« 美濃竹鼻七夕まつり | トップページ | 夏のキノコ »

2010年8月 2日 (月)

ジャンボタニシの卵

 またまた一昨日続きですが、大賀ハスの幹にピンク色卵がたくさん着いているのをあちこちで見かけ、地元の人に聞いたらジャンボタニシの卵ということでした。

Dsc_6549

初めて見る数の子にも似たピンクの卵 。ジャンボタニシはスクミリンゴガイといわれ、タニシ科ではなくリンゴガイ科でタニシとは縁もゆかりもないとか。食用のため持ち込まれのがいつの間にか増え続けいるようです。水中の若い芽など食べるため、除草剤を用いない有機農法に利用されることもあるようですが、湛水直播水田などでは、若いイネの芽などを食べるため被害が出ることもあるそうです。

« 美濃竹鼻七夕まつり | トップページ | 夏のキノコ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 美濃竹鼻七夕まつり | トップページ | 夏のキノコ »