« キアゲハの幼虫 | トップページ | ルツボではなくツルボ »

2010年9月26日 (日)

きつねの嫁入り

happy01 昨日の夜はカメラ仲間と飛騨古川で行われた「きつね火まつり」の撮影に行ってきました。メインは飛騨古川に残る民話のきつねの嫁入りの再現で、夜のとばりとともに町中が幻想的なきつねの里ととなりました。

Dsc_7649

まつりのムードを盛り上げるため、希望者には無料できつねメークを行うことができます。

Dsc_7679_2

日が暮れると嫁入り行列が町中を練り歩きます。新郎新婦は結婚を前にした公募で選ばれたカップル。

Dscf2098

Dsc_7777

嫁入りの行列は総勢は50人ほど。

Dscf2080

商店街の店先はこうしたきつねの置物などで飾り付けられ、ムードを引き立てていました。

Dsc_7753

街の行列が終わと特設ステージで結婚の儀が行われます。
写真は結婚の儀で三三九度の盃を受ける花嫁。

Dsc_7901

結婚の儀で披露される祝いの舞の一つ「蛇闘楽」。祝いの宴が終わると祭りは終了。

« キアゲハの幼虫 | トップページ | ルツボではなくツルボ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

 とても幻想的で伝統のありそうなお祭りですが、このように町を練り歩いて祝いの宴までする行事は古川町だけでしょうか?スタッフの皆さんもいろいろな演出でムードを盛り上げていますね。

飛騨古川は春の起し太鼓で有名ですが、冬の三寺 まいりとこのきつねの嫁入りも人気のある行事ですね。ただ昨年は町の若者が減少しこの祭りが難しくなり休んだそうですが、復活を望む声がおおくあり、飛騨地方全域からボランテイァを募集し、今年再び復活させたというお話でした。
どこの町も伝統行事の維持には苦労しているようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キアゲハの幼虫 | トップページ | ルツボではなくツルボ »