« 尾瀬にあった白川茶 | トップページ | 背泳の名手 マツモムシ »

2010年7月23日 (金)

イネに潜む虫たち

happy01 田んぼではイネが成長し穂を出し(出穂)はじめ、イネに潜む虫たちも活動し始めした。

Dscf13971

穂を出し始めたイネの養分を吸汁しようとさっそく現れたのはヒメハリカメムシ。イネの品質を落とす害虫です。

Dscf1384

イネの葉に隠れ微動だにしないショウリョウバッタ。まだ若いため羽が伸びきらず擬態で身を守っています。

Dscf14001

イネに潜む虫たちがくるのを待ちづけているナガコガネグモ。若いため背中の縞模様がはっきりしていません。

Dscn17392

ドヨウオニグモ。コガネグモの仲間まで夏の土用の頃によく見られることからなまえがつけられました。見る角度によって人の顔のようにも見えました。

« 尾瀬にあった白川茶 | トップページ | 背泳の名手 マツモムシ »

動物」カテゴリの記事

コメント

イネも穂を出す季節になりましたね。どこもイネが成長して真夏の光を充分浴びているようです。虫たちも活発になると収穫に影響しそうですね。来週は汗をかきながら田んぼを回れそうです。田を守ってもらえる農家の方に感謝です。

来週からは生産調整の現地確認ですね。熱中症に気おつけてくださいね。
今の状況ですと大きな台風など来なければ、今年もお米の豊作が期待できそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 尾瀬にあった白川茶 | トップページ | 背泳の名手 マツモムシ »