言われるツタに覆われています。写真は北側入り口。

2009年7月12日 (日)

大原美術館モネのスイレン

2日間ほど岡山県倉敷方面に行ったためブロクをお休みしましたが、今日から3日間ほどその報告をします。倉敷といえば美観地区ですが中でも有名な大原美術館で来年は創立80周年を迎えるそうです。数十年前に行った時はなかったモネのスイレンの池。

Dsc_1107

モネが描いたフランス・ジブェルニーの池から届いたスイレンだそうです。後のなまこ壁が水面に映り倉敷らしいスイレンの池となっていました。美観地区の文化施設の中で一番入場料が高いようですが、世界的な名画が数多く見られて、本館、分館、工芸館、東洋館共通で一日何度でも入ることもでき、入場料大人1000円は値うちだと思いました。

Dsc_1217

館内の展示品は撮影禁止ですのでパンフレットで名画の一部を紹介します右側のエル.グレコ「受胎告知」はこの美術館が所蔵する数多くの名画の中でも一番貴重な作品といわれます。

Dsc_1116

美術館の丸窓も印象的で、遠くの景色は名画を見すぎ疲れた目を癒してくれます。

« 2009年7月5日 - 2009年7月11日 | トップページ | 2009年7月19日 - 2009年7月25日 »