« ヤブツバキの花 | トップページ | 梅の花の開花 »

2010年2月 4日 (木)

春は名のみでしょうか

happy01 立春の今日、朝おきてみたら薄らと雪景色で真冬に逆戻り。もうしばらくは春は名のみでしょうか。

Dsc_2775

近くの池には薄氷の上に雪がつもり不思議な模様を作っていました。↑

Dsc_2560

裏庭のナンテンの葉にも雪がつもっていました。でも赤い実はもうありません。ヒヨドリたちが来て食べ尽くしたようです。↑

Dsc_2530

こちらはそのヒヨドリですが、秋に見た時よりも心なしか身体も大きくなり、暖かそうなマントを着ているようです。↑

« ヤブツバキの花 | トップページ | 梅の花の開花 »

自然」カテゴリの記事

コメント

ホントに寒いですね。今も時折雪がまってきます。
立春?まだまだ春なんて当分・・と言う感じですね。
鳥たちこんなに寒いと 餌がなくて可愛そうな気がします。
そして今日、山道を車で走っていたら リス を見かけました。多分リスだと思います。もしかしたらイタチか何かの子供?餌がなくて道路まで降りてくるのでしょうか?こんな時にカメラを持っていないのを残念に思います。携帯のカメラではシャッターが遅いので撮れません。

今日も本格的な雪になってしまいましたね。
私も土地がら車で山道を走るとタヌキやウサギなどに出くわします。先日は昼間に大きなイノシシが道路を横切るのに出くわしました。
カメラは座席に載せていますが、あっという間にいなくなり写真に撮ることは不可能ですね。今タクシー等が運転席につけているといわれる、常時記録のビデオカメラみたいなものでないと無理かもしれません。
山や農地が荒れ、食べ物のある人家近くに野生動物が出没するようになったとも言われます。
高齢化による限界集落といわれるところは、そのうちイノシシ集落なるとなどと近所の人が言ってみえましたか、冗談として受けとめることができないなーと思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヤブツバキの花 | トップページ | 梅の花の開花 »