« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

樹木に咲く黄色い花

 山々では芽吹きにとともに黄色い花を咲かせる木々を紹介します。

Dsc_3299

ブドウの実のように枝から垂れ下がったキブシの花。雌雄異株でどちらも同じような花をつけるようです。↑

Dscf0299

こちらは毎年紹介するアブラチャンの花。油瀝青と書き、昔は種子や樹皮から油を採取したそうです。↑

Dsc_3301

こちらはクロモジでしょうか。花はよく似ていますが樹形が違うようです。↑

2010年3月30日 (火)

丸山ダムのサクラ

 新聞の桜情報にに丸山ダムのサクラが満開と書いてあり午後から行ってきました。ダムより下流のサクラはほぼ満開でしたが、展望台のサクラは五分咲きといったところでした。

Dsc_3321

ダム下の新発電所あたりのサクラ。こちらはほぼ満開。

Dsc_3332   

展望台付近のサクラ。五分咲きといったところ。今のダムが建設された当時植えられたサクラなのでしょう、老木となり花はまばらにつき寂しい桜並木風景でした。

Dscf0333_2

それでもメジロやヒヨドリたちがさかんにサクラの密を求めてやってきました。

Dscf0350

こちらはヒヨドリ。

追加*

今日も氷点下の冷え込みでバケツの水もこんなに凍っていました。

Dscn09731 

2010年3月29日 (月)

ネコヤナギ

 今日は冷たい北風にのって時々みぞれが舞う一日で、真冬に逆戻りしてしったようでしたね。近くの山の日陰におそばせに黄色い花を咲かせ始めたネコヤナギ。猫の尻尾からトラの尻尾に変わったようでした。

Dscf0263

外は桜が満開をむかえはじめていますが、あまりの寒さに桜見物はあきらめ、こんな時は花より団子で、家の中で桜餅をいただくことにしました。食べるとふんわりと桜の香りがし、ちょつと春を満喫しました。

Dscn0747

2010年3月28日 (日)

ヒメオドリコソウ

 最近、裏庭にホトケノザに混じって繁茂しだした雑草ヒメオドリコソウ。ヨーロッパ原産の帰化植物で、花がオドリコソウのミニサイズ版という雰囲気で、ヒメオドリコソウとついたようです。ホトケノザの小さな花にも似ています。

Dscf02781

道ばたや畑に普通に見られ年々増えているようです。

Dscf0281

今は草丈はそれほどありませんが、5月頃には20㎝を越えるほどになり先端が赤みをおびてきます。

2010年3月27日 (土)

アオキの花

 毎年この時期に紹介するアオキの花ですが、林の中で今年も小さな小さな花をつけていました。

Dscf02692

冬でも葉は光沢のある緑を保ち赤い実を付けるアオキですが、花は小さく地味でなかなか人の目に触れることがないようです。↑

Dscf02661

花は雌雄別々でこちらは雄花。萼片と雄しべが4ツずつで偶数個というのも珍しい。↑

Dscf0271

こちらはアオキの実。まだ真っ赤に色づいていませんが光沢のある実はよく目立ちます。↑

2010年3月26日 (金)

ヤマウグイスカグラ

 しばらくぶりの好天かと思いきや、あまりの冷たい風に思わず服の襟を立ててしまうほどの日でした。裏山に少しだけ散歩をして見つけたのはウグイスカグラの赤い花。ウグイスの鳴く頃花をつけるためウグイスカズラといわれるようですが、家で図鑑を見るとウグイスカグラにはウグイカグラ、ヤマウグイスカグラ、ミヤマウグイズカグラの3種類ありヤマウグイスカグラのようでした。

Dsc_33781

Dsc_3384

スイカズラ科の植物でウグイスカズラ ともよばれることもありますが、正式にはウグイスカグラ だそうです。

2010年3月24日 (水)

我が家のシデコブシ

 我が家のシデコブシが見頃をむかえました。自然に自生するシデコブシよりピンクが鮮やかです。

Dsc_3485_4

Dsc_3488

雨の中、近くの畑ではヒヨドリたちが畑に残っている白菜をつついて食べていました。↓ 

Dscf0222

2010年3月23日 (火)

ミモザ並木

 一昨日の写真になりますが、レイクグリーンゴルフ場脇の町道沿いにミモザアカシア並木があり黄色い花をいっぱいつけていました。毎年桜の開花と同じ時期に咲き始めます。

Dsc_3365

今年は交通安全上の配慮か下部の枝が切られていましたが、花の満開時にはこのミモザ並木は黄色一色となり壮観でさえあります。↑

Dsc_3374

アップで見た黄色い花。黄色いネムの花といったところでしょうか。↑

2010年3月22日 (月)

ハルリンドウとショウジョウバカマ

 今日は冷たい空気が残っていたものの、強い風もやみ穏やかな天気で、散歩がてら毎年ショウジョウバカマとハルリンドウが咲く山すその田んぼいってみました。田んぼの畦には思った以上に今年もたくさんのショウジョウバカマとハルリンドウが花をつけていました。

Dsc_3447

湿った日当たりのよい場所に咲き、昔は田んぼの畦などによく見られましたが、最近は圃場整備などで激減しあまり見られなくなりました。↑

Dsc_3460

こちらは近くの田んぼの畦に咲いていたショウジョウバカマ。↑

Dsc_3449_3  

やはり湿った場所をこのみ、日陰では薄紫、日当たりのよい場所で赤紫と、咲く場所によって色もすこしずつ異なるようです。↑

 

2010年3月21日 (日)

三大しだれ桜

 今日は町内の桜の開花状況を見て回りました。ソメイヨシノも早いのはすでに8分ほど咲いている木もありましたが、なんといっても今見ごろを迎えているのは町内の三大しだれ桜?です。

Dsc_34181

まずは願興寺本堂裏のしだれ桜。白い花と黒い幹のコントラストがとても綺麗な桜。↑

Dsc_3428

こちらは宝積寺のしだれ桜。老木ではありませんが長くの伸びた小枝に花をつけ、散りゆく大輪の花火のようです。まだ七分咲きといったところです。↑

Dsc_3433

3番目は赤坂地内のしだれ桜。老木でピンク色の綺麗な花を咲かせていました。↑ 

2010年3月19日 (金)

ガーデンパークの花パート2

 今日紹介するのはおなじみの花ばかり。

Dsc_3351

ツツジ↑

Dsc_3347_2

ユキヤナギ↑

Dsc_3346

ワスレナグサ↑

Dsc_3355

ムシカリ?

まだまだ色々な花が咲いていましたが、最後に公園を散歩中の可愛いワンちゃんを撮らせていただいたので掲載します。

Dsc_3360

2010年3月18日 (木)

ブラシの木

昨日の続きで浜松ガーデンパークには、静岡という暖かい気候によるものでしょうブラシノキを始め色々な花が咲いていました。

Dsc_3343

コップブラシそっくりな花つけた、キンポウジュとよばれるブラシノキ。オーストラリア原産。

Dsc_3336

こちらも名前はわかりませんが同じフトモモ科の花。オーストラリア原産。

Dsc_3344_2 

ミモザアカシアの花。こちらが本当のアカシアで、街路樹などにみられる白い花のハリジェンヌはニセアカシアとよばれようです。オーストラリア原産。

Dsc_3348_2

園内で一番目をひいたのはこのヨウコウサクラ。アマギヨシノとカンヒサクラの交配種だそうです。ウォーキング途中に道ばたのソメイヨシノもチラホラ咲いているのを見かけました。

2010年3月17日 (水)

中田島砂丘

今日は久しぶにウォーキングに参加しました。歩いたのは中田島砂丘と浜松ガーデンパークでまずは中田島砂丘の報告。Dsc_3244

Dsc_3247

中田島砂丘は鳥取、九十九里と並ぶ日本三大砂丘の一つで、夏にはアオウミガメの産卵も見られる砂丘。駐車場から200mほどですぐに砂丘に入ることが出来ますが、一部は砂の飛散防止の堆砂垣が施され一般的な砂丘のイメージとは少し違います。↑

Dsc_3288 

堆砂垣の少ない東側の砂丘。↑

Dsc_3284

こちらは海辺側の砂丘で、今日の強い風の影響か風紋がきれいに見えました。↑

Dsc_3281

何故か風紋の上に犬のミイラ化した死体を発見。サハラ砂漠に迷い込んだようなイメージ。明日はガーデンパークの花たちを紹介します。↑

2010年3月14日 (日)

春の陽ざし

久しぶりの春の暖かな陽ざしをうけて、ホトケノザ、オオイヌノフグリ、タンポポ、スイセンなど裏庭の花たちが我が世の春とばかり咲き乱れていました。

Dscn0728

大きく見えますが10㎝ほどのミニスイセン。カメラを地上に下ろしてノーファインダー撮影しました。

Dscn0733

こちらは品種はわかりませんがサクランボの木。明日にでも開花しそうです。

Dscn07381

冬に紹介した王様の冠(アジサイの冬芽)もこんなに開きました。

2010年3月13日 (土)

カンザクラ満開

 開花し始めたと数日前に紹介したカンザクラ。このところの寒さでその後の開花が遅れていましたが、暖かさを取り戻した今日は開花が一気に進み、ほぼ満開状態になりました。

Dsc_32302_2

下は裏庭に咲き出したムスカリの花。ブドウの実逆しまにしたように見えみることから、別名ブドウヒヤシンスともいわれます。地中海原産。

Dsc_32192

 

2010年3月12日 (金)

春の大雪

 「小さな春さがし」の旅の報告の続きになますが、ツアー最終日の9日は午後頃より降雪がひどくなり、バスの外の景色は春から真っ白な真冬の景色に一変。春のなごり雪にしては多すぎる雪に慌てて帰宅の途につきました。

Dsc_31713

高崎のだるま寺に訪れた頃から本格的な雪に見舞われ、バスを降りずに車内から参拝。↑

Dsc_31291

車窓からの眺めは白一色に変わっていきました。↑

Dsc_3193

往きに高速道路から眺めたのどかな春の田園風景も帰り白と黒の冬景色になりました。↑

2010年3月10日 (水)

小さな春さがし

 今回、群馬県にいったのは「小さな春さがし」というツアーで、途中寄のは秋間梅林と沼田のいちご農園でした。

Dsc_3165

秋間梅林は収穫用の梅が1万本以上植えられているそうで、観光目的でないため紅梅は少なく華やかさはありませんが、梅の花の香りはいっぱいでした。

Dsc_31641

梅林というより梅の里の集落を散策という雰囲気で、見たこともない大きな梅木の花はまだ6分咲きといったところでした。途中に句碑があり、中には今回私達が訪れた心境そままの「はるばると来しが観梅 早かりし」の句もありました。

Dsc_3166

こちらは観光いちご農園。ここのところの天候不良でいちごのいろみが悪く観光客の制限中とか。

Dsc_3167 

それでも大きなイチゴを集中的にゲットし、早春の味覚を楽しみました。

2010年3月 9日 (火)

気になる山塊

 昨日今日と上信越自動車道を利用し群馬県方面にいきました。その上信越自動車道で気になるのがグランドキャニオンを思わせる妙義山系の山々です。Dsc_3145

Dsc_3137 Dsc_3133

昨日はうっすらと雪化粧した山容を見ることが出来ましたが、帰りの今日は雪のため見ることが出来ませんでした。

2010年3月 7日 (日)

110カメラと初期のデジタル一眼レフカメラ

 カメラのお話ですが、ロッカーに眠っている古いカメラを2っ紹介します。1っは1970年~1970~1980年代に流行った110カメラでワンテンカメラといっていたカメラ。もう一つは12年ほど前のデジタル一眼レフカメラ。

Dsc_3113

110カメラ。レンズ付きフイルムカメラ「写るんです」以前のカメラで、110サイズというカセットフイルムを入れて撮るカメラ。ストロボを付けるアクセサリーシューや三脚穴、レリーズ取り付け穴などもついていて本格仕様になっています。110カメラは小型軽量で簡単ということで女性がカメラを持ち歩ける時代をつくりました。↑

Dsc_3114

110カメラのフイルム。サクラカラーの名前が懐かしいですね。↑

Dsc_3123

こちらはフイルム一眼レフのサブカメラとして12年ほど前に購入したオリンパスC-1400Lというカメラ。買った値段は覚えていませんが、当時の定価が128,000円ほどで画素数は141万画素程度しかありませんでした。スマートメデヤという媒体を使い最高画質で10枚程度しか写真が撮れませんでしたね。今や機能は10倍、値段は10分の1となっています。オリンパスのホームページには今も一眼レフ製品として紹介されています。↑

2010年3月 6日 (土)

春のきのこ

 この時期話題にもならないキノコですが、森の中を歩いてみると枯れ木などにカワラタケなど色々なキノコ見ることができます。特に雨に濡れたキノコは色もきれいで森の散策の楽しみにもなります。

Dscf0165

Dscf0168

Dscf0169

Dscf0170

専門書によれば、色や形の微妙な違いにより種類も違うようです 。

2010年3月 5日 (金)

祈年祭

 今日は地元神社の祈年祭が行われ、今年の五穀豊穣と地区の人たちの幸せが祈念されました。

Dscn0699

Dscn07001_2 Dscn07031

秋の新嘗祭と並ぶ例祭で、本祭は4月14日に行われます。 

2010年3月 4日 (木)

桜が開花しはじめました。

 町道わきに植えられていた桜の幼木。雨に打たれながらも淡いピンクの花をつけ始めていました。

Dsc_3260

早咲きのカンザクラと思われます。↑

Dsc_3268

カンザクラはオオシマザクラとカンザクラの交配種で、早い所では1月頃から花をつけ始めるそうです。伊豆の河津桜は同種とか。↑

2010年3月 3日 (水)

つくし三兄弟

 畑の土手に、暖かい陽ざしに誘われてあちこちに顔をだしていたツクシ。三本並んでいたのは兄弟でしょうか。

Dsc_3087

近くの梅の花は満開で紅白そろつていい香りを放っていました。↓

Dscf0186

Dscf0183_2 

2010年3月 2日 (火)

内裏様の条件

 明日は3月3日で桃の節句のひな祭り。 あちこちでひな人形が飾ってありますが、内裏様の顔をよく見ると、大抵が顔は面長で目は切れ長のつり目で凛々しい姿。丸顔でたれ目でにこやかなエビス顔の内裏様はないようです。

Dscn0684

町の竹屋資料館に飾られていた内裏様。口は小さく鼻高く、目はつり目で顔は面長。

Dscn0686

こちらは土雛で、内裏様は耳も大きくやはり面長。美男の条件なのでしょうか。

Dscn0670

つるし雛も飾られていました。

2010年3月 1日 (月)

田んぼの白い花たち

 暖かい日がつづき田んぼの畦にはハコベ、タネツケバナ、オオイヌノフグリなどの小さな花達が咲いていました。

Dsc_30801

白い小さなハコベの花。ご存じ春の七草の一つで、よくオオイヌノフグリと一緒に咲いていいます。↑

Dsc_30771

タネツケバナ。名前は種もみを水につけるころ咲くことからつけられたとか。↑

Dscf01531

こちらは花ではありませんが、頬が白いのでホオジロと名前が付けられた鳥。本では「一筆啓上つかまつり候」と鳴くと紹介されていますが、今日はピィチクピーと短くさかんに鳴いていました。↑

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »