« 背泳の名手 マツモムシ | トップページ | ヒメウラナミジャノメとウラギンシジミ »

2010年7月26日 (月)

巨大イモムシ

happy01 イモムシ、ケムシの嫌いな人には申し訳ありませんが、今日は孫をつれて野菜の収穫にいって見つけたのは、トマトの木にいた5~6cmほどもある巨大イモムシ。ススメガの幼虫にも見えますが、成虫の種類は不明です。大きさからいって大きなチョウになるのは間違いなさそうです。

Dscn1792_2

本来は緑色している身体が黄色く変化したものかも知れません。

追伸 上の幼虫の名前がわかりました。クロメンガタスズメという蛾の幼虫のようで、畑の野菜に着く害虫といわれます。

Dscn1803

今日収穫した野菜たち。

« 背泳の名手 マツモムシ | トップページ | ヒメウラナミジャノメとウラギンシジミ »

動物」カテゴリの記事

コメント

今日(水曜日)は少し風がありいつもよりは過ごしやすいですね。。トウモロコシなどの野菜の収穫はうらやましい限りですが・・・あの芋虫はいただけませんね・・・・見るからにグロテスク。うちも植木鉢にパセリを植えていますが うっかりしていると緑色したシマシマ芋虫に丸坊主にされます。
しかしあまりの気持ち悪さに叩けません。

大暑をすぎ連日の猛暑も少しずつやわらいできていますね。
パセリにつくイモムシは、キアゲハの幼虫のようですが、こうしたイモムシ、小さいうちは保護色でまったく気がつきませんが、食害がわかり気づいた頃には、すでに大きなイモムシになっていビックリすることがあります。
チョウによって食草が決まっているので、どんなチョウになるかおおむね解るそうですが、大切に育てた野菜は食べてほしくないですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 背泳の名手 マツモムシ | トップページ | ヒメウラナミジャノメとウラギンシジミ »