« スベリヒユの黄色い花 | トップページ | 夏の終わりと秋の訪れ »

2010年9月 4日 (土)

アゲハチョウの幼虫その2

もういい加減にこの暑さを終わりにしてほしいと、自然に文句を言ってもどうにもなりませんが、最近の気分は我慢が怒りに変わってきていますangry。ほんとに何とかならないでしょうかthink。今日は半月ほど経ったので、ミカンの木にいたアゲハチョウの幼虫を観察しました。ずいぶん大きくなっていましたがアオムシにまでは至っていませんでした。

Dscf18101

上は今日見たアゲハチョウの幼虫。先月の中ばの幼虫に比べ3倍ほどの大きさになっていました。

Dsc_4587

  先月中ばの幼虫の姿。

Dscn20603

最近、爽やかな薄紫の花をいっぱいつけだしたツリガネニンジ。子供の頃からのなじみの花で、稲刈りの時期によく見られるようになります。名前は花が釣り鐘状で、根が朝鮮人参の根に似ていることから。

« スベリヒユの黄色い花 | トップページ | 夏の終わりと秋の訪れ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スベリヒユの黄色い花 | トップページ | 夏の終わりと秋の訪れ »