« 羽島の大賀ハス | トップページ | ジャンボタニシの卵 »

2010年8月 1日 (日)

美濃竹鼻七夕まつり

happy01 昨日の続きになりますが、初めて訪れた竹鼻の七夕まつり、町並みの1kmほどが七夕飾りで埋め尽くされていました。

Dsc_6456

色とりどりの七夕飾。かって織物の町ちとして栄えことで、戦後まもなくより始まったといわれます。夜は明かりが入り、又浴衣ラリーなども行われ一層賑やかになるそうです。

Dsc_6524

竹鼻は歴史的な建造物や町並みもあり、町ごと博物館(エコミュージアム)としても取りくんでいますし、春の竹鼻祭りや藤まつり、秋のなまずまつりなどイベントにも取り組んでいます。

Dscn1812_3

町を流れる清流逆川にはナマズが生息していることから、マナズがキャラクターとなっていて10月にはナマズ祭りも行われます。写真は七夕まつりのポスター。 

« 羽島の大賀ハス | トップページ | ジャンボタニシの卵 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

昔ながらの街並みはいいものです。
2階のエアコンの室外機がちょっと雰囲気にあわないのが残念ですね。

室外機はいただけませんね。せっかくの古民家ですので何とか配慮ができなかったのでしょうか。
御嵩駅前通の家々も表に面した部分を少しずつ宿場に似合う改修がされつつあるようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 羽島の大賀ハス | トップページ | ジャンボタニシの卵 »