« アゲハチョウの幼虫その2 | トップページ | 早朝のヒヨドリ »

2010年9月 6日 (月)

夏の終わりと秋の訪れ

気候的には秋の訪れを感じない猛暑続きの毎日ですが、それでも自然は少しづつ秋の訪れを告げていますね。

Dscn2064

クズの花。夏の間にどんどん成長して木々を覆い尽くしているクズですが、秋の七草の一つに挙げられている綺麗な花を咲かせていました。

Dscn2062

カブトムシの亡骸。こちらは夏の夜に飛び回っていたであろうカブトムシくん、力尽きて地上に落ちてしまった後にアリに食べられたようです。

« アゲハチョウの幼虫その2 | トップページ | 早朝のヒヨドリ »

植物」カテゴリの記事

コメント

カブトの死骸をみると夏も終わったように思えますがまだまだ暑い日が続いています。
先日は里帰りして近くの山を歩きましたが、まだカブトの匂いがしており、とても9月と思えません。
実家で飼育中のカブトもまだ元気でいます。

しかし日が暮れると秋の気配に変わっていますね。
やはり季節は少しずつ移り変わってきます。
台風の心配な季節に突入です。

台風の影響で今日は猛暑を回避できましたが、今度は畑を潤す以上の強い雨。なかなか自然は思うように行きません。
でも、これを機会に少しでも涼しくなれば里山や低山歩きも楽になりますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アゲハチョウの幼虫その2 | トップページ | 早朝のヒヨドリ »