« 紙版画に挑戦 | トップページ | イネに潜む虫たち »

2010年7月22日 (木)

尾瀬にあった白川茶

happy01 先日の尾瀬の旅の報告で漏らしていました画像を取り上げます。

Dscn1718

尾瀬での散策のおり、泊まったロッジで昼食用に用意していただいたおにぎりにお茶が付いていて、お茶には「奥美濃白川産」と書いてあり、思わず写真に撮ってしまいました。こちらから持参したわけでもなく 、この尾瀬まではるばる来て、地元の白川茶に会えるなんて感激しました。

Dsc_63271

尾瀬ヶ原では盛んにカッコウが鳴いていますが、カッコウはなかなか姿を見ることができない鳥です。ようやく見つけたのは梢の高い場所盛んに鳴いていたカッコウ。長い望遠レンズは持参していませんでしたが、どうにかカッコウの姿を確認できる写真を初めて撮ることが出来ました。

« 紙版画に挑戦 | トップページ | イネに潜む虫たち »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

白川茶も全国区になりましたね( ^ω^ )

カッコウは、先日の妙高に行った時に鳴いていましたが姿までは確認できませんでした。

遠い旅先で地元産に出逢うととてもうれしいですね。宮崎に行ったとき八百津のお酒である「雪中寒梅」の看板が掛かっている飲み屋を見つけましたが、夜だったらきっとその飲み屋に入っていただろうと思いました。
深山や高原の朝はカッコウの鳴き声で目を覚ますほどなじみの鳥ですが、姿を見ることはなかなか難しいですね。私達の地域では今もウグイスが早朝に鳴いていますが、ウグイスも姿を見ることが難しい鳥です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 紙版画に挑戦 | トップページ | イネに潜む虫たち »