« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

タカサゴユリ

 連日の暑さと雨の降らない日がつづき、カラカラに乾ききった道路の法面にも白い花を元気に咲かせているのはタカサゴユリ
タカサゴユリその名のとおり原産は台湾で、園芸用に輸入されたものが野生化したものだそうです。

Dscn20591

6月頃に咲くササユリなどと異なり、強靱な生命力でその数を増やしているようです。

Dscn2058

畑のそばの空き地にはいっぱい花をつけていました。

2010年8月30日 (月)

白いへんな虫

畑に行く途中に木の枝からぶら下がっていた白いへんな虫。ネットで調べていますが未だわかりません。知っている方があったらコメント下さいね。

Dscn2047

白いマントを被ったような虫。クモの糸ような物にぶら下がり風に揺れていました。

Dscn2045

お腹の方には何も生えていません。

Dscn2043

地上に降りた白い虫。つついたら葉っぱの裏に隠れました。でも葉っぱか小さすぎたようで、頭隠して尻隠さずでした。 

2010年8月29日 (日)

今日の訪問者

 連日の夜の暑さを和らげようと時々夜は網戸も開放します。そんなときの朝に昆虫などが部屋に入ってきていることがあります。今日はガとセミが入ってきていました。

Dscn2022

名前は調査中ですが羽の模様からトモエガの仲間でしょうか。レースのカーテンに留まっていました。

Dscn2038

こちらはツクツクボウシ。夜に部屋に入ってくることはほとんどありませんが、明け方に移動の途中で窓のカーテンにとまったようです。この後すぐに裏庭に飛んでいきました。

Dscf17901

こちらはウマオイでしょうか、部屋の中ではなく網戸にとまっていました。 

2010年8月27日 (金)

キンミズヒキ、ギンミスヒキ

我が家の裏庭にキンミズヒキとギンミズヒキが咲き始めました。名前はミズヒキですがキンミズヒキはバラ科でギンミズヒキはタデ科の植物です。

Dscn1919

キンミズヒキ。バラ科の植物で、葉は羽状で縁にぎざぎざがあります。

Dscf1781

ギンミズヒキ。道端にふつうに見られるミズヒキと同じタデ科の植物。ミズヒキは萼(ガク)が紅白なのに対して、ギンミズヒキは萼が白一色。花は2㎜程度の小さな花です。

2010年8月26日 (木)

ガラスコップ作り

 成人講座「手作り・工芸」の4回目は可児市の「わくわく体験館」で、吹きガラスによるコップ作りに挑戦。受講者は指導者の方から手取り足取りの指導で、全員コップらしきものを作ることができました。

Dscn1984

まずは奥の溶融炉から融けたガラスを取り出し丸く形を整えます。融けたカラスが床に落ちてしまわないよう微妙な速度で吹き棒を回転させます。

Dscn1985

形が整ったら息を吹き込みガラスを膨らませます。

Dscn19931

膨らませたガラスの尻に、もう一本吹き棒を取り付けたあと左側を切断し、左の吹き棒を取り外します。

Dscn1988

切断した切り口をコップの飲み口に加工するため、もう一度炉に入れガラスを柔らかくします。

Dscn1997

柔らかくなった切断面をコップの飲み口にするため形を整えていきます。

Dscn19991

ほぼできあがったコップ。この後お尻の部分を切断し、バーナーで切断面を整えて完成となります。作品はゆっくり冷やされますので当日の持ち帰りはできません。
このほか「わくわく体験館」ではトンボ玉つくり、ステンドグラスなど色々なガラス工芸の体験ができます。

2010年8月25日 (水)

クマバチとムクゲの花

 咲き始めたのを思い出せないほど長く咲いているムクゲの花。今日も早朝は多くのクマバチがやってきて、身体を花粉だらけにしながら花の蜜を吸っていました。最近少なくなってきているミツバチに変わって、受粉の手助け役として活躍しています。

Dscf17553

1/2500のシャッターでホバリング中のクマバチを撮りましたが、羽の動きを止めることができませんでした。つまり一秒に2500回以上の羽ばたきをしているということでしょうか。

Dscf1741

すでに先客があるにもかかわらず、同じ花に留まろうとするクマバチ。朝の時間帯はラッシュアワーといった感じです。

2010年8月24日 (火)

イノシシ出没

 近所の人からイノシシが、昨夜に我が家や、周辺の農家の田んぼに入ったようだという情報いただき、さっそく田んぼに出かけてみると、なるほどあちこちの田んぼに新しいイノシシの足跡でいっぱいでした。周囲をトタンや金網、電気柵などで囲ってありましたがこのありさまで、再度みんなで柵の点検と補強を行いました。

Dscn1966

刈り取りのため水を落とした田んぼにはこんなイノシシの足跡が。

Dscn1959

足跡の幅は5㎝ほどあり大きなイノシシのようです。

Dscn1964

これはイノシシが稲穂を食べた跡。モミを器用に歯ですりつぶし食べ、モミ殻だけを残していました。最近はイノシシも知恵を付け、通電をわすれていた電気柵、1メートル以下の柵、柵と柵のちょっとした隙間など、ガードの弱い部分から侵入してきています。

2010年8月23日 (月)

ミズオオバコの花

 相変わらず猛暑日の一日でしたが、黄色くいろずき始めた田んぼの脇の水路には綺麗なミズオオバコの花が咲いていました。

Dscf17631

水中で育つ沈水植物で、葉がオオハコの葉に似ていることから、ミズオオバコと名前がつけられました。かって沼田とよばれる湿田にはよく見られましたが、ほ場整備などでほとんど見られなくなり、一部の地域では準絶滅危惧種に指定されています。

Dscf1761

こちらはセスジイトトンボとのツーショット。

2010年8月22日 (日)

みたけスポーツ文化倶楽部

 御嵩町では生涯学習の推進にあたり、一人でも多くの町民の方が一スポーツ・一文化活動に参加しもらえるよう、来年2月より「みたけスポーツ・文化倶楽部」を立ち上げることにしています。そのPRの一環として今後行っていく予定の各種のスポーツ・文化教室の模擬教室を主にプレイベントが開催されスタッフの一員として参加しました。

Dscn1922

初めての墨絵として開催した水墨画の教室。黒一色の色と筆一本で、物の陰影や質感までを表す水墨画。やはり基本的な筆遣いをマスターすることが第一条件のようです。

Dscn1928

初めてのヒップポップダンスは子供や中高生に人気のあるコーナー。

Dscn1938

一番人気のそば打ち体験コーナー。できあがった「挽き立て、打ち立て、ゆでたて」のおいしい三だてそばは来場者にも試食していただきました。

Dscn1935

和太鼓体験コーナー。こちらも暑い野外での体験でしたが人気のコーナーで、来場者のストレス解消の場にもなったようです。このほかフラダンス、レッツ盆ダンス(盆踊り)、スポンジテニス、ヨガ、初めてのデジカメ等のコーナーなともあり大勢の来場者で賑わいました。これらは10月から後期教室として開催されますので、御嵩町にお住まいの方で興味のある方はB&G海洋センターまでお問い合わせ下さい。

2010年8月20日 (金)

神秘の森

一昨日の赤沢自然休養林の続きになりますが、森林内は根上の木だけでなく、長い年月を経て朽ち果てた木や、切り株などが不思議な形となり残っていて、森の神秘さをいっそう引き立てています。

Dsc_4632_2

大きな切り株は長い時間を経て朽ち果て、見ようによっては色々な動物が隠れているように見えます。

Dsc_4597

こちらは木皮がはがれた木のこぶ。人の顔かうずくまり泣き叫ぶ女性の姿か。あなたは何に見えますか。

Dsc_4628_2

槍ヶ岳のように切り立った山容にも見える切り株。

Dsc_46421

  こちらは朽ちた小さな木ですが鳥の頭と嘴のようにも見えます。

2010年8月18日 (水)

赤沢自然休養林

 今日はウォーキングで赤沢自然休養林へ。猛暑日の今日でも林内を進むほどにヒンヤリとした空気に包まれ快適なウォーキングを楽しみました。

Dsc_4608

遊歩道は木道やウッドチップなどで整備されとても歩きやくなっていました。

Dsc_4629

樹齢数百年の樹林の中は、薄暗くヒンヤリと涼しく別世界。

Dsc_4603

森林鉄道(現在は観光用)も走り、気軽に森林浴が楽しめます。

Dsc_4596

名前の由来となっている赤沢の渓流広場では子供達の元気なはしゃぎ声が。透明度も高く冷たい水で涼しそうでした。

Dsc_4622

こんな根上の株もあちこちに見られます。

2010年8月17日 (火)

ナツズイセン

 今日も猛暑日で軒先の寒暖計は38度をこえていました。昨日紹介したアサガオとは違いこの猛暑の日中でも元気に花を咲かせているのはナツズイセンです。

Dscn1917

ヒガンバナの仲間で、突然地面から茎を伸ばし花をつけるため驚きます。正式な花の名前はリコルス・スクアミゲラだそうです。

Dscn1914

近くの道路沿いにはイガグリがあちらこちらに落ちていました。海のウニみたいでずがトゲはまだ柔らかそうでした。

2010年8月16日 (月)

涼をよぶアサガオ

 今日も日中は真夏日でしたが、早朝はめっきり涼しくなり、おそばせに咲き始めた裏庭のアサガオがいちだんと鮮やかで涼をよんでいました。

Dscn1899

毎年種を落とし増え続け、庭木などを覆いつくすほどに成長してワインブルーの花をいっぱい咲かせています。

Dscn1895

こちらはアマガエル(ニホンアマガエル)。時どき木陰の物干しにやってきます。

2010年8月15日 (日)

ノンアルコールビール

 農作業で一汗かいて家に帰ると飲みたくなるのはやはりビールですが、飲んだ後は何もしたくなくなり、ぼーっとテレビを見るぐらいになって、ブログを書くのもめんどうになってしまいます。そこで最近飲み始めたのがビールスティタスのノンアルコール飲料。本物のビールとは味も飲み心地も少し違いますが、気分はビールを飲んでいる気分でなかなかのもの。おかげで夕食後にパソコンに向き合うこともできるようになりましたが、今度は床につく前に無性に本物のビールが飲みたくなり、結果どちらも飲まなければならない羽目になってしまいました。

Dscn1888

アルコールゼロ、カロリーゼロ、糖質ゼロで今や生産が追いつかないほどの売れ行きだそうです。

Dscn1890

私なりの感想としては見た目はビールそのものですが、少し甘みが強すぎることと、泡もすぐ消えてしまいます。この商品はビールの代わりの緊急避難的な飲み物で、最終的には発泡酒のようにビールにとって変わる飲み物ではないようです。つまりこのノンアルコールビールがバカ売れしたからといって、ビール等の消費が落ち込むことはないし、飲酒運転防止に役立ち、ビール会社にとっては一石二鳥の商品とみました。

Dscn18831

プルタブを開けた飲み口。猛暑はビール会社の笑いが止まらないといったイメージをこんな所にもみつけした。

2010年8月13日 (金)

すずなり

 山の畑に植えていたミカンの木が、今年はたくさん実を付けてすずなり状態でした。おそばせながら摘果しました。

Dsc_4583

昨年は3っ4っ程度でしたが、20個ぐらいは実がついていました。

Dsc_4587

みかんの葉の上にはアゲハチョウの幼虫が見られました。鳥の糞をまねて擬態しているそうです。 大きくなるまで観察することしました。

2010年8月11日 (水)

ヘチマのようなスクナカボチャ

 昨年近所の方からいただいたカボチャが美味しかったため、「おいしかった」と話をしたら今年は種をいただきました。春に種を蒔き、ウリハムシなどの害虫に食べられながらも大きくなり、収穫の時期を迎えました。

Dscn18491

スクナカボチャ。長細いヘチマかヒョウタンのような形をしたカボチャで、身は硬く、煮て食べるとホクホクして甘みも十分あり、今まで食べたカボチャの中ではいちばん美味しかったカボチャです。写真のスクナカボチャは、いずれも長さ50㎝、重さ3㎏ほどありました。

Dscn1870

ベニシジミ

Dscn18631

ヤマトシジミ。

Dscn1858

ヒョウモンチョウ。今日はつかの間の晴れ間? ということで、裏庭のマリーゴールドにはチョウ達が代わる代わるにやってきて花の蜜を吸っていました。 

2010年8月10日 (火)

イトトンボ

 一時水が落とされいた田んぼの水路に水が張り、イトトンボの仲間が見られるようになりました。

Dscf1476

セスジイトンボ。名前は背中に黒いスジがあることから。主に平地や山地の沼や川に生息しています。

Dscf1696

セスジイトトンボの未成熟。

2010年8月 9日 (月)

ブドウとブドウスズメ(ガ)

 またまたイモムシ、ケムシの紹介になりますが、我が家のブドウの木に今年もブドウが実り色づいてきましたが、ブドウの木をよくよく見ると大きなイモムシ、ケムシが葉の裏に隠れていました。

Dscn1828

ブドウの葉の裏に隠れていたlスズメガの一種、ブドウスズメの幼虫。

Dscn1831

上は同じブドウスズメの幼虫ですが、マユになる前の終令幼虫で、緑の葉の裏から枯れ葉や、自分が食べて茎だけになった枝に移動し、緑色だった幼虫が成虫と同じ茶褐色に身体の色を変えます。巧妙な擬態に驚くばかりです。

Dscn1833

こちらは同じブドウの葉にいた、擬態しないトビイロトラガの幼虫。この幼虫もブドウやヤブガラシ、ノブドウなどを食草とします。

2010年8月 7日 (土)

よってりゃあみたけ夏まつり

今年も「よってりゃあ(よってださい)みたけ夏まつり」が開催され大勢の人で賑わいました。

Dscf16301

盆踊り会場(駅前)のようす。

Dscf1603

イベント会場で行われたファィヤーパホーマンス。

Dscf1678

最後には恒例の打ち上げ花火。

2010年8月 6日 (金)

セスジスズメ

 畑のサトイモの若い葉が黒いイモムシに食べられ、無残な姿になっていました。セスジスズメの幼虫のようでした。

Dscn18231

葉の6割ほどを食べ尽くしていました。

Dscn1822

黒い身体に黄色い模様がとても目立ちます。派手な模様で鳥達を驚かしているようです。

Dscn1824

葉の下にいたセスジスズメの終齢虫。脱皮をするたびに身体の色や模様も変化しているようです。

2010年8月 5日 (木)

イノシシの被害

 今日早朝に近所の方から、「貴方の畑にイノシシのウリボウが入っているが、柵がしてあり出られないようである」との通報を受け、眠い目をこすりながら行ってみると、すでにイノシシは見当たりませんでしたか、春に植えたサツマイモが掘り起こされ、ほぼ全部食べられていました。

Dscn1819

まだ大きく育っていないのに掘り起こされ、蔓(つる)だけの状態になっていました。

Dscn1722

こちらは数日前に被害にあった隣の畑で、トウモロコシを食べられていました。

Dscn1825

周囲はこのように金網で囲っているのにどこから入ったんでしょうか、現在調査中です。最近はイノシシの個体数も増え、昼夜に関係なくイノシシを目撃することが多くなったようです。

2010年8月 4日 (水)

空と雲

 やはり少しずつ秋に向かっているようで、今日の空は青く澄んだ空と雲のコントラストがとても綺麗でした。

Dscn18181_2

わたぐも。朝に畑で見た積雲。晴れた午前中によく見られる雲で、地上の冷えた湿った空気が太陽の熱で上昇しこうした雲を作るそうです。

Dscf1469

にゅうどうぐも。午後さらに気温が上がり、いっそう湿った空気が上昇するようになり、小さな積雲がもくもくと大きくなり雄大積雲(入道雲)に変化し、さらに発達すると積乱雲(かみなりぐも)となります。午後に田んぼから撮りました。

Dscf1537

Dscf1533

雨が少なく畑に水を散水がされていましたが、水の飛翔が面白く紹介します。上は低速、下は高速シャッターで撮ったものです。

2010年8月 3日 (火)

夏のキノコ

このところは猛暑が続くとはいえ、最高気温を更新することはなく、すこしずつ秋に近づいていることを実感します。雑木林の中でも少しずつキノコが顔をのぞかせているようです。

Dscn1811

Dscn1810_4 チチタケ。名前は傷をつけると乳のような白い汁を出すことから。もっともこのキノコは夏の盛りから姿を現すようで、秋のキノコとはいえませんが、こうしたキノコを見つけると秋の訪れを感じてしまいます。食べられるキノコだそうです。

Dsc_6435

サルスベリ。ピークは過ぎたようですが、夏の花のサルスベリが綺麗です。最近は白や黄色の花も見かけるようになりした。

2010年8月 2日 (月)

ジャンボタニシの卵

 またまた一昨日続きですが、大賀ハスの幹にピンク色卵がたくさん着いているのをあちこちで見かけ、地元の人に聞いたらジャンボタニシの卵ということでした。

Dsc_6549

初めて見る数の子にも似たピンクの卵 。ジャンボタニシはスクミリンゴガイといわれ、タニシ科ではなくリンゴガイ科でタニシとは縁もゆかりもないとか。食用のため持ち込まれのがいつの間にか増え続けいるようです。水中の若い芽など食べるため、除草剤を用いない有機農法に利用されることもあるようですが、湛水直播水田などでは、若いイネの芽などを食べるため被害が出ることもあるそうです。

2010年8月 1日 (日)

美濃竹鼻七夕まつり

 昨日の続きになりますが、初めて訪れた竹鼻の七夕まつり、町並みの1kmほどが七夕飾りで埋め尽くされていました。

Dsc_6456

色とりどりの七夕飾。かって織物の町ちとして栄えことで、戦後まもなくより始まったといわれます。夜は明かりが入り、又浴衣ラリーなども行われ一層賑やかになるそうです。

Dsc_6524

竹鼻は歴史的な建造物や町並みもあり、町ごと博物館(エコミュージアム)としても取りくんでいますし、春の竹鼻祭りや藤まつり、秋のなまずまつりなどイベントにも取り組んでいます。

Dscn1812_3

町を流れる清流逆川にはナマズが生息していることから、マナズがキャラクターとなっていて10月にはナマズ祭りも行われます。写真は七夕まつりのポスター。 

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »