« 春の陽ざし | トップページ | ブラシの木 »

2010年3月17日 (水)

中田島砂丘

今日は久しぶにウォーキングに参加しました。歩いたのは中田島砂丘と浜松ガーデンパークでまずは中田島砂丘の報告。Dsc_3244

Dsc_3247

中田島砂丘は鳥取、九十九里と並ぶ日本三大砂丘の一つで、夏にはアオウミガメの産卵も見られる砂丘。駐車場から200mほどですぐに砂丘に入ることが出来ますが、一部は砂の飛散防止の堆砂垣が施され一般的な砂丘のイメージとは少し違います。↑

Dsc_3288 

堆砂垣の少ない東側の砂丘。↑

Dsc_3284

こちらは海辺側の砂丘で、今日の強い風の影響か風紋がきれいに見えました。↑

Dsc_3281

何故か風紋の上に犬のミイラ化した死体を発見。サハラ砂漠に迷い込んだようなイメージ。明日はガーデンパークの花たちを紹介します。↑

« 春の陽ざし | トップページ | ブラシの木 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

 生物の死骸も砂浜では自然と風化してしまうので土葬、火葬は必要ないでしょうか?まるで砂漠の世界にいるみたいです。日本は北から南、様々な気候風土があって世界の縮図のような気がします。

強い太陽の光と強い風、常に移動する砂などの条件によってミイラ化したのですね。でも私自身は死んだら自分の惨め姿は残したくないので早く火葬か埋葬してほしいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春の陽ざし | トップページ | ブラシの木 »