« カケスとシロハラ | トップページ | ロウバイ »

2010年1月29日 (金)

南部菱刺し(なんぶひしざし)

happy01 いま御嵩町(岐阜県)の商家竹屋で菱刺し展が開催(2月1日まで)されていましたので紹介します。

Dscn0524

菱刺しは青森県八戸市近郊の村々に昔より伝わってきた刺繍の一種で、麻生栽培し、麻布(のの)を自宅で織り、つづれにして着るものつくり、肩や袖に、また前掛け、股引などに菱の柄を刺しだし、着るものを楽しんだことから発展した技法で、明治以降は輸入毛糸により、色鮮やかで芸術に富だ作品に発展したといわれます。展示資料より

Dscn0523

菱の中に梅の花やべこの鞍、キジの足、そろばん玉、矢羽などをあしらった南部菱刺し。

Dscn0527

菱刺しの技法を応用し作られたバックなどの小物類もありました。 

 

« カケスとシロハラ | トップページ | ロウバイ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カケスとシロハラ | トップページ | ロウバイ »