« ジャンボタニシの卵 | トップページ | 空と雲 »

2010年8月 3日 (火)

夏のキノコ

happy01 このところは猛暑が続くとはいえ、最高気温を更新することはなく、すこしずつ秋に近づいていることを実感します。雑木林の中でも少しずつキノコが顔をのぞかせているようです。

Dscn1811

Dscn1810_4 チチタケ。名前は傷をつけると乳のような白い汁を出すことから。もっともこのキノコは夏の盛りから姿を現すようで、秋のキノコとはいえませんが、こうしたキノコを見つけると秋の訪れを感じてしまいます。食べられるキノコだそうです。

Dsc_6435

サルスベリ。ピークは過ぎたようですが、夏の花のサルスベリが綺麗です。最近は白や黄色の花も見かけるようになりした。

« ジャンボタニシの卵 | トップページ | 空と雲 »

自然」カテゴリの記事

コメント

 サルスベリの花は今の時期を代表する花でしょうか。道路を走っているとよく見かけ、目立ちます。昨日から猛暑が和らいできましたが、下界はまだまだ暑さが厳しいです。okuyaさんの方は山の日陰に入れば涼しいでしょうね。沢があれば水浴びもできますね。

日中の暑さは相変わらずですが、朝夕は涼しくなりましたね。今日、田んぼに行ったらアキアカネがたくさん飛んでいました。少しずつ秋めいてきました。
近くの川は水量も少なく、水浴びもできませんが、川辺の日陰に入ると涼しくなりますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジャンボタニシの卵 | トップページ | 空と雲 »