« タカサゴユリ | トップページ | スベリヒユの黄色い花 »

2010年9月 1日 (水)

頭はどちら

happy01 またまたイモムシの紹介で恐縮ですが、裏庭の洋梨の木にいたイモムシくん、どちらが頭かお尻かわからない格好をしていました。チュウかガの幼虫のようですが名前は現在調査中です。

Dscf1800

一見すると頭を上げたイモムシのように見えますが、向かって右側が頭で、左はお尻をあげているところ。

Dscf1802

別のイモムシですが上から見るとこんな格好です。どう見ても右が頭部に見えますが実際はお尻です。身体の模様は虫食いによって枯れた葉の一部のようにも見えます。これも擬態なのですね。

« タカサゴユリ | トップページ | スベリヒユの黄色い花 »

動物」カテゴリの記事

コメント

今晩は 相変わらず猛暑が゛続いていますが 今日はまだすごしやすい一日でした。
イモムシもこのように写真を拝見させていただいていますと 可愛らしくもあり 美しい姿をしています。

私もよく庭の木々や草花に目を向けていますが 私は「見ている」だけで「観ている」のではないことがよくわかります。  反省!!

温暖化で、東海地方ではあまり見られなった果樹や野菜につくイモムシが最近見られるようになったと新聞に報道されていました。
こうしたイモムシたち巧妙な擬態をしており、気がつくと気持ち悪いほどの大きさになっています。
もっとも見る私の方も老眼が進んでいるという理由もありますが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タカサゴユリ | トップページ | スベリヒユの黄色い花 »