« 間に合いましたヒガンバナ | トップページ | きつねの嫁入り »

2010年9月24日 (金)

キアゲハの幼虫

happy01 暑さと日照りで育たなかった畑のニンジンが、ようやく精気を取り戻し育ちはめましたが、またまた新たな災難に遭遇していました。今度はあちらこちらにキアゲハの幼虫が住みついていて、大切な葉を食べられていました。

Dscf1952

鳥の糞にも似たキアゲハの幼虫。ケムシのように毛があります。

Dscf1954

少し大きくなった幼虫で毛が無くなっていました。

Dscf1958

大きな幼虫。ここまでくると食べる量もおおくなり、ニンジンにとってダメージか大きくなります。

Dscf19511

つまんで捨てようとしたら黄色い角をだしました。

 

« 間に合いましたヒガンバナ | トップページ | きつねの嫁入り »

動物」カテゴリの記事

コメント

彼岸花・・お彼岸に間に合ったようですね。

写真の緑の芋虫・・青虫 この子は将来なんになるのでしょね・・私もパセリをいつもこの子に食べられ
丸坊主にされます。パセリを植木鉢に植えてますが
芋虫みると 怒れますが気持ち悪くて触れません。

ニンジンやバセリの葉はキアゲハの幼虫の食草のようです。
アゲハチョウの仲間は大きなイモムシになりますので、ほかっておくと葉を全部食べられしまいます。
小さいうちに殺虫剤を施せば良いのですが、気がつく頃には大きく派手なイモムシになっているようです。
手にとってもケムシみたいに刺すことはありませんが、気持ち悪い場合は火箸で取り除くか、ハサミでちょん切るしかないようですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 間に合いましたヒガンバナ | トップページ | きつねの嫁入り »