« 2009年9月6日 - 2009年9月12日 | トップページ | 2009年9月20日 - 2009年9月26日 »

2009年9月13日 - 2009年9月19日

2009年9月19日 (土)

小学校の運動会

happy01 今日はわが町の小学校3校の運動会で、その中でも全校児童数が100人を切る小規模校の運動会にいってきました。児童数が少ないため午前中は学校の運動会、午後からはPTA主催の親子競技大会となるユニークな運動会でした。

Dsc_1714

少ない児童のため出場回数も多く、さらに高学年の児童は色々な係も兼務し大変だったようですね。

2009年9月18日 (金)

ルツボじゃなかったの

happy01 きょう畑で撮った花、ルツボという花だと思って図鑑を調べても名前が出てきません。ネットで調べたら、私と同じようにツルボをルツボと間違えていたとのブログを出会い真相が解明されました。ネットって便利ですね。

Dsc_1706

ツルボをルツボと間違えていたツルボの花↑

ついでに近くに咲いていたマルバルコウソウの小さな花。伸びた雑草の中にあってもよく目立ました。

Dscf0686

観賞用に入ってきた南アメリカ原産の植物ですが、野生化しどこでも見られるようになりました

2009年9月17日 (木)

木の実

happy01 昨日のウォーキングで目にした木の実を紹介します。

Dsc_1645

ヤマボウシの実 初夏に白い花を咲かせていましたが今は赤い実を付けていました。食べられるそうです。

Dsc_16661

ムラサキシキブの実 ラピスラズリのような青紫がとても上品です。葉が落ちて実 だけになると生け花などに使われるようです。

Dsc_1672

ガマズミの実 こちらも食べられる実だそうで、野鳥たちの冬の食べ物になるようです。

2009年9月16日 (水)

初秋の中山道ウォーキング

爽やかな秋晴れの中、今日は中山道をウオーキング。途中で撮ったショツトを紹介します。

Dsc_1642

出発地は宿場の雰囲気を色濃く残す大湫宿↑

Dsc_1665

中山道にはこうした石畳の道も多く見られます。↑

Dsc_1657

優しいまなざしの石仏。途中にはこうした旅人の安全を見守る石仏など史跡がたくさんあります。↑

Dsc_1669

山すそを歩く仲間。

Dsc_1668

途中イノシシによって耕されたようになっていた水田。電気柵より中には入っていかないことがよくかります。↑

Dsc_1683

途中をバスでパスし馬篭宿へ。今日も馬篭宿は多くの人で賑わっていました。↑

Dsc_1691

しだれるミヤギノバギなど、ハギの花があちらこちらに咲いていて秋を訪れをつげていました。

2009年9月15日 (火)

雨のしずく

happy01 秋雨前線の影響か今日は時々雨模様の肌寒い天気で、裏庭の花たちもしっとりと雨に打たれていました。

Dscf1308

コスモスの花に付いた水滴が隣りの花を写しだし、まるで 水中花のよう。↑

Dscf1307_2

まだ咲いていた朝顔の花も雨のしずくに覆われていました。↑

2009年9月14日 (月)

イモムシ(芋虫)

happy01 畑を耕していたらどこからか出てきたイモムシはセスジスズメとよばれる蛾の幼虫。水玉模様がとても綺麗でお尻に角もありました。

Dscf0688

イモムシの名の由来は、このセスジスズメの幼虫のように、サトイモやサツマイモにいる幼虫というところから付けられそうです。 

2009年9月13日 (日)

クルマバナなど

happy01 今日は秋の彼岸も近づきお墓掃除。といっても山の墓地では草刈りが主な作業ですが、そそんな墓地に雑草と一緒に生えていた植物を3っほど紹介します。

Dsc_1632

クルマバナ 花が落ちていましたが、逆光で綺麗でしたので取り上げました。名前の由来は花が対に輪状となってつくことから。↑

Dsc_1636

ワレモコウ 秋の七草とともにだれもが知っている花。吾木香、吾亦紅などと書き名前の由来はいろいろあるようです。↑

Dsc_1628

オミナエシ 秋の七草の一つで、小さな花を散房状につけますが花はつぼみばかりのようでした。  

« 2009年9月6日 - 2009年9月12日 | トップページ | 2009年9月20日 - 2009年9月26日 »