« ノカンゾウ | トップページ | 尾瀬に咲く花 その1 »

2010年7月15日 (木)

遙かなる尾瀬

happy01 一度は行ってみたかった尾瀬ヶ原に行ってきたためブログをお休みしていましたが、その報告を兼ねて再開します。

Dsc_6082 

ツアーでの参加で、バスにゆられて尾瀬の西の入り口鳩待峠まで7時間。鳩待峠からは雨の中を歩いて宿泊先の山の鼻まで1時間。下りながらも雨と汗でビッショリになりました。山の鼻に着いてから時間もあり植物見本園を散策して尾瀬の植物を楽しみました。雨の日のためカラフルな合羽や傘が尾瀬の緑をいっそう引き立てていました。

Dsc_6164_2

翌日はいよいよ尾瀬ヶ原の散策。雨も時々小雨がぱらつく程度でしたし、木道が完全に整備され快適な湿原散策となりました。

Dsc_6214_2 

牛首とよばれる地点をこえたあたりから、満開になり始めたニッコウキスゲの群落を見ることができました。延々と続く木道は尾瀬の湿原の広さを実感させます。

Dsc_6311

湿原には大小様々な池があり水芭蕉の咲く頃は白一色となるようです。

Dsc_6233

所々に点在する白樺の木も湿原のアクセントになります。

« ノカンゾウ | トップページ | 尾瀬に咲く花 その1 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

懐かしく思い出しました。写真もきれいに撮れましたね。やっぱり尾瀬は素晴しいところです。

コメントありがとうございます。添乗員の方はミズバショウの咲く頃と、秋の紅葉の季節も素晴らしいので、ツアーを組んだら参加してくださいと進められました。また機会があったら訪れたいと思いました。

尾瀬いいですね( ^ω^ )
湿原がとても良い感じです
一度行ってみたい場所の1つです。
この三連休は混んでいるのかなぁ?
昨日からこちら東京でもセミが鳴き始め、夏間近です。

やっと梅雨があけ夏本番になりましたね。
話には聞いていましたが、尾瀬は素晴らしいところですね。行ってみると再度訪れたくなります。
東京方面からは日帰りでも楽しめますが、休みの日は大変多くの人で混むそうです。添乗員さんの話では、やはりゆったり散策できる平日がお勧めとか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ノカンゾウ | トップページ | 尾瀬に咲く花 その1 »