« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月30日 (木)

ゴマダラカミキリ

雨あがりの畑にいたコマダラカミキリ。黒地に白い水玉模様のおしゃれなカミキリムシ。

Dscn2222

成虫はミカンやモモの果樹などに住みつき葉や樹皮を食べ、幼虫は木の中に入り材を食べる害虫として有名です。強靱なあごを持っていますのでかまれないように注意が必要。

Dscn2216

ミョウガの花。このところの雨で裏庭のミョウガが花をつけはじめました。地下茎から出てくるためあまり目にすることのない花ですね。

2010年9月29日 (水)

ソバ畑

今の時期ソバの花があちこちで見頃をむかえているようですが、中津川市坂下の椛ノ湖近くのソバ畑でもソバの花が見頃をむかえていました。

Dscf2018

平日にもかかわらずカメラマンや観光客がきていました。

Dscf1993

ソバ畑の中にもヒガンバナが咲いていて、白と赤とのコントラストが綺麗。

Dscf1997

ツマグロヒョウモンも花いっぱいで楽しそう。

2010年9月28日 (火)

ルツボではなくツルボ

 野草の名前をいったん誤って覚えてしまうとなかなか修正がききませんが、ツルボもそういった野草の一つで、今もって口に出るのはルツボです。

Dscf2132

ツルボ。スルボともよばれ、ヒガンバナの咲く頃に畑の畦などに、淡紫色の小花からなる穂状の花を咲かせます。ヒガンバナ同様に葉が出るより先に花を咲かせます。

Dscf1955

ツチイナゴの幼虫。成虫は土のような色をした大型のバッタで、草の茂みなどで越冬し、翌年の春に活動します。ニンジンの葉にとまっていました。

2010年9月26日 (日)

きつねの嫁入り

 昨日の夜はカメラ仲間と飛騨古川で行われた「きつね火まつり」の撮影に行ってきました。メインは飛騨古川に残る民話のきつねの嫁入りの再現で、夜のとばりとともに町中が幻想的なきつねの里ととなりました。

Dsc_7649

まつりのムードを盛り上げるため、希望者には無料できつねメークを行うことができます。

Dsc_7679_2

日が暮れると嫁入り行列が町中を練り歩きます。新郎新婦は結婚を前にした公募で選ばれたカップル。

Dscf2098

Dsc_7777

嫁入りの行列は総勢は50人ほど。

Dscf2080

商店街の店先はこうしたきつねの置物などで飾り付けられ、ムードを引き立てていました。

Dsc_7753

街の行列が終わと特設ステージで結婚の儀が行われます。
写真は結婚の儀で三三九度の盃を受ける花嫁。

Dsc_7901

結婚の儀で披露される祝いの舞の一つ「蛇闘楽」。祝いの宴が終わると祭りは終了。

2010年9月24日 (金)

キアゲハの幼虫

 暑さと日照りで育たなかった畑のニンジンが、ようやく精気を取り戻し育ちはめましたが、またまた新たな災難に遭遇していました。今度はあちらこちらにキアゲハの幼虫が住みついていて、大切な葉を食べられていました。

Dscf1952

鳥の糞にも似たキアゲハの幼虫。ケムシのように毛があります。

Dscf1954

少し大きくなった幼虫で毛が無くなっていました。

Dscf1958

大きな幼虫。ここまでくると食べる量もおおくなり、ニンジンにとってダメージか大きくなります。

Dscf19511

つまんで捨てようとしたら黄色い角をだしました。

 

2010年9月23日 (木)

間に合いましたヒガンバナ

    猛暑の影響かヒガンバナの開花が遅れていて、秋のお彼岸に花を見ることができないかも知れないと思っていましたが、近くの田んぼの土手のヒガンバナは秋のお彼岸に開花を間に合わせたようです。

Dscn2189

強い雨に打たれ倒れかけたものもありましたが、蕾もたくさんありこれからが見頃のようです。

Dscn2190_2

Dscf1978

別名はサンスクリット語のマンジュシャゲ(曼珠沙華)。

Dscn2204_4

今日の強い雨で最後の実が落ちてしまったニガウリ(ゴーヤ)。こちらは夏の終わりを告げていました。少し派手な格好は鳥達をよぶためでしょうか。

2010年9月22日 (水)

ヘブンスそのはらと富士見台高原

 今日は富士見台高原のウォーキングに参加し初秋の高原をたのしみました。

Dsc_46832

Dsc_4686

ロープウエイとリフト乗り継ぎまずは展望台に到着。

Dsc_4680

展望台から富士見台高原(1,739m)までは徒歩。この後、山頂付近は深い霧に覆われ萬岳小屋でUターン。

Dsc_4693

途中いわなのの森などを散策。

Dsc_4698

途中で見つけキノコ。毒キノコのオオワライタケでしょうか。

Dsc_47051

足が棒になったため、帰りは利用できる乗り物はすべて利用し帰宅。

2010年9月21日 (火)

きのこの山づくり

 今月の手作り講座は季節にちなんで「きのこの山」づくり。

Dscn2168

まずはキノコ作り。山に生えるシメジをイメージして作りますが、ミニチュアサイズですので老眼の受講生達にとっては大変な作業でした。キノコの材料は小麦粉のようです。

Dscn2173

キノコを作った後は、キノコが生える山づくり。小鉢に粘土をつめこみ、岩の模型を固定します。

Dscn2174

粘土の表面は紙粘土の土で表面を覆い、先ほど作ったキノコを刺していきます。

Dscn21761

地面にミズゴケを配置した後、キノコの頭に色を塗ってほぼ完成。この後、キノコの形ちやミズゴケを整えます。ということで一足早くきのこの狩りができそうな雰囲気になりました。

2010年9月19日 (日)

参勤交代ミニ版

 隣まちの可児市の「木曾義仲をNHK大河ドラマに誘致する会」のメンバーの方々による平成の参勤交代として、昨日から12月22日まで中山道を歩きPRする催し行われています。今日は御嵩宿に立ち寄られ、旅の安全を願興寺で祈願されたあと、宿場町道りを歩き、参勤交代の行列を再現されました。

Dsc_74661

願興寺で安全祈願終了後、行列の再現に向かわれるメンバーの方たち。

Dsc_74781

古い町並みの残る宿場通りで参勤交代の時代絵巻が再現されました。
参勤交代をされる殿さまは、木曾義仲の子孫でもあり、旗本でありながら美濃国の代官として、江戸時代後期に近くの久々利の里に居住されいた千村平右エ門といわれる殿さまだそうです。

2010年9月18日 (土)

小学校運動会

秋を迎えてこの時期あちこち小中学校などでは運動会や体育祭が行われ始めていますが、ここ地元の上之郷小学校でも今日は運動会が開催されました。全児童生徒90人ほどの小規模校ですが子供達全員が真剣に取り組む姿に頼もしささえ感じた運動会でした。

Dscn21571

運動会といえば選手リレーですが、スタート前の緊張感が見ている私達にも伝わってきました。

Dscn2151

高学年による組み立体操。崩れないかとはらはらしながらも、きびきびした演技にさすが高学年生だと感心しました。

Dscn21561

応援合戦。町中に聞こえるほどのおおきな声での応援でした。

2010年9月17日 (金)

秋の夕暮れ

このところ朝夕涼しくなり秋の訪れを実感するようになりましたが、特に今日の夕暮れは雲があかね色に染まりとても綺麗でした。

Dscn2132

Dscn2130

上の写真2点とも我が家の畑から見た今日の夕焼け。見とれて家に帰るのが遅れてしまいました。中央上部の白い点は月です。

Dscn2122

話は変わって、上の写真は観察を続けているミカンの木にいるアゲハチョウの幼虫。前回紹介した鳥の糞にも似た幼虫がこんなに大きくなっていました。保護色のためなかなか見つけるのが困難でした。

2010年9月16日 (木)

みたけフォトサークルの例会

 今日はみたけフォトサークルの例会があり参加しました。例会は会員がA4又は四ッ切程度の作品を持ちより、講師の方の指導を受けると共にコンテストを行う形式です。

Dscn21121

講師による作品の指導。作品一枚一枚の丁寧な指導を行っていただいています。

Dscn21142

さらに作品の中から講師に良い作品を選んでいただき再度講評をいただきます。年々レベルが向上し見ごたえのある作品が多くなりました。

会員募集について
みたけフォトサークルでは常時会員を募集しています。月一回の例会のほか各種の展示発表と日帰り撮影会や宿泊撮影会も行っていますので、写真に興味のある方はぜひ参加してください。特に初心者、女性の方の参加を歓迎しています。
お問い合わせはokuya19s@nifty.com まで。

2010年9月15日 (水)

白い花 たち

今、裏庭に咲いている白い花たちを紹介します。

Dscf1912

フウセンカズラの白い花。3㎜程度の小さな花。名前はつる性で紙風船にも似た実をつけることから。

Dscf1888

ニラの白い花。ご存じ中華料理などに使われる野菜。

Dscf1914

マメアサガオの白い花。ヒルガオ科で、名前は小さなアサガオという意味のようです。

Dscf1918

コスモスの白い花。

2010年9月14日 (火)

北斗七星と国際宇宙ステーション

 まだまだ日中は残暑が厳しいですが、陽か落ちると途端に涼しくなって、秋の気配が色濃くなり、空も澄んで、夕空や夜空を見るのに最適の時期となりました。
今日も国際宇宙ステーション(ISS)が上空を通過するということでカメラでねらってみました。

Dscf1905_2

午後6時50分頃に北北西に現れたISSは、ちょうど沈みかけた北斗七星を横切って、ほぼ頭上の空を通過していきました。中央の光跡がISSで、左上は飛行機の光跡です。
※画像をクリックすることで、画像を大きく見ることができます。

Dscf1907

こちは東南東に遠ざかっていくISS。太陽の光を反射しているため、太陽と反対方向に進むISSは遠ざかるほどに光度が増ていくようでした。

 

2010年9月13日 (月)

ヒメクロイラガ

 寒冷前線通過後は少し涼しくなったようですね。今年は長い猛暑の影響か裏庭の柿木が実がたくさん落ちてしまいましたが、さらに今日の強い雨で葉が落ち、今や通常の3分の1程度になってしまいました。そんな僅かに残る葉にはイラガの幼虫があちらこちらにいました。

Dscn2109

ヒメクロイラガ。イラガの仲間も数種類ありますが、いずれの幼虫も毒毛を持ち、刺されると数日間は痛いので注意が必要です。

2010年9月12日 (日)

店先デコレーション

志摩の撮影会の往路で、時間調整のため立ち寄った伊勢のおかげ横町界隈。猛暑にもかかわらず大勢の観光客で賑わっていました。まだ往路のため、みやげ物を買う気にもならず、カメラ片手に色々なお店を散策。今日はそんなお店の店先のデコレーションの紹介です。

Dsc_6631

こちらは伊勢の名物でおなじみの福餅のお店の前に立つ人形。木彫でお店の歴史を物語っています。

Dsc_6632_2

人形屋のなまねきねこ。ぬいぐるみで作られていますが、身丈ほどある大きさ。雨の日はお店のどこにしまうのでしょうか。

Dsc_6677

こちらは売り物かも知れませんが、干もの屋の店先には、宇宙人の干ものみたいなものがぶら下がっていました。奥にはマンボウやマンタの干ものもありました。

Dsc_6667

通りの奥まったところにあったフルーツラボの店先。昔の井戸とホンプをそのままデコレート。

2010年9月11日 (土)

志摩の撮影会

 昨日と今日は恒例の全日写連「志摩の撮影会」に行ってきました。この撮影会は主に海女さんをモデルとした撮影会で、相変わらずの暑い中にもかかわらず、多くの会員が集まり盛会でした。

Dsc_6734

夕暮れの海をバックに海女さんを撮る会員。y

Dsc_6772

海女さんをシルエットに夕陽を撮った一枚。

Dscn20861

ディゴの花でしょうか、撮影会場の近くの広場に咲いていた花。

2010年9月 9日 (木)

ホウジャク

 台風一過で涼しくなると思いましたが、今日も日中は真夏の暑さでした。しかし、朝夕は涼しくなりやはり秋の気配。そんな早朝と夕暮れ時にきまってやってくるのはホウジャクです。

Dscf18761

Dscf18701

今も花を咲かせているムクゲの花にやってきたホウジャク。羽音をたててホバリングしながら蜜を吸います。

Dscf1869

こちらは飛んでいるホウジャク。長い口は回る丸めて飛びます。

2010年9月 8日 (水)

今日はメジロかやってきた。

台風9号は敦賀に上陸し南東に進み、私達の地域を通過して熱帯低気圧に変わったようですが、なぜ逆走ともいえる台風進路に疑問を抱いていたら、ニュースで台風は北アルプスなど高い山を避けて進むためと説明していました。台風といえども高い山を越えるのは苦手なようですね。ということは、沖縄の南あたりに3,000メートルを超える山が連なった島があったとしたら、もう少し日本本土に来る台風の数も減るということでしょうか。

Dscf1850

Dscf1848

昨日紹介した庭の柿の木に、台風が過ぎ去って雨がやんだらすぐにやってきたのは、2羽のメジロですが、夫婦なのでしょうか仲良く熟した柿の実をつついていました。しかしこの後はやはり、数羽ヒヨドリがやってきたため、つかの間のデートで終ったようです。

2010年9月 7日 (火)

早朝のヒヨドリ

 またまたヒヨドリの話になりますが、このところ庭の柿の実が虫に食べられ、いわゆる虫いろみ状態で、その実をめあてに早朝よりヒヨドリ達が代わる代わる訪れいます。

Dscf18201

しかし、このところめっきり涼しくなって朝の睡眠が楽しめるようになったのに、ピーピーと騒がしいヒヨドリ達に当惑しています。

Dscf1823

窓を開けて顔を出すと 隣の林に逃げていきますが、ヒヨドリはスズメのような羽ばたきはせず一回の羽ばたきで数メートルとび、その飛び方は水泳のバタフライを連想させます。

お知らせ
今日から竹屋資料館で「御嵩の風景」と題して竹屋資料館で「みたけフォトサークル」の会員による写真の展示を行っています。興味のある方はお立ち寄り下さい。

Dscn2066

2010年9月 6日 (月)

夏の終わりと秋の訪れ

気候的には秋の訪れを感じない猛暑続きの毎日ですが、それでも自然は少しづつ秋の訪れを告げていますね。

Dscn2064

クズの花。夏の間にどんどん成長して木々を覆い尽くしているクズですが、秋の七草の一つに挙げられている綺麗な花を咲かせていました。

Dscn2062

カブトムシの亡骸。こちらは夏の夜に飛び回っていたであろうカブトムシくん、力尽きて地上に落ちてしまった後にアリに食べられたようです。

2010年9月 4日 (土)

アゲハチョウの幼虫その2

もういい加減にこの暑さを終わりにしてほしいと、自然に文句を言ってもどうにもなりませんが、最近の気分は我慢が怒りに変わってきています。ほんとに何とかならないでしょうか。今日は半月ほど経ったので、ミカンの木にいたアゲハチョウの幼虫を観察しました。ずいぶん大きくなっていましたがアオムシにまでは至っていませんでした。

Dscf18101

上は今日見たアゲハチョウの幼虫。先月の中ばの幼虫に比べ3倍ほどの大きさになっていました。

Dsc_4587

  先月中ばの幼虫の姿。

Dscn20603

最近、爽やかな薄紫の花をいっぱいつけだしたツリガネニンジ。子供の頃からのなじみの花で、稲刈りの時期によく見られるようになります。名前は花が釣り鐘状で、根が朝鮮人参の根に似ていることから。

2010年9月 2日 (木)

スベリヒユの黄色い花

 20日以上にわたって雨のない猛烈な暑さに畑はカラカラの状態ですが、畑の雑草でもあるスベリヒユはどんどん成長し黄色い花をつけ始めました。

Dscf18051

サボテンにも似て、葉や茎が肉厚で乾燥に強く、畑の雑草の中でも強靱で生育旺盛な植物です。

Dscf1806

灼熱の太陽の下でもどんどん成長しエリアを広げています。

2010年9月 1日 (水)

頭はどちら

 またまたイモムシの紹介で恐縮ですが、裏庭の洋梨の木にいたイモムシくん、どちらが頭かお尻かわからない格好をしていました。チュウかガの幼虫のようですが名前は現在調査中です。

Dscf1800

一見すると頭を上げたイモムシのように見えますが、向かって右側が頭で、左はお尻をあげているところ。

Dscf1802

別のイモムシですが上から見るとこんな格好です。どう見ても右が頭部に見えますが実際はお尻です。身体の模様は虫食いによって枯れた葉の一部のようにも見えます。これも擬態なのですね。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »