« アヤメ、カキツバタ、ハナショウブ・・ | トップページ | 梅雨入りとアジサイ »

2010年6月16日 (水)

垂井宿、醒ヶ井宿ウォーキング

happy01 今日は月に一回開催されるウオーキングに参加し、中山道の垂井宿、醒ヶ井宿に行きました。

Dscn1476

垂井宿では中山道の面影を残す町並みと、近郊の神社仏閣などを散策。写真は南宮大社。↑

Dscn14831

醒ヶ井宿では、平成の名水100選になっている地蔵川沿いの街道を散策。地蔵川は周辺からの湧水でできた透明度の高い川で、梅花藻(バイカモ)が群生し白い花を咲かせていました。↑

Dscn1481_2

こちらはバイカモの花のアップ。

Dscn1502

ハリヨ。今や絶滅危惧種となっている貴重な淡水魚。身体にトゲを持つことからハリヨの名前が付けられました。↑

Dscn1504   

川岸にはザクロの木が植えられ、赤い花や赤い実をつけていました。↑

« アヤメ、カキツバタ、ハナショウブ・・ | トップページ | 梅雨入りとアジサイ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

美しいところですね!
さぞ充実したウォーキングだったろうなあと。うらやま(・∀・)

伊吹山周辺は湧水が豊富で自然が豊かですね。山があり豊かで良質な水が供給される日本は世界に誇れる一つと思います。

 地蔵川はハリヨが住めるほどですので水がさぞかし綺麗でしょうね。湧水は伊吹山からの伏流水でしょうか?垂井宿、醒ヶ井宿は数多くの史跡や神社仏閣があり、魅力がありますね。一度訪れてみたくなりました。日本にはまだまだ素晴らしい名所がたくさんありますね。

takeチャンさんコメントありがとうございます。
湧水は伊吹山からの伏流水と思われます。垂井宿、醒ヶ井宿とも中山道の宿ばで、同じ御嵩宿、伏見宿を持つ私達のにとっては親近感を覚えますね。醒ヶ井宿では、お店の人が「みたけの森ささゆり祭り」で行われた、そうめん流しをテレビで見たし、御嵩宿も知っていると言っておられ、向こうの方も宿場同士の親近感を持って見えるようです。
お話のように史跡も多く、機会があったぜひ行ってみてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アヤメ、カキツバタ、ハナショウブ・・ | トップページ | 梅雨入りとアジサイ »