« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

アワフキムシ

道端で時々草などについている泡のかたまり。今まであまり気にもしませんでしたが、この泡の中にアワフキムシの幼虫がいると、あるブログで知りました。畑の帰りに泡のかたまりを発見、さっそく中を調べてみたら、やっぱりいました2~3㎜ほどしかない小さな赤い虫。

Dscf0908

アワフキムシの泡。道端の雑草などによく見ます。

Dscf0910

泡の中にはこんな赤い虫がいました。アワフキムシ(シロオビアワフキムシ)の幼虫だそうです。

Dscf0925_2

成虫(シロオビアワフキムシ)はこんな感じで、セミやヨコバイの形に似ています。   

2010年5月29日 (土)

今日の庭の花

今日も家のまわりの花の紹介で恐縮ですが、裏庭で咲いているユキノシタなど。

Dsc_43291

毎年紹介していますが不思議な形をした花を咲かせるユキノシタ。今、石垣の間からいっぱい白い花を咲かせています。常緑で、雪の下でも緑の葉を覗かせるためユキノシタと名前がついたようです。葉は肉厚でテンプラなどにして食べられる山菜。↑

Dscn1329

こちらは庭木に絡みついていたスイカズラ。花が白から黄色に変わるため金銀花などともよばれます。花に甘い蜜があり、これを吸ったことからスイカズラとよばれるようになったとか。↑

Dscn1338

鮮やかなピンクの花をつけたヒルザキツキミソウ。帰化植物で待宵草の仲間ですが、昼間でも開花しているためヒルザキツキミソウと名前がつけられました。もちろん夜も開花していて2~3日は開いたままのようです。↑

2010年5月28日 (金)

ワスレナグサ

 我が家の裏庭花を咲かせている小さな花。ずーとワスレナグサと思っていましたが、図鑑で調べると、そっくりな花にエゾムラサキという花があり、そのエゾムラサキのようでようでもあります。

Dsc_5547

別名、ネズミの耳といわれるワスレナグサ。名前の由来は騎士とその恋人がドナウ川を散歩中、恋人が岸辺に小さな可愛い花を見つけ、騎士はその花を摘んで恋人にわたそうとしたところ、誤って川に落ち溺れてしまいました。その時、騎士がforget me notと恋人に叫んだことから、その時摘んだ花をワスレナグサと呼ぶようになったとか。↑

Dsc_5546

こちらはピンクのワスレナグサ。花びらが少し異なりエゾムラサキ(エドムラサキではありません)かも知れません。↑

2010年5月27日 (木)

カメとアマガエル

 田植えが終わり、今日は田んぼの水路で苗箱の洗浄をおこないましたが、そこで出会ったのはニホンアマガエルとニホンイシガメ。そしてイグサのイ。ニホンとつく、昔しから日本にいる固有種に会えて、なんだか子供の頃の田んぼの風景を思い浮かべました。

Dscn1324

洗浄した苗箱に登ってきたのはニホンアマガエル。特に雨の日にはクワッ、クワッと大きな声で鳴くようです。同じ緑色のカエルにシュレーゲルアオガエルがいますが、ニホンアマガエルには目の前後に斑紋があり、シュレーゲルアオガエルにはありません。↑

Dsc_4325

こちらは久しぶりに出会うことができたニホンイシガメ。付近の川からやってきたのでしょうか、水路の横の農道を歩いていました。↑

Dscn13231_4

水路に生えていたのは里山の植物の中で一番短い名前の「イ」。ちなみに畳表に使われるイグサは本種の栽培種だそうです。↑

2010年5月26日 (水)

ジャガイモの花

 春先に種芋を植えた、ジャガイモの花が咲き始めめました。今年はダンシャクにキタアカリそしてアンデスレッドの3種類を植えましたが、どれをどの畝に植えたのか忘れていまい、花の色形で確認しょうと思いましたが今ひとつわかりませんでした。

Dscn13201

こちらは見慣れた花のようですのでダンシャクかな?。

Dscn13222

こちらはキタアカリでしょうか。最近、多く作られるようになったようです。↑

Dscn1317

アンデスレッド。今年初めて作り始めた赤いジャガイモです。花も赤いのでよくわかります。↑

2010年5月25日 (火)

エコクラフト

 今年度も生涯学習講座の手作り・工芸を受講し、今日はエコクラフトに挑戦しました。Dscn1311

再生紙でできた紙ひもを利用してのかご作りで、なかなか手間と頭を使う作業でした。

Dscn1310

17人の受講生のうち男性は2名で、肩身の狭い思いをしていたので、途中から生涯学習指導の先生も加わっいただきました。

Dscn1313

なかなか細かい作業で、3時間ほどかかってこれだけ。

Dscn13161

出来上がり。といいたいところですが、これは講師の先生の作品。ほとんどの人がタイムアウトになり、家で作ることになりました。何時になるか解りませんが、私の作品が出来ましたらこのブログで公開しますね。

2010年5月24日 (月)

ノアザミ

初夏の雑草の中で、一番目に付きやすい花をつけるノアザミ。葉にトゲがあり嫌われますが、近くで見るとなかなか興味深い花です。

Dscn1233

Dscn1234

花だけアップすると海中のイソギンチャクかウニみたいに見えます。

2010年5月23日 (日)

いろいろ写真

 今日は花フェスタ記念公園で撮った写真の中から数点を紹介します。

Dscn1247

クレマチス。

Dsc_53741 

花壇のポピー。

Dsc_54922

倒れたバラ。

Dscn1272

こども達と花飾り。

Dsc_5388 

XC-2。これは少し異質ですが、花フェス記念公園の上空を飛んでいた飛行機。まだ試作1号機で試験飛行中ですが、岐阜県各務原で作られているいわゆる地元産。 

2010年5月22日 (土)

アオスジアゲハ

  まだこのブログで紹介していなかったアオスジアゲハ。飛翔中をねらいましたが、このアオスジアゲハ、後ろ羽根を半分ほど失っていましたが、元気に飛び回っていました。

Dsc_5594_2

Dsc_5614

白や紫の花を好み、公園や照葉樹林などでよく見られるチョウです。↑

Dsc_5626

チョウではありませんが昨日の一枚。ハナフェスタ記念公園の花の地球館の通路では、たくさんのツバメが巣があり子育て真っ最中でした。赤ちゃんの黄色いくちばしが印象的で、きっと母親から餌を確実にもらうための仕組みなんですね。↑

2010年5月21日 (金)

ヒマラヤの青いケシ

今日は真夏の陽気に誘われて、バラがみごろということで花フェスタ記念公園に。でも、バラより面白い花はないかと見つけたのがヒマラヤの青いケシ。

Dsc_55371

咲いていたのはメコノプシスベトニシキフォリアとメコノプシスグランディスの2種類だそうですが、これがどちらの花かはわかりません。↑

Dsc_5539

花びらを落とし始めた青いケシ。こちらはいっそう ブールーがきれい。↑

Dsc_55661

つぼみ。この青いケシ、毒の成分は持っていないとのこと。↑

2010年5月20日 (木)

ニワゼキショウ

 最近我が家の裏庭に勢力を拡大し、花をいっぱい咲かせているニワゼキショウ。アメリカ原産の帰化植物。

Dscn1228

朝に咲いて夕方にはしぼんでしまう1日花ですが、次から次ぎにと花を咲かせるため1日で終わる花とは思えない。

Dscn12292

最近見かけるようになった白い花のニワゼキショウ。

2010年5月17日 (月)

カワガラス

 一昨日、郡上八幡の清流よしだ川で見たカワガラス。初めて写真に撮りました。

Dsc_53351

山地の渓流にすみ、 水中にもぐって餌をとる。カラスより小型で留鳥。↑

Dsc_5336_2

カラスといっても真っ黒ではなく黒褐色で足も銀色。↑

Dsc_4262

郡上八幡の市内を流れる吉田川。豊富な湧水を集めて長良川に合流します。毎年夏には「新橋とびこみ」という橋の上から、仮装などして飛び込む行事が行われますが、川面から橋の欄干までは12メートルほどあります。2月に行われる鯉のぼりの寒ざらしも有名です。↑

2010年5月16日 (日)

ザゼンソウとエンコウソウ(リュウキンカ)など

 昨日の続きなりますがひるが野高原でミズバショウの他に咲いていた花を紹介します。

Dsc_5195

ミズバショウの間に花を咲かせていたザゼンソウ。大きな仏炎包の中に、こん棒状の花をも持ちますが、花はすでに終わりを告げ、大きな葉を伸ばし始めていました。花の姿が達磨大師の座禅姿に似ていることから。↑

Dsc_51891

エンコウソウ。山地の湿原に咲く花で、リュウキンカと同じ花ですが、花茎が横に伸びる変種。↑

Dscn1216

フッキソウ。山地の林内に生育し雄しべの下部に雌しべがつく。↑

Dsc_5202

おなじみカタクリの花。平地より一ヶ月遅れの開花のようです。↑

2010年5月15日 (土)

ひるがの高原と牧歌の里

 今日はサークルのひるがの高原周辺の撮影会。好天に恵まれ遠く白山の姿もくっきり見ることが出来ました。

Dsc_4190

スキー場のゲレンデには、まだミズバショウの白い花がいっぱい咲いていました。↑

Dsc_4201

「牧歌の里」のチュウリップ畑も満開。遠くに白山連峰もくっきりと見ることが出来ました。↑

Dsc_5239

白山のアップを追加します。↑

Dsc_4307

そして最後に寄ったのは盆踊りで有名な郡上八幡。写真は山の上にある八幡城で、天守閣からは郡上八幡の町並みも一望できます。↑

2010年5月14日 (金)

ヤブテマリ

 山では今、ヤマアジサイによく似たガマズミの仲間が白い花を咲かせています。今日の白い花はヤブテマリ。

Dscn12091

山の谷筋や川沿いなどの湿った多く、名前は藪の中に手毬(てまり)のように花を咲かせることからきたようです。↑

Dscn12111

特徴は両性花の回りに装飾花つきますが、その装飾花5裂する1つがとても小さいことです(○印)。↑

Dscn11991

こちらはクサイチゴの白い花。花が終わりすぐに赤い果実つけるためワセイチゴともよばれます。赤い果実は甘くて食べられるそうです。↑

2010年5月13日 (木)

タニウツギの花

 一昨日はツクバネウツギの白い花を紹介しましたが、同じ仲間のタニウツギもこの時期、ピンク色の花を咲かせています。

Dscn12081

Dscn12031

主に北海道西部から本州の日本海側に咲きます。よく似た花に白から紅色に変わるニシキウツギがありますが、こちらは本州の太平洋側に主に咲きます。この地域では両方見ることができるようです。↑

Dscn1215

も一つ今の時期、山すそにピンクの花を咲かせていたのはモチツツジ。名前は花柄や萼片に腺毛があり粘ることからのようです。↑

2010年5月11日 (火)

ツクバネウツギの白い花

 しとしと降る雨に気温が上がらず、まだしまわずにいた電気ストーブのスイッチ入れてしまった小寒い一日でした。そんな中、山すそに咲くツクバネウツギの花が満開をむかえていました。

Dscn1179_2

みごとなまでにたくさん花をつけたツクバネウツギ。↑ 

Dscn1180

白い花が散ると5個の萼片が、羽根つきの衝羽根に見えることからツクバネウツギとよばれます。↑

2010年5月10日 (月)

紫の花続編 桐の花など

 山の畑の近くに桐の木があり紫の花をつけていました。

Dscf0897

キリ。l今はあまり見られなくなった桐の木ですが、かっては高級箪笥(タンス)の材として畑の隅などに多く植えられていました。中国原産。↑

Dsc_3939

カキドオシ。ホトケノザによく似ますが、つる状にのびて垣根も通り越すことからカキドオシといわれるようになったそうです。↑

Dscf0870

トキワハゼ。畑の畦や道端に普通に見られ、果実が熟すとはぜることからトキワハゼとよばれるようです。↑

2010年5月 9日 (日)

今日の紫の花 

今の時期、紫色の花といえば昨日紹介した山に咲くフジの花ですが、今日は家のまわりに咲いていた紫色の花を紹介します。

009

マツバウンラン。最近、道ばたや空き地などで多く見られるようになった北アメリカ原産の帰化植物。名前は松葉のような葉をしていることからつけられたようです。薄紫の可愛い小さな花をつけ、ほっそりと立つ姿は帰化植物とは思えない優しい感じがします。↑

032

ヒメハギ。名前はハギの花に似ていることからですが、カンムリヅルの冠ようなシベが面白いですね。草木で薬効があるようです。↑

Dscf0806

ムラサキツユクサ。庭に咲き始めたムラサキツユクサの超アップです。雄しべの花毛が細胞一個一個連なってできていることが目で見で確認できます。↑

2010年5月 8日 (土)

山のフジが花盛り

 今の時期、山のフジの花が見頃をむかえていますが、山の木にフジが登って花を咲かせ、まるでクリスマスツリーのようになっている木もあります。

Dscn1138

最近は山に人が入らす、荒れてきている証拠でもあるようです。

2010年5月 6日 (木)

いび茶

 昨日の続きで、揖斐祭りに行ったついでに寄った揖斐の茶畑。歌の文句ではありませんが八十八夜も過ぎ、茶摘み作業が始まっていると思いましたが、今年は例年になく芽吹きが遅れ新茶の摘み取りはまだ先のようでした。

Dsc_4933

いび茶は、美濃いび茶として江戸時代から盛んに生産されるようになったと言われます。全国的にはあまり知られていませでしたが、サッカーのオシム元監督の苗字がイビチャだそうで、そのことが報道され少し知られるようになってきたとか。

Dsc_4921

訪れた茶園は昔の面影を残した畑が多数あり、幾何学的な直線ではなく、緩やかな曲線や丸い形の茶畑が多く存在していました。

Dsc_49281

訂正 このブログで紹介していますお茶畑は、「いび茶」より標高の高いところで生産される、高級ブランド「春日茶」の茶畑の風景です。訂正とおわびを申し上げます。
詳細についてはコメントをいただいていますのでそちらをお読みください。

2010年5月 5日 (水)

揖斐川祭り

今日は全日写連の揖斐川祭り撮影会。揖斐川祭りは、江戸時代より揖斐川町三輪神社で行われる例祭で、御輿の練り歩きや山車で子供歌舞伎などが行われます。

Dsc_4965

子供歌舞伎役者のお練りという行事。↑

Dsc_5126

こちらは御輿練り。

Dsc_5170

Dsc_5164_3

山車で演じられる子供歌舞伎。↑

   

2010年5月 4日 (火)

ギンリョウソウその後

 数日前に紹介したギンリョウソウが成長し、大きくなっていたので紹介します。

Dsc_4036

撮影位置を変え逆光で撮ってみました。透きとおった氷のオブジェか蝋細工のように見えました。

Dsc_4020

下からのぞくと紫色の雌しべと、黄色い雄しべを見ることが出来ます。

2010年5月 3日 (月)

世界一周の旅 リトルワールド

 高速道路の渋滞を懸念し、今日は孫娘を連れて近くの行楽地「リトルワールド」へ。好天に恵まれここも大勢の人たちで賑わっていました。

Dsc_4087

フランスアルザス地方の家近くの広場では中国雑伎のパホーマンスが行われていました。↑

Dsc_4138

ペルーの館では、フルクローレの演奏とアンデス地方の踊りが披露されていました。

Dsc_41581_2

有料ですがそれぞれの施設で、記念撮影などのため民族衣装が借りられ、女性の人気の的になっています。

Dsc_4125

お昼はナンとインドカレー。リトルワールドでは世界の色々な食べ物も味わうことができます。

Dsc_4113

色々な国のお土産も売っています。なんだかリトルワールドのPRになってしまいましたが、一日でちょっぴり世界一周旅行ができました。

   

2010年5月 2日 (日)

サクラの仲間?

 今日は「夏も近づく八十八夜」ということで、本格的な初夏の陽気になりましたね。山々も芽吹きから新緑へと一気に衣替えしていますが、そんな木々の中にウワズミザクラやマルバアオダモの白い花をみることができました。

Dscf0844

白いコップブラシのような花を咲かせているウワズミザクラ。この木はサクラの仲間で、小さなサクラの花が集まり穂状に付いているそうです。↑

Dsc_4913

マルバアオダモ。花はヒトツバタゴ(ナンジヤモンジヤ)にも似ています。↑

Dsc_49061

いまあちらこちらの公園に植えられた観賞用のフジが見頃をむかえていますが、こちらは山に咲くフジ(ノダフジ)。近畿以西にはヤマフジ(ノフジともよばれ花序が短く花は一斉に咲く)とよばれるフジも分布します。

2010年5月 1日 (土)

ウグイスもやってきた

 5月に入ったとたん爽やかな五月晴れ。野山は新緑に覆われて小鳥たちのさえずりも一段と賑やかになり、今日は多くのの野鳥たちに出会うことが出来ました。

Dscf08201

声はすれど姿を見ることが出来なかったウグイス。家の近くの木に飛んできて、今年初めてのウグイスの写真となりました。↑

Dscf0835

近くの工場の入り口近くにある桜の枯木に丸い穴を掘っていたコゲラ。上部にもすでに丸い穴を作っていました。巣を作るのかな?

Dscf08271

こちらはウグイスによく似ていましたが、嘴が黒く付け根が黄色なのでオオルリの雌と判明。やはり近くにオオルリの雄がいました。↑

Dscf0863

裏庭のしだれ桜の木には、先日紹介したイカルが集団でやってきました。このほかビンズイ、カワラヒワ、アカハラなども見ることが出来ました。↑

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »