« 参勤交代ミニ版 | トップページ | ヘブンスそのはらと富士見台高原 »

2010年9月21日 (火)

きのこの山づくり

happy01 今月の手作り講座は季節にちなんで「きのこの山」づくり。

Dscn2168

まずはキノコ作り。山に生えるシメジをイメージして作りますが、ミニチュアサイズですので老眼の受講生達にとっては大変な作業でした。キノコの材料は小麦粉のようです。

Dscn2173

キノコを作った後は、キノコが生える山づくり。小鉢に粘土をつめこみ、岩の模型を固定します。

Dscn2174

粘土の表面は紙粘土の土で表面を覆い、先ほど作ったキノコを刺していきます。

Dscn21761

地面にミズゴケを配置した後、キノコの頭に色を塗ってほぼ完成。この後、キノコの形ちやミズゴケを整えます。ということで一足早くきのこの狩りができそうな雰囲気になりました。

« 参勤交代ミニ版 | トップページ | ヘブンスそのはらと富士見台高原 »

」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
少しずつ秋の気配です。
明日は秋分の日ですが なぜか今年は彼岸花見かけません。
明日突然に咲くかも知れませんが やはり夏の暑さが関係しいるのでしょうか?
この鉢植え
何も知らないで見ていたら
本物のシメジですね。。。

今日も暑い一日でしたね。このブロクを書いている頃に雷雨が通り過ぎ少し少しヒンヤリしてきましたがやっぱり異常気象でしょうか。
今年はなかなか涼しくならずキノコ(まったけ)も出遅れ高値が続いているようです。
粘土のシメジ、本物のシメジを隣に置けば違いがはっきりわかりますが、講師の方いわく、これだけを庭に置くとよく間違えられ、水をかけられることもあるそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 参勤交代ミニ版 | トップページ | ヘブンスそのはらと富士見台高原 »