« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

羽島の大賀ハス

 今日は全日写連の撮影会で羽島市竹鼻の七夕祭りの撮影会があり、途中によった大賀ハスの里。ピークは過ぎていたことと、今年は例年になく花つきが悪く開花していたのは数えるほどでした。

Dsc_6429

大賀ハスの花。 僅かに咲いていたハスの花をみんなで必死に撮りました。

Dsc_6423

ハスの葉の上の水滴。ハスやサトイモの葉の表面は、ビロードの細かい毛で覆われ、水をはじく構造になっているそうで、その仕組みは特殊な繊維の加工に応用されているそうです。

Dsc_6441

ハスの実。地下茎のレンコンを思い出させますね。お土産にハスの実の砂糖ずけをいただいたことがあります。

2010年7月30日 (金)

ダイコンソウ

 今、キツネノボタンのような黄色い花を咲かせているダイコンソウ。先に紹介した尾瀬にはミヤマタイコンソウが咲いていました。

Dscn18091

ダイコンソウ。名前は根生葉がダイコンの葉に似てることからつけられました。花の裏に隠れているはキリギリス?の幼虫でしょうか。

Dscf1428

花びらを落としたダイコンソウ。

Dsc_6138

こちらも花びらを落としていた尾瀬のミヤマダイコンソウ。このほか山地の林下にはオオダイコンソウの花が咲きます同じ仲間だけあって花びらを落とした姿もよくにています。

2010年7月28日 (水)

今日の犠牲者

 丸山ダム資材運搬道路(通称エコロード)は山真ん中を走っていることもあり、時々動物たちの横断する姿をみることがあります。しかし道路が良くなったことで車も量も多くなり、さらには通る車のスピード早くもなって、こうした動物たちが事故に遭う確率も高くなってきているようです。今日は野ウサギが交通事故による犠牲者となっていました。

Dscn18083

お尻と後ろ足部分を自動車に轢かれようで、後ろ足大腿骨部分が飛び出ていました。轢かれたあと数分間は生きていたかも知れませんが、ウサギにとって大切な後ろ足は致命傷だったようです。写真はリアリティを避けるためモノクロ化し、一部をソフトフォーカス化しました。

2010年7月27日 (火)

ヒメウラナミジャノメとウラギンシジミ

 連日の猛暑の中でも、元気に飛び回っている小さなチョウたちですが、裏庭でヒメウラジャノメとウラギンシジミにあいました。

Dscf1452

ヒメウラナミジャノメ。羽の裏面にさざ波のような模様と、蛇の目の斑がありウラナミジャノメより小型ということから名前が付けられました。小さいながらも朝から夕方まで元気に飛び回っています。

Dscf1377

ウラギンシジミ。シジミチョウの中で羽の裏面にまったく模様のないチョウ。羽を閉じているときはモンシロチョウと間違えることもあります。表面は雄は黒褐色、雌は灰色。

Dscn1806

近くにいたケムシ、この猛暑に冬の衣装姿で見るからに暑そうでした。マメドクガの幼虫のようです。

2010年7月26日 (月)

巨大イモムシ

 イモムシ、ケムシの嫌いな人には申し訳ありませんが、今日は孫をつれて野菜の収穫にいって見つけたのは、トマトの木にいた5~6cmほどもある巨大イモムシ。ススメガの幼虫にも見えますが、成虫の種類は不明です。大きさからいって大きなチョウになるのは間違いなさそうです。

Dscn1792_2

本来は緑色している身体が黄色く変化したものかも知れません。

追伸 上の幼虫の名前がわかりました。クロメンガタスズメという蛾の幼虫のようで、畑の野菜に着く害虫といわれます。

Dscn1803

今日収穫した野菜たち。

2010年7月25日 (日)

背泳の名手 マツモムシ

 このところカラカラ天気で、田んぼの水路の水が激減していましたが、そんな水路で背泳ぎで元気に泳いでいたマツモムシ。羽や腹部に空気をためていて背泳ぎも上手ですが、空を飛ぶこともできます。

Dscf14061

触ると刺すこともある小さいながらもどう猛。大きな後ろ足をオールのように漕ぎ素早く泳ぎます。

Dscn1786

同じ水路に立てられた竿の先にとまっていたたのはハラビロトンボ(雄)。若い個体は黄色で成熟すると黒くなり、さらに老熟すると白い粉を生じシオカラトンボに似てきますが腹部が扁平で区別できます。

2010年7月23日 (金)

イネに潜む虫たち

 田んぼではイネが成長し穂を出し(出穂)はじめ、イネに潜む虫たちも活動し始めした。

Dscf13971

穂を出し始めたイネの養分を吸汁しようとさっそく現れたのはヒメハリカメムシ。イネの品質を落とす害虫です。

Dscf1384

イネの葉に隠れ微動だにしないショウリョウバッタ。まだ若いため羽が伸びきらず擬態で身を守っています。

Dscf14001

イネに潜む虫たちがくるのを待ちづけているナガコガネグモ。若いため背中の縞模様がはっきりしていません。

Dscn17392

ドヨウオニグモ。コガネグモの仲間まで夏の土用の頃によく見られることからなまえがつけられました。見る角度によって人の顔のようにも見えました。

2010年7月22日 (木)

尾瀬にあった白川茶

 先日の尾瀬の旅の報告で漏らしていました画像を取り上げます。

Dscn1718

尾瀬での散策のおり、泊まったロッジで昼食用に用意していただいたおにぎりにお茶が付いていて、お茶には「奥美濃白川産」と書いてあり、思わず写真に撮ってしまいました。こちらから持参したわけでもなく 、この尾瀬まではるばる来て、地元の白川茶に会えるなんて感激しました。

Dsc_63271

尾瀬ヶ原では盛んにカッコウが鳴いていますが、カッコウはなかなか姿を見ることができない鳥です。ようやく見つけたのは梢の高い場所盛んに鳴いていたカッコウ。長い望遠レンズは持参していませんでしたが、どうにかカッコウの姿を確認できる写真を初めて撮ることが出来ました。

2010年7月20日 (火)

紙版画に挑戦

 今日は月一回の成人講座で紙版画に挑戦しました。最近は学校の美術でも取り入れられていますが、私達にとっては初めての挑戦で、手をインクで真っ黒にしながらそれぞれ思い思いの創作を楽しみました。

Dscn1748

まずは台紙にボール紙や段ボール、布、糸などを切り抜き、出来上がりのイメージを描きながら貼り付けていきます。

Dscn1749

手元にイメージする写真や絵など置いて貼り付けていくと作りやすい。毛糸を貼り付けたり、ボンドをタラし作画するのも方法です。

Dscn1750

版木ができたらインクをローラーなどで塗り、最後にバレンで写し取り仕上げますが、インクの量や、写し取るときの手かげんで、ずいぶん出来上がりが違ってきます。

Dscn17531

これは白川郷の合掌造りをイメージした私の作品ですが、版木から写し取ると、絵が左右逆になることを意識しなかったため、作りたかったイメージとは少し違った作品になりました。

2010年7月19日 (月)

尾瀬に咲く花 その4

 今日も猛暑日の暑い一日となり、夕方には燃えるような真っ赤な夕焼けとなりました。さて、尾瀬に咲く花の紹介ですが今日で最後とします。

Dsc_4576

今日の夕焼け。尾瀬の花は次の写真からとなります。

尾瀬に咲く花 その4

Dsc_6121

ツルコケモモ。高層湿原のミズゴケの中に自生し、秋には赤い実を付け食べられるそうです。

Dsc_6349

タテヤマリンドウ。ハルリンドウの変種で高山の湿地にみられます。

Dsc_6360

ヤマオダマキ。山地の湿った林内などに見られます。高山の岩場などではミヤマオダマキが見られます。

Dsc_6355

ヒメシャクナゲ。高山帯の酸性の湿地に見られますが、花は終わり果実を付けていました。

Dsc_6130

リュウキンカ。黄色い花は終わり、 顎だけになっていました。まだまだ他に花が終わったものこれから咲くもの色々見ることができました。湿原植物と高山植物が一度に見られる場所といってもいいようです。

   

2010年7月18日 (日)

尾瀬に咲く花 その3

 尾瀬に咲く花の紹介でパート3。

Dsc_6324_2

ミズチドリ。花は芳香を放ち、これから開花の最盛期をむかえようとしていました。名前は花がチドリソウににて湿原に生えることから。

Dsc_6275

オニノヤガラ。こちらも葉緑素を持たない腐生植物で、ナラタケの菌と共生関係にあるといわれます。茎は40㎝から100㎝にもなり、矢が地面に突き刺さったようにみえることから鬼の矢柄とよばれるようになりました。

Dsc_6270

ミツガシワ。寒冷地の湿地などに分布し、名前は葉が柏の葉にて3っの小葉からなるため。あちこちに群落していましたが、開花期を過ぎ花はほとんど終わっていました。

Dsc_6124

ヤナギトラノオ。名前の由来は葉がヤナギの葉に似て、また花穂が虎の尾に似ていることから。

Dsc_6116

カラマツソウ。名前は花がカラマツの葉に似ていることから。尾瀬ではふつうに見られます。

Dsc_6113 

コバイケイソウ。 花穂を構成する小花が梅の花に似ていることら。有毒なアルカロイド含みます。

2010年7月17日 (土)

尾瀬に咲く花 その2

 やっと梅雨があけたようですが、ここ数日の豪雨により、隣町の可児市や八百津町で災害が発生し、テレビで放送されたこともあり、我が家にも心配の電話やメールを数件いただきました。おかげさまで我が家周辺では被害もなく無事でしたが、今回の災害場所も時々車で通る場所で、あらためてこうした災害に、いつ自分が巻き込まれても不思議ではないと、背筋の寒くなる思いしました。今日も昨日にひきつづき尾瀬で見た花の紹介です。おつきあいくださいね。

Dsc_6146

ウラジロヨウラク。ベニサラサドウダンにも似ますが花は少し大きく、花弁の先が反り返ります。

Dsc_6152

ナガバノモウセンゴケ。花ではありませんがご存じ食虫植物で、尾瀬の湿原で群生をみることができます。場所によってはモウセンゴケも見ることができました。

Dsc_6167

オゼコウホネ。コウホネの一種で、北海道や本州ではこの尾瀬と月山のみに見られるそうです。

Dsc_6128

オオマルバノホロシ。最初はワルナスビかと思いましたが、中部以北の低山や湿地に生える湿原植物。ワルナスビでなくて良かった

Dsc_6095

キンコウカ。和名は金黄花で花が黄金のように輝くことから付けられたたようです。これから見頃をむかえるようです。

Dsc_6139

ショウキラン。ギンリョウソウなどと同じ葉緑素を持たない腐生植物で、深山の林下などに生育します。ピンぼけ写真でごめんなさい

2010年7月16日 (金)

尾瀬に咲く花 その1

  今回の尾瀬で出逢った花達を今日から紹介していきます。

Dsc_6273

まずは今回の主役ニッコウキスゲ。日光周辺に群生することからニッコウキスゲと名前が付けられたそうです。別名はゼンテイカ。

Dsc_6092

ワタスゲ。今回ワタスゲが最盛期という情報で期待しましたが,最盛期はすでに過ぎ雨に打たれてしょぼくれていました。

Dsc_6350

湿原のあちらこちらでたくさん咲いていたのはトキソウ。花の色が朱鷺に似ていることからトキソウとよばれますが、朱鷺と同じ運命をたどらないよう見守りたいですね。

Dsc_6099

サワラン。トキソウに似ますが色が少し濃い紅紫でつぼんだままであまり開かない花。雨の日は殆どつぼみのまま状態です。

Dsc_6078

花が終わってしまっていたチングルマ。白い花を咲かせ和名は稚児車から。

Dsc_6122_2

カキツバタ。地下茎が常時水につかる場所でないと育たないようです。

2010年7月15日 (木)

遙かなる尾瀬

 一度は行ってみたかった尾瀬ヶ原に行ってきたためブログをお休みしていましたが、その報告を兼ねて再開します。

Dsc_6082 

ツアーでの参加で、バスにゆられて尾瀬の西の入り口鳩待峠まで7時間。鳩待峠からは雨の中を歩いて宿泊先の山の鼻まで1時間。下りながらも雨と汗でビッショリになりました。山の鼻に着いてから時間もあり植物見本園を散策して尾瀬の植物を楽しみました。雨の日のためカラフルな合羽や傘が尾瀬の緑をいっそう引き立てていました。

Dsc_6164_2

翌日はいよいよ尾瀬ヶ原の散策。雨も時々小雨がぱらつく程度でしたし、木道が完全に整備され快適な湿原散策となりました。

Dsc_6214_2 

牛首とよばれる地点をこえたあたりから、満開になり始めたニッコウキスゲの群落を見ることができました。延々と続く木道は尾瀬の湿原の広さを実感させます。

Dsc_6311

湿原には大小様々な池があり水芭蕉の咲く頃は白一色となるようです。

Dsc_6233

所々に点在する白樺の木も湿原のアクセントになります。

2010年7月11日 (日)

ノカンゾウ

 ネジリバナが終わり田んぼの畦にはノカンゾウが花盛りをむかえています。

Dscn1691

毎年この時期に紹介するノカンゾウの花ですが、最近の雨の多さによるものか一段と鮮やかに咲き誇っていました。

Dscn1681_2 

ヤブカンゾウに似ますが、花弁が一重でこちらもノカンゾウ。前のノカンゾウと比べるとずいぶんイメージが異なります。

2010年7月 9日 (金)

昆虫パワー

 畑に行くと、私達が害虫と呼んでいる小さな昆虫たちのパワーに驚かされます。彼らは休むことなくせっせせっせと好みの野菜などを食べ、せっせせっせと子孫を残すことに専念しているようです。

Dscn1636

まずは今一番に目に付くのはウリハムシ。キュウリ、カボチャ、スイカなどのウリ類の葉を好んで、なぜか丸く円を描いて食べます。畑にウリ類がなくなると姿が見られなくなります。

Dscn1647

マメコガネ。ダイズや花壇の花などをたべますが、20世紀初めに日本からアメリカに渡り、農作物に大被害をあたえジャパニーズ・ビートルと恐れられた逆外来種。

2010年7月 8日 (木)

今日の訪問者

今日は久しぶりの雨の心配が要らない一日で、安心して畑や田んぼの農作業ができました。そんな中、出会ったキジとセグロセキレイでした。

Dscn1667

早朝にナスやキュウリの収穫がてら畑の草取りをしていたら、突然現れたのはキジのオス。普段なららケンケンといってすぐ飛び立っていくのですが、このオスは悠々と振り返りながら山の茂みに入っていきました。おかげでポケットのコンパクトカメラで撮すことができました。

Dscn1689

こちらは田んぼ畦で、草刈り作業を休んで腰を下ろしていたら、やってきたセグロセキレイのオス。まだ子育ての最中でしょうか、虫を口にくわえながらも、新たな虫を探しているようでした。

Dscn1677

こちらも田んぼの畦草にとまっていたハラビロトンボの若い雌。雄雌とも成熟すると雌は褐色、雄は黒く変化します。

2010年7月 7日 (水)

鎌倉・横浜旅最終

 今日は鎌倉横浜の旅の最終報告として横浜の3大観光スポットを紹介します。といっても写真は自分のイメージで選んで載せたものですのであしからず。

Dscf0998

まずは横浜の観光スポットの一つ、山手地区。外人墓地や西洋館・港の見える丘公園などがあり、一日かけてもすべてを回れないほどのようです。エキゾチックでカップルで散策するにもってこいの場所ですが、横浜開港と同時に、一番良い場所を西洋人に占領された場所というイメージがしました。写真は港の見える丘公園から、港やベブリッジを見るカップルたち。

Dscf10401

2番目は横浜といえば中華街で、食べるだけでなく見て歩いても楽しい場所。バイタリティがあふれ、地方のシャッター通りが同じ日本の中なのかと疑うほどです。写真は中国グッズを売る店ですが、中国で富の象徴といわれる豚に、金メッキが施された金豚が一番の人気とか。豚のイメージをしたパワーあふれる女性のマネキン人形と、パンダの面をかぶった男の子(旦那かも)のマネキン の取り合わせがとても気に入りました。

Dscf1111

3っ目のスポットはやっぱりみなとみらい地区の夜景。写真は国際橋からランドマークタワー方面を見た夜景で、大岡川河口に写るビルなどの明かりがとてもきれい。ちなみにこの地区も夜はカップルばかりが目立ちます。

Dscf1059_2 

最後は今回泊まった長い名前の横浜グランドインターコンチネンタルホテル。部屋からの横浜港が一望できました。

2010年7月 6日 (火)

鎌倉報告つづき

昨日のつづきで、今日は江ノ電沿いにある満福寺と長谷寺など紹介をします。

Dscf1119

満福寺は、源義経が平家を滅ぼしたのち鎌倉に入ろうとしたが、兄頼朝に拒絶されてました。その時、書状を書いて鎌倉入りを懇願しましたが受け入れられず、奥州に旅立ちました。その書状を書いた場所が、腰越にあるこの満福寺ということで、本堂の正面には弁慶が義経の指示のもと、書状の下書きをしている様子が透かし彫りされています。

Dscf11511

全国に長谷寺とよばれる寺はいくつもありますが、この寺には木造では日本一(9.18m) と呼ばれる十一面観音が本尊として祀られています。境内には40種類のアジサイが植えられ見頃を向かえていました。また、境内からは由比ヶ浜はもとより、遠く三浦半島や相模湾も見ることができます。

Dscf1168_2

長谷寺から歩いて5分ほどの所に、誰もが知っている高徳院清浄泉寺の大仏。俗に言われる鎌倉大仏があります。像の高さは12.38mで1252年に鋳造建立されました。当時は大仏殿に安置されていましたが、その後2度の台風により大仏殿は倒壊しその都度建て直されましたが、1498年の津波により流されてからは露座の大仏となり、現在に至っているそうです。

Dscf1173   

鎌倉と言えば大仏様と鶴岡八幡宮ですが、今、訪れる人々の関心を寄せているのが今年の3月10日に突然、根本から倒れてしまった大銀杏です。倒れた親木の一部をすぐ側にに移転し、再生が試みられています。倒れた大銀杏の根本に残った根からも、移された親木からも新しい芽が出て枝を伸ばしていました。

2010年7月 5日 (月)

ローカル列車 江ノ電に乗る

 昨日と今日、鎌倉と横浜に行ってきました。まずは江ノ島電鉄の腰越~鎌倉間を乗り、ローカル列車の旅を少しだけ味わいました。

Dscf11221

江ノ島電鉄、藤沢~江ノ島~鎌倉を結ぶローカル線で、創業は明治35年。写真は義経ゆかりの満福寺の参道を横切る江ノ電。

Dscf1132

潮風を受けな゛ら湘南の海岸を走ります。

Dscf1131

Dscf1127

列車はこうした狭い路地裏を走る感じで、地域の足として生活と直接結びついているようです。

   

 

2010年7月 2日 (金)

ネジバナ

今年も田んぼの畦に綺麗なネジバナの花がさいていました。

Dscn1640

毎年この時期にらせん状に花をつけるネジバナ。捻れる方向は一定ではなく、右巻きもあれば左巻きもあるようです。

Dscn1644

こちらはムクゲの葉にとまり、盛んに葉を食べていた毛虫。真っ赤な鼻が目立ちますが、どんな蝶になるのでしょうか。

2010年7月 1日 (木)

放置栽培

 このところ猛暑日で少々グロッキー気味ですが、畑の野菜たちは元気に果実をつけ始めています。農薬はもちろん雑草も取らない、無農薬栽培というよりは、放置栽培でといったほうが適した栽培ですが、雑草や病害虫に犯されながらも、たくましく育ってきてくれました。しかし、これからはイノシシ、タヌキ、アライグマ、ハクビシン、カラスなど有害鳥獣が食べ頃をねらっていて、これからは放置栽培とはいかず、目配りが必要になって来るようです。

Dscn16321

ナス。病害虫にやられ成長が遅れてしまいましたが、すこしづつ収穫できるようになりました。

Dscn16301

トマト。たくさん実をつけ熟すのを待つばかりですが、赤く熟すとカラスが食べます。カラスは赤い色の果物(野菜)が好物のようですね。

Dscn16341

キュウリ。甘くもなく保護色で目立たないため、大きくなってからはあまり被害に遭わない野菜。

Dscn1628

トウモロコシ。実が熟すと黄色い果実が見えるようになり、イノシシ、カラス、ハクビシンなどが好んで食べます。

Dscn1629

スイカ。外からではわからないが、熟すと甘い香りがするようで、カラス、イノシシ、アライグマ、ハクビシンなどが果実の熟すのを待っています。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »