« 110カメラと初期のデジタル一眼レフカメラ | トップページ | 小さな春さがし »

2010年3月 9日 (火)

気になる山塊

happy01 昨日今日と上信越自動車道を利用し群馬県方面にいきました。その上信越自動車道で気になるのがグランドキャニオンを思わせる妙義山系の山々です。Dsc_3145

Dsc_3137 Dsc_3133

昨日はうっすらと雪化粧した山容を見ることが出来ましたが、帰りの今日は雪のため見ることが出来ませんでした。

« 110カメラと初期のデジタル一眼レフカメラ | トップページ | 小さな春さがし »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

早春はまだ寒い日が続きます。セーター、ジャンパーがまだ手放せません。妙義山は見たことがありませんが、山梨、関東方面の山は特徴あるいびつな形をしていますね。バスの車窓から眺めてその異様な山容におどろいた記憶があります。

春本番になってきたなと思いましたが、また寒くなってしまいましたね。山々は、その生い立ちや地質の違いで姿が色々変わるのでしょうか。
不可能な思いですが、こんな変わった山の頂上に立って見たい気もしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 110カメラと初期のデジタル一眼レフカメラ | トップページ | 小さな春さがし »