« 2009年9月13日 - 2009年9月19日 | トップページ | 2009年9月27日 - 2009年10月3日 »

2009年9月20日 - 2009年9月26日

2009年9月26日 (土)

コスモス畑でラブラブ中

happy01 ここ2.3日の日中の暑さは真夏に戻ったようでしたね。しかし、今を盛りと咲いているコスモス畑には今日も多くの昆虫が来て秋を満喫していましが、カマキリの夫婦はなどは、来年に向けて子孫を残すべく営みをしていました。

Dsc_1781

ラブラブ中でしたが失礼して写真に撮らせて頂きました。どちらがオスかメスかはもうもうおわかりですね。

2009年9月25日 (金)

5時から昆虫

happy01 陽が沈むと裏庭のコスモスに忙しく吸密に来ていたホシホウジャク。5時から男ならぬ5時から昆虫ともいえそうです。

Dsc_1737

スズメガの仲間で、羽を激しく震わせてホバリングしながら吸密するためハチドリと間違われますが、ハチドリは日本には分布しません。近づくとブーンと音がするのがわかります。↑

Uyk1

よく似たガにオオスカシバがいますが、こちらは羽が透明です。(旧ブログ「田んぼと生き物たちの四季」より)↑

2009年9月24日 (木)

イチモンジに似たメスグロヒョウモンチョウ

裏庭の柿の木にとまっていたのはイチモンジチョウによく似たメスグロヒョウモンの雌。

Dscf1358

雄はヒョウモンチョウ風のヒョウ柄ですが、雌はヒョウモンチョウとは思えぬ黒地に白柄のイチモンジ風で、雌雄が同じ種とは思えないほど。↑

Dscf1346

これはヒョウモンチョウですが、メスグロヒョウモンの雄もこんな感じです。↑

Dscf1359

メスグロヒョウモンの雌が羽を閉じた状態。少しヒョウモン柄になっていました。↑

2009年9月22日 (火)

水中と地上100メートルの眺め

happy01 今日は連休も終わりに近づき、孫を連れて岐阜県世界淡水魚園水族館と国営木曽三川公園138タワーパークに。

Dscf1414

淡水魚専門の水族館ながら巨大なアマゾンのピラルクーから、滋賀県と岐阜県の一部のみに生息する絶滅危惧種の小さな魚、ハリヨまでも見ることができる見ごたえのある水族館です。写真は熱帯のカラフルな淡水魚をフラッシュ撮影禁止のためわざとスローシャッターで撮ったものです。↑

Dscf1372

観覧車から撮った水族館の全容 。↑

Dscf1465

水族館を見学の後は木曽川をへだてて、すぐ隣の木曽山川公園の138ツィンアーチに登り地上100メートルからの眺めを満喫。近くに大きな建物がないため360度視界がとてもよいですね。

Dscf1474   ツインアーチの最上部は地上138メートルで、真ん中の展望タワーは展望室を地上で造り、下部を継ぎ足して上にあげたリフトアップ工法とよばれる珍しい工法でつくられたもの。↑

2009年9月21日 (月)

ヒガンバナ

happy01 秋の彼岸の頃には何故か突如として花を咲かせるヒガンバナ。根に有毒なアルカロイドを含むこともあり、綺麗な花のわりには不吉な花とされているようですね。

Dsc_0762

2009年9月20日 (日)

飛騨国府金蔵獅子

happy01 今日は飛騨国府の金蔵獅子の撮影会に行ってきました。飛騨国府の秋祭りにおいて、諏訪神社、加茂神社に奉納される獅子舞ですが、男神の金蔵と女神のお多福が力を合わせて獅子を退治する様子を、コミカルなタッチで舞うみごたえのある獅子舞でした。

Dsc_1201_3

岐阜県重要無形文化財に指定され毎年春と秋に行われているようです。

« 2009年9月13日 - 2009年9月19日 | トップページ | 2009年9月27日 - 2009年10月3日 »