« 夏のキノコ | トップページ | イノシシの被害 »

2010年8月 4日 (水)

空と雲

happy01 やはり少しずつ秋に向かっているようで、今日の空は青く澄んだ空と雲のコントラストがとても綺麗でした。

Dscn18181_2

わたぐも。朝に畑で見た積雲。晴れた午前中によく見られる雲で、地上の冷えた湿った空気が太陽の熱で上昇しこうした雲を作るそうです。

Dscf1469

にゅうどうぐも。午後さらに気温が上がり、いっそう湿った空気が上昇するようになり、小さな積雲がもくもくと大きくなり雄大積雲(入道雲)に変化し、さらに発達すると積乱雲(かみなりぐも)となります。午後に田んぼから撮りました。

Dscf1537

Dscf1533

雨が少なく畑に水を散水がされていましたが、水の飛翔が面白く紹介します。上は低速、下は高速シャッターで撮ったものです。

« 夏のキノコ | トップページ | イノシシの被害 »

自然」カテゴリの記事

コメント

カレンダーを見ていて明後日は立秋!。言われてみれば雲の動きが何となく秋らしく、でも先日お友達から頂いた暑中見舞いには 酷暑お見舞いと傍点が打ってありました。 暑いですね・・もう残暑見舞いになるはずが。。。。

暑いですね。この地域では雲が多く猛暑日にはならなかったようですが、福井などでは38度以上の観測史上初めてを記録したとか。酷暑見舞いとは良いアイデアでしたね。私も暑中見舞いが遅れ、7月の終わりに残暑見舞いを出しましたが、気分的にはすっきりしませんでした。
でも立秋を過ぎればどんなに暑くても、やはり残暑見舞いでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏のキノコ | トップページ | イノシシの被害 »