« 琵琶湖と蜃気楼 | トップページ | ハス池の冬 »

2010年1月22日 (金)

湖北の日没

度々紹介していますが、琵琶湖の湖北からの日没は美しく、日本の夕陽100選にも選ばれていますが、今日は余呉湖の帰りによって撮った夕景をアップします。

Dsc_2423

雲間からさしこむ太陽の光が印象的でした。↑

Dsc_2442

湖面に映る夕日も面白いですね。静かな琵琶湖の湖面だからこそのの風景です。↑

Dsc_2452

日没後も空の色が変化しますので、あわててカメラをしまって帰らないこと。ちなみに露出は評価測光(マルチパターン測光)のオートで十分撮れます。 ↑

« 琵琶湖と蜃気楼 | トップページ | ハス池の冬 »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

 美しい日本の原風景を楽しませていただきました。一度ゆっくりと琵琶湖周辺を散策してみたいです(定年後に)。時期的には今が一番いいでしょうか?場所は水鳥公園の辺りでしょうか?

 夕陽100選になっているのは水鳥公園周辺で、夕陽を見るなら比較的晴れ多い晩秋いいですね。コハクチョウやオオヒシクイなども11月ごろから見られるようになり、冬は 多くの野鳥で水鳥公園周辺はにぎやかになります。雪の風景は1月~2月ごろがいいようでのすので、やはりお勧めは今頃です。
 だだ琵琶湖周辺全体では四季折々楽しめる風景がありますので場所によっては他の季節がよいこともあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 琵琶湖と蜃気楼 | トップページ | ハス池の冬 »